トゥー・ロウ・フォー・ゼロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トゥー・ロウ・フォー・ゼロ
エルトン・ジョンスタジオ・アルバム
リリース 1983年6月(イギリス)
1983年5月23日(アメリカ)
録音 1982年9月
モントセラト、エアースタジオ
ジャンル ポップ・ミュージック
ロック
時間 43分54秒
レーベル Rocket Records(イギリス)
ゲフィン・レコード(アメリカ)
プロデュース クリス・トーマス
チャート最高順位
  • 7位(イギリス)
  • 25位(アメリカ)
エルトン・ジョン 年表
ジャンプ・アップ
(1982年)
トゥー・ロウ・フォー・ゼロ
(1983年)
ブレイキング・ハーツ
(1984年)
テンプレートを表示

トゥー・ロウ・フォー・ゼロ(Too Low for Zero)は、1983年に発表されたエルトン・ジョンのアルバム。

解説[編集]

70年代のエルトンを支えたエルトン・バンドの面々が全員揃っての一作。作詞も本作より、全曲を盟友バーニー・トーピンが担当している。

現在もライブの重要なレパートリーである「ブルースはお好き?」「アイム・スティル・スタンディング」を収録。美しいバラードから激しいロック、R&Bにいたるまでバラエティに富んだ一枚。

スティーヴィー・ワンダーがハーモニカで参加している。

1998年のリマスター盤発売の際、シングルB面曲が追加収録された。「アーン・ホワイル・ユー・ラーン」は「Lord Choc Ice」名義のインストゥルメンタル。

収録曲[編集]

  1. 心はさむいクリスマス - Cold as Christmas
  2. アイム・スティル・スタンディング - I'm Still Standing
  3. トゥー・ロウ・フォー・ゼロ - Too Low for Zero
  4. 神様はお友達 - Religion
  5. ブルースはお好き? - I Guess That's Why They Call It The Blues
  6. 愛しのクリスタル - Crystal
  7. キッス・ザ・ブライド - Kiss the Bride
  8. ウィッピン・ボーイ - Whipping Boy
  9. 君はセイント - Saint
  10. ワン・モア・アロー - One More Arrow
  • 作詞 バーニー・トーピン
  • 作曲 エルトン・ジョン、5:エルトン&デイビー・ジョンストン

ボーナス・トラック[編集]

  1. アーン・ホワイル・ユー・ラーン - Earn While You Learn:インストゥルメンタル
  2. ドリームボート - Dreamboat
  3. ザ・リトリート - The Retreat
  • 作詞 2:ゲイリー・オズボーン、3:バーニー・トーピン
  • 作曲 1,3:エルトン・ジョン、2:エルトン&ティム・レンウィック

参加ミュージシャン[編集]

  • エルトン・ジョン - Vocal, Keyboards
  • デイビー・ジョンストン - Guitars, Backing vocal
  • ディー・マレイ - Bass, Backing vocal
  • ナイジェル・オルソン - Drums, Backing vocal

  • キキ・ディー - Backing Vocal:1曲目
  • レイ・クーパー - Percussion:1曲目
  • スカイラ・カンガ - Harp:1曲目
  • スティーヴィー・ワンダー - Harmonica:5曲目
  • ジェイムズ・ニュートン・ハワード - Strings Arrangement & Conductor:10曲目

製作[編集]