蒼い肖像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蒼い肖像
エルトン・ジョンスタジオ・アルバム
リリース 1976年10月22日(イギリス)
1976年10月28日(アメリカ)
録音 1976年3月
トロント、イースタンサウンド
ジャンル ロック
時間 84分47秒
レーベル Rocket Records(イギリス)
MCAレコード(アメリカ)
プロデュース ガス・ダッジョン
チャート最高順位
  • 3位(イギリス)
  • 3位(アメリカ)
エルトン・ジョン 年表
ヒア・アンド・ゼア
(1976年)
蒼い肖像
(1976年)
グレイテスト・ヒッツ Vol.2
(1977年)
テンプレートを表示

蒼い肖像(Blue Moves)は、1976年に発表されたエルトン・ジョンのアルバム。

解説[編集]

アナログ二枚組のコンセプトアルバムとして発売された。自身が立ち上げたレーベル「ロケットレコード」からの第一作となる。

静的な印象を与える作品で、これをエルトンの契機とみるファンや評論家も多い。派手なポップスターとしての活動に疲れ果てたエルトンは、この後休息期間を取ることになる。また作詞家バーニーとのコンビもこの作品で一旦終わりとなった。

美しいバラード「トゥナイト」や切々と歌い上げる「悲しみのバラード」などバンドサウンドを排した曲が印象的だが、「ちっぽけな町」などのロックナンバーも挟まれている。ダンスナンバー「バイト・ユア・リップ」のフェードアウトで終わるアルバム。完全にジャズという珍しい楽曲「アイドル」もある。

現在はCD二枚組だが、当初CD盤が発売された際は一枚もので、8、10、12曲目が未収録だった。そのため再発CDには「完全版」と書かれていた。

収録曲[編集]

  1. 序曲 - Your Starter For:インストゥルメンタル
  2. トゥナイト - Tonight
  3. ちっぽけな町 - One Horse Town
  4. カメレオン - Chameleon
  5. ブギー・ピルグリム - Boogie Pilgrim
  6. かごの小鳥(エディット・ピアフに捧げる歌) - Cage The Songbird
  7. クレージー・ウォーター - Crazy Water
  8. ショルダー・ホルスター - Shoulder Holster
  9. 悲しみのバラード - Sorry Seems To Be The Hardest Word
  10. アウト・オブ・ザ・ブルー - Out Of The Blue:インストゥルメンタル
  11. 17才と20才の頃 - Between Seventeen And Twenty
  12. 大きな瞳の陽気な娘 - The Wide Eyed And Laughing
  13. ある男の終曲 - Someone's Final Song
  14. 愛しのシュラー- Where's The Shoorah?
  15. 神はいるの - If There's A God In Heaven(What's He Waiting For?) 
  16. アイドル - Idol
  17. 架空のテレビ番組主題歌 - Theme From A Non-Existent TV Series:インストゥルメンタル
  18. バイト・ユア・リップ - Bite Your Lip(Get Up And Dance!)
  • 作詞 バーニー・トーピン 
  • 作曲 エルトン・ジョン、6,15:エルトン&デイビー・ジョンストン、3:エルトン&ジェイムズ・ニュートン・ハワード、5,11:エルトン&デイビー・ジョンストン&カレブ・クェイ、12:エルトン&デイビー・ジョンストン&ジェイムズ・ニュートン・ハワード&カレブ・クェイ、1:カレブ・クェイ

参加ミュージシャン[編集]

  • エルトン・ジョン - Vocal, Piano, Harmonium:14曲目
  • デイビー・ジョンストン - Acoustic Guitar:6曲目, Electric Guitar:3,7,10,15曲目, Slide Guitar:18曲目, Mandolin:1曲目, Dulcimer:6曲目, Sitar:12,15曲目
  • カレブ・クェイ - Acoustic Guitar:1,4,6,17曲目, 6 & 12 Strings Acoustic Guitar:12曲目, Electric Guitar:3,4,7,10,11,15,18曲目, Slide Guitar:5曲目
  • ケニー・パッサレリ - Bass:1,3,4,5,7~12,15~18曲目
  • ロジャー・ポープ - Drums:1,3~5,7,8,10~12,15~18曲目
  • ジェイムズ・ニュートン・ハワード - Synthesizer:1,3,6,10,12,13,17曲目, Electric Piano:3,9,13,17曲目, Organ:5,11,15曲目, Mellotron:6曲目, Clarinet:7曲目, Orchestra Arrangement & Conductor:,2,18曲目, Accordion & Strings Arrangement:9曲目
  • レイ・クーパー - Glockenspiel:1,17曲目, Marimba:1,17曲目, Gong:3,18曲目, Tambourine:3,5,7,8,11,15曲目, Vibe:3,4,9曲目, Tubular Bell:3曲目, Shaker:4,6,11曲目, Triangle:6曲目, Finger Cymbal:6曲目, Bell Tree:6曲目, Conga:7,11,15曲目, Rototom:12曲目

  • ポール・バックマスター - Orchestra Arrangement & Conductor:3,15曲目
  • ロンドン・シンフォニー・オーケストラ:2曲目
  • マーティン・フォード・オーケストラ:3,15曲目
  • マイケル・ホロウィッツ(Micheal Hurwitz) - Cello Solo:3曲目
  • ジーン・ペイジ交響楽団(The Gene Page Strings):18曲目
  • ザ・ブレッカー・ブラザーズ(The Brecker Bros.) - Horn Section:5,8,16曲目
  • Backing Vocal
  • ブルース・ジョンストン - Backing Vocal:4,7,13曲目, Vocal Arrangement:4,13曲目
  • カート・ベッチャー(Curt Becher) - Backing Vocal:4,7,13曲目, Vocal Arrangement:13曲目
  • ダリル・ドラゴン - Vocal Arrangement:7曲目
  • トニー・テニール、ジョン・ジョイス(Jon Joyce)、シンディ・バレン(Cindy Bullens)、ロン・ヒックリン(Ron Hicklin)、ジーン・モフォード(Gene Morford):4,7,13曲目
  • The Cornerstone Institutional Baptist & Southern Californian Choir:5,14,18曲目
  • デヴィッド・クロスビー(David Crosby)、グラハム・ナッシュ(Graham Nash):6,12曲目

製作[編集]

  • ガス・ダッジョン - Producer
  • ジョン・リード(John Reid) - Management & Engineer
  • ジョン・スチュワート(John Stewart) - Engineer
  • ジョン・クランダー(John Kurlander) - Engineer(EMI Studio, Abbey Road, London):2,3,15曲目
  • ガス・ダッジョン&アール・マンキー(Earl Mankey) - Engineer(Brother Studio, Santa Monica, California):4,6,7,12,13曲目
  • マーク・ハウレット(Mark Howlett) - Engineer(Sunset Sound Recorders, Los Angels):5,8,9,14,16,18曲目
  • デヴィッド・コスタ(David Costa) - Art Direction
  • デヴィッド・ラーカム - Co-ordinator
  • デヴィッド・ナッター - Phot
  • パトリック・プロッカー(Patrick Procktor) - Cover Painting "The Guardian Readers"