カリブ (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリブ
エルトン・ジョンスタジオ・アルバム
リリース 1974年6月28日(イギリス)
1974年6月24日(アメリカ)
録音 1974年1月
コロラド州、カリブ・ランチ
ジャンル ロック
時間 63分58秒
レーベル DJM Records(イギリス)
MCAレコード(アメリカ)
プロデュース ガス・ダッジョン
チャート最高順位
  • 1位(イギリス)
  • 1位(アメリカ)
エルトン・ジョン 年表
黄昏のレンガ路
(1973年)
カリブ
(1974年)
グレイテスト・ヒッツ
(1974年)
テンプレートを表示

カリブ(Caribou )は、1974年に発表されたエルトン・ジョンのアルバム。

解説[編集]

ビーチ・ボーイズシカゴが使用していたアメリカ・コロラド州ボルダー郡の「カリブー・ランチ」(初期のシカゴのプロデューサーだったジェームズ・ウィリアム・ガルシオが開設した)というスタジオで作られたアルバム。この名がタイトルとなったが、当初タイトルは「Pink Eyes Back」の予定だったという。フランク・シナトラの「Blue Eyes Back」と紛らわしいとして変更された。僅か一週間で録音したアルバムで、仕上がりは荒いものの、ホーンの多用など迫力のあるアルバムに仕上がっている。

ビーチ・ボーイズのメンバーがコーラスとして参加した「僕の瞳に小さな太陽」は後年ジョージ・マイケルとのデュエット盤がヒットしている。エルトンはこの楽曲を歌いこなすことができたことで「歌い手」としての自信を得たという。

「あばずれさんのお帰り」という凄まじいタイトルの曲はティナ・ターナーが気に入り、歌っていたことがある。後にエルトンとこの曲でライブにてデュエットしている。

5曲目はタイトル・歌詞ともに意味不明である。作詞家バーニー曰く、意味の分からない歌詞が多いと以前から言われていたので全く意味のない歌詞を書いたとのことである。

「ティッキング(母さんの言葉)」はキリスト教的価値観と、現実との皮肉をドラマのように綴った歌詞。

リマスター盤CD発売の際にオリジナルアルバム未収録の4曲が追加。「ピンボールの魔術師」はザ・フーのロックオペラ『トミー』映画版に出演した際の役名かつ歌った楽曲であり、これをシングルとして発売したもの。当初魔術師役は、ロッド・スチュワートにオファーが来ていた。ロッドから役を受けるべきか相談されたエルトンは「メリットがないから断ったほうがいい」とアドバイスしたが、今度はエルトンにオファーが来てしまい、エルトンはこれを引き受けた。数メートルあるブーツを履き、ピンボールしながら熱唱する、けばけばしいピンボールの魔術師を演じている。なお映画に出損ねたロッドは後にミュージカル版で同役を演じた。

収録曲[編集]

  1. あばずれさんのお帰り - The Bitch Is Back 
  2. ピンキー - Pinky
  3. グリムズビー(美しき故郷) - Grimsby
  4. ディキシー・リリー(ショーボートが川を行く) - Dixie Lily 
  5. ソラー・プレステッジ・ア・ガモン(ぎらぎら太陽マークの特上ハム) - Solar Prestige A Gammon
  6. ニューヨークの尻軽女 - You're So Static 
  7. 空飛ぶ円盤 - I've Seen The Saucers 
  8. スティンカー(虫けらのような男) - Stinker 
  9. 僕の瞳に小さな太陽 - Don't Let The Sun Go Down On Me  
  10. ティッキング(母さんの言葉) - Ticking

ボーナストラック[編集]

  1. ピンボールの魔術師 - Pinball Wizard
  2. シック・シティ - Sick City
  3. コールド・ハイウェイ - Cold Highway
  4. ステップ・イントゥ・クリスマス(旧題:ロックン・ロールで大騒ぎ) - Step Into Christmas 

アルバム参加ミュージシャン[編集]

  • エルトン・ジョン - Vocal, Piano
  • デイビー・ジョンストン - Electric Guitar:1,3,4,6~9曲目, Acoustic Guitar:2,5,9曲目, Mandolin:4曲目, Backing Vocal:2,3,7曲目
  • ディー・マレイ - Bass:1~9曲目, Phased Pignose Bass:1曲目, Backing Vocal:2,3,7曲目
  • ナイジェル・オルソン - Drums:1~9曲目, Backing Vocal:2,3,7曲目
  • レイ・クーパー - Tambourine:1,3,4,6~9曲目, Conga:2,7曲目, Whistle:4曲目, Vibes:5,7曲目, Snare:6曲目, Castanet:6曲目, Watergong:7曲目, Bell:9曲目

  • ガス・ダッジョン - Tambourine:7曲目
  • デヴィッド・ヘンツェル - A.R.P.Synthesizer:2,5,10曲目, Mellotron:9曲目
  • チェスター・トンプソン(Chester Thompson) - Organ:8曲目
  • デル・ニューマン - Horn Arrangement:9曲目
  • タワー・オブ・パワー・ホーン・セクション(Tower Of Power Horn Section) - Brass:6,8曲目
  • レニー・ピケット(Lenny Pickett) - Tenor Sax Solo:1,4曲目, Clarinet:5曲目, Soprano Sax:5曲目
  • ステファン・クプカ(Stephan Kupka) - Baritone Sax
  • エミリオ・カスティロ(Emilio Castillo) - Tenor Sax
  • ミック・ジレット(Mic Gilette) - Trumpet, Trombone
  • グレッグ・アダムス(Greg Adams) - Trumpet, Horn Arrangement
  • Backing Vocal
  • クライディ・キング(Clydie King):1,6曲目
  • シャーリー・マシューズ(Sherlie Matthews)、ジェシー・モア・スミス(Jessie Mae Smith)、ダスティー・スプリングフィールド(Dusty Springfield):1曲目
  • カール・ウィルソン(Carl Willson)、トニー・テニール(Toni Tennille)、ビリー・ヒンシ(Billy Hinsche):9曲目
  • ブルース・ジョンストン(Bruce Johnston) - Vocal Arrangement, Backing Vocal:9曲目

製作[編集]

  • ガス・ダッジョン - Producer
  • クライヴ・フランクス - Engineer
  • デヴィッド・ヘンツェル - Engineer