デュエット・ソングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デュエット・ソングス
エルトン・ジョンスタジオ・アルバム
リリース 1993年11月(イギリス)
1993年11月30日(アメリカ)
1993年12月1日(日本)
ジャンル ポップ・ミュージック
ロック
レーベル Rocket Records(イギリス)
MCAレコード(アメリカ)
日本フォノグラム(日本)
プロデュース グレッグ・ペニー
エルトン・ジョン
チャート最高順位
  • 5位(イギリス)
  • 25位(アメリカ)
エルトン・ジョン 年表
レア・トラックス
(1992年)
デュエット・ソングス
(1993年)
ライオン・キング
(1994年)
テンプレートを表示

デュエット・ソングス』(Duets)は、1993年に発表されたエルトン・ジョンのアルバム。

解説[編集]

タイトル通り、数多くのアーティストとのデュエット曲を収録したコンピレーションアルバム。

当初は過去のデュエット作品に「ティアードロップス」「ラヴ・レター」を加えたものとして企画されていた。親交のあるクリス・レアから新曲が届いたことをきっかけに、ほぼ全曲新作として製作された。かつて「恋のデュエット」を共に歌ったキキ・ディーを始め、ドン・ヘンリー、レナード・コーエン、リトル・リチャードなど多彩なゲストを迎えている。

収録曲[編集]

  1. ティアードロップス - Teardrops - with k.d.ラング
  2. ホェン・アイ・シンク・アバウト・ラヴ - When I Think About Love (I Think About You) - with P.M.ドーン
    • ラッパーユニット、P.M.ドーンによる新曲。プロデューサー:P.M.ドーン。
  3. パワー - The Power - with リトル・リチャード 
    • ピアノロッカーの大先輩、リトル・リチャードとの競演。バーニー・トーピン作詞、エルトン作曲の新曲。プロデューサー:グレッグ・ペニー&エルトン。
  4. シェイキー・グラウンド - Shakey Ground - with ドン・ヘンリー
  5. トゥルー・ラヴ - True Love - with キキ・ディー
  6. イフ・ユー・ワー・ミー - If You Were Me - with クリス・レア
    • イギリスのシンガー、クリス・レアによる新曲。本作のきっかけとなった。プロデューサー:クリス・レア。
  7. ウーマンズ・ニーズ - A Woman's Need - with タミー・ウィネット
    • ベテランカントリーシンガー、タミーとの競演。エルトン&バーニーによる新曲。プロデューサー:バリー・ベケット。
  8. オールド・フレンド - Old Friend - with ニック・カーショウ
    • アイドル出身のアーティスト、ニック自作の新曲。プロデューサー:ニック・カーショウ。
  9. ゴー・オン・アンド・オン - Go On And On - with グラディス・ナイト
  10. 恋のデュエット - Don't Go Breaking My Heart - with ル・ポール
    • 過去キキ・ディーとのデュエットで大ヒットした曲のダンスバージョン。ドラッグ・クィーンのパフォーマー、ル・ポールとの弾けたデュエット。プロデューサー:ジョルジオ・モロダー
  11. リアル・シング - Ain't Nothing Like The Real Thing - with マルセラ・デトロイト
  12. 恋のあやつり人形 - I'm Your Puppet - with ポール・ヤング
    • プロデューサー:スティーヴ・リンゼイ。
  13. ラヴ・レター - Love Letters - with ボニー・レイット
    • 1945年の映画『ラヴ・レター』主題歌。プロデューサー:ドン・ウォズ
  14. ボーン・トゥ・ルーズ - Born To Lose - with レナード・コーエン
  15. 僕の瞳に小さな太陽(ライヴ) - Don't Let the Sun go Down on Me (live) - with ジョージ・マイケル
    • 1991年3月ウェンブリー・アリーナでのジョージのライヴに、エルトンがゲスト出演した際のもの。シングルとして発売されヒットした。
  16. デュエット・フォー・ワン - Duets For One
    • 作詞クリス・ディフォード、作曲エルトン。この楽曲のみエルトン一人での歌唱。プロデューサー:グレッグ・ペニー&スチュアート・エップス&エルトン。