ライヴ!!(17-11-70)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エルトン・ジョン・ライヴ!!
エルトン・ジョンスタジオ・アルバム
リリース 1971年4月(イギリス)
1971年5月10日(アメリカ)
録音 1970年11月17日
ニューヨーク、A&Rスタジオ
ジャンル ロック
時間 33分25秒
レーベル DJM Records(イギリス)
Uni Records(アメリカ)
プロデュース ガス・ダッジョン
チャート最高順位
  • 20位(イギリス)
  • 11位(アメリカ)
エルトン・ジョン 年表
エルトン・ジョン3
(1970年)
エルトン・ジョン・ライヴ!
(1971年)
フレンズ〜オリジナル・サウンドトラック
(1971年)
テンプレートを表示

エルトン・ジョン・ライヴ!!(17-11-70)は、1971年に発表されたエルトン・ジョンのライブ・アルバム。

解説[編集]

1970年11月17日、ニューヨークでラジオ放送のため公開録音されたライヴの模様を収めたアルバム。ベースのディー・マレイ、ドラムのナイジェル・オルソンとの三人構成ながら、迫力のある荒々しいステージの模様が聞ける。

ローリング・ストーンズビートルズプレスリーのナンバーもカバーしている。

なお、「17-11-70」の表記は英国版に準ずる。慣習の違いから米国では「11-17-70」表記である。

1995年のリマスター盤からは一曲追加され曲順も変更された。

収録曲[編集]

  1. パイロットにつれていって - Take Me to the Pilot
  2. ホンキー・トンク・ウィメン - Honky Tonk Women
  3. 60才のとき - Sixty Years On
  4. キャン・アイ・プット・ユー・オン - Can I Put You On
  5. 悪い月 - Bad Side of the Moon
  6. メドレー - Medley
    • 布教本部を焼き落とせ - Burn Down the Mission
    • マイ・ベイビー・レフト・ミー - My Baby Left Me
    • ゲット・バック - Get Back

1995年リマスター盤[編集]

  1. 悪い月 - Bad Side Of The Moon 
  2. 過ぎし日のアモリーナ - Amoreena
  3. パイロットにつれていって - Take Me to the Pilot
  4. 60才のとき - Sixty Years On
  5. ホンキー・トンク・ウィメン - Honky Tonk Women
  6. キャン・アイ・プット・ユー・オン - Can I Put You On
  7. メドレー - Medley
    • 布教本部を焼き落とせ - Burn Down the Mission
    • マイ・ベイビー・レフト・ミー - My Baby Left Me
    • ゲット・バック - Get Back

セットリスト[編集]

  1. 君は護りの天使 - I Need You To Turn To
  2. 僕の歌は君の歌 - Your Song
  3. 悪い月 - Bad Side Of The Moon 
  4. 故郷は心の慰め - Country Comfort
  5. キャン・アイ・プット・ユー・オン - Can I Put You On
  6. 人生の壁 - Border Song
  7. 60才のとき - Sixty Years On
  8. 黄昏のインディアン - Indian Sunset
  9. ホンキー・トンク・ウィメン - Honky Tonk Women
  10. 過ぎし日のアモリーナ - Amoreena
  11. パイロットにつれていって - Take Me to the Pilot
  12. メドレー - Medley
    • 布教本部を焼き落とせ - Burn Down the Mission
    • マイ・ベイビー・レフト・ミー - My Baby Left Me
    • ゲット・バック - Get Back
  13. 父の銃 - My Father's Gun


プレイヤー[編集]

製作[編集]

  • ガス・ダッジョン - Producer
  • スティーブ・ブラウン - Co-ordinator
  • ジョー・ディサバト(Joe DiSABATO) - The Radio Concert Coordinator
  • デヴィッド・ラーカム - Jacket Design & Photographer
  • デヴィッド・ヘンツェル - London Mix Engineer
  • フィル・ラモーン - New York Recording Engineer