デビッド・アーズマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デビッド・アーズマ
David Aardsma
セントルイス・カージナルス(マイナー)
David Aardsma on July 25, 2013.jpg
メッツ時代(2013年7月25日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 コロラド州デンバー
生年月日 1981年12月27日(32歳)
身長
体重
6' 3" =約190.5 cm
205 lb =約93 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 MLBドラフト1巡目
初出場 2004年4月6日
年俸 $400,000(2012年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

デビッド・アラン・アーズマDavid Allan Aardsma , 1981年12月27日 - )は、アメリカ合衆国コロラド州デンバー出身のプロ野球選手投手)。MLBセントルイス・カージナルス傘下所属。

経歴[編集]

学生時代[編集]

2000年、チェリー・クリーク高校卒業。その後一度はペンシルベニア州立大学に入学したが、2001年テキサス州ヒューストンにあるライス大学へ転校した。同大ではクローザーとして活躍し、2002-03シーズンには同大学のセーブ数のシーズン記録と通算記録を塗り替えた。また、2003年カレッジ・ワールドシリーズでは打者16人中15人を抑えるなど、2勝1セーブを挙げ、チームの初の全国優勝に貢献した。

プロ入りとマイナー時代[編集]

2003年サンフランシスコ・ジャイアンツからドラフト1巡目(全体22番目)で指名され、契約する。この年はマイナーリーグで18試合に登板し、防御率1.96という成績だった。

2004年4月6日ミニッツ・メイド・パークで行われた開幕2戦目のヒューストン・アストロズ戦で、ダブルA、トリプルAを経験することなくメジャーデビューを果たした。6回裏から3番手として登板し、2回を3安打1四球ながらも無失点に抑え、家族や友人の前でメジャー初登板初勝利を挙げた。だが、シーズン最初の6登板こそ自責点1、防御率1.80で乗り越えたものの、その後の5試合中4試合で失点するなど打ち込まれ、トータルでは11試合で防御率6.75と、結果を残すことは出来なかった。

2005年はダブルAで開幕を迎えた。

カブス時代[編集]

シーズン途中の5月28日にトレードでシカゴ・カブスへと移籍。マイナーでは11試合の先発を含む42試合に登板したが、メジャーに昇格することは出来なかった。

引き続きカブスに在籍していた2006年は、メジャーで45試合に登板した。このうち負けている場面での登板が32試合と、重要な場面はそれほど任されなかったが、9月に12回連続無失点の好投を見せるなど、8月以降は25試合で防御率3.21の数字を残した。また、左打者を被打率.190(63打数12安打)に封じ込めた。

ホワイトソックス時代[編集]

シーズン後の10月16日、トレードでシカゴ・ホワイトソックスに移籍。前年終盤の好投もあって、2007年は開幕ロースター入りを果たした。その期待に応え、開幕戦でこそいきなり1点を失うものの、最初の15登板では22回を投げ、防御率1.64という好投を見せた。ところが5月19日のカブス戦でアウトを一つしか獲れずに5点を失うと、翌日のカブス戦でも1回で4点を失い、更に6月2日トロント・ブルージェイズ戦でも1回5失点と、急に精彩を欠くようになった。この後一旦マイナーへ降格し、6月19日にメジャー復帰を果たすも、7月4日ボルティモア・オリオールズ戦で3失点(自責点2)したのを最後に再び降格し、マイナーでシーズンを終えることとなった。この年はマイナーでも自己最悪の防御率4.33に終わるなど、終わってみれば飛躍のシーズンとはならなかった。

レッドソックス時代[編集]

2008年1月28日、トレードでホワイトソックスからボストン・レッドソックスへと移籍。この年は7月終了時点で38試合に投げ、防御率2.75、被打率.207、39.1回で41奪三振など軒並み優秀な数字を残していたが、それ以降は前年同様息切れし、8月以降は9試合で防御率17.36、被打率.465という別人のような不振に陥った。結局シーズンでは防御率5.55に終わる。

マリナーズ時代[編集]

2009年1月15日、レッドソックスがマーク・コッツェイと再契約したのを受け、1月20日にトレードでシアトル・マリナーズへと移る。

マリナーズではブランドン・モローと交互にクローザーとして起用され、4月10日にキャリア初セーブをマークした。その後モローの不調と先発転向により正クローザーとなり、自己最多の73試合に登板。制球難に悩まされることもなく、シーズン通して防御率2点台以下をキープ。リーグ4位となる38セーブをマークし、WHIPも1.16を記録した。

2010年も開幕からクローザーを務めた。最初の6登板は無失点で抑え、6セーブを稼いだものの、武器である速球のキレがあまり良くなく、前半戦終了時点で2点以上失った試合が6試合に上り、防御率も5.40にとどまる。しかし後半戦は復調し、22試合を防御率0.84に抑え、被打率も.121と、ほぼ非の打ちどころのないピッチングを披露。シーズンでは31セーブをマークし、アメリカンリーグの7位にランクインした。

しかし、シーズン終了後の2011年1月に左足の手術、7月にトミー・ジョン手術を受け、2011年シーズンは一回も登板無くシーズンを終えた。

ヤンキース時代[編集]

2012年2月22日ニューヨーク・ヤンキースと1年総額40万ドルで契約した。この年は9月27日に1イニングだけ登板した。

2013年3月29日にDFAとなった[1]

マーリンズ傘下時代[編集]

その後、マイアミ・マーリンズと契約を結んだが、2013年5月15日に放出された。その後、阪神タイガースが獲得に名乗り出たが[2]、アーズマ本人は日本行きを望んでいなかったため実現しなかった。

メッツ時代[編集]

2013年5月20日にニューヨーク・メッツとマイナー契約を結んだ。[3]6月8日にメジャーに昇格した。10月31日にFAとなった。

カージナルス傘下時代[編集]

2014年1月23日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んだ[4]が、3月21日に放出された。3月26日にセントルイス・カージナルスとマイナー契約を結んだ[5]

プレースタイル・人物[編集]

  • 150km/hを超える速球が主な武器。2010年は、全投球のうち75.8%が速球だった[6]
  • 姉のアマンダ・アーズマ(Amanda Aardsma)は1997年にコロラド州代表でミス・ティーンUSAに出場した経歴を持つ女優で、ドラマ『CSI:科学捜査班』などに出演している[7]
  • 2010年6月に第1子が誕生した[8]
  • 祖父母がオランダ出身であるため、ワールド・ベースボール・クラシックの際にはオランダ代表の候補に名前が挙がった(選出はされていない)。
  • メジャーリーグでプレイした経験のある全選手をアルファベット順に並べると、このアーズマが先頭に来る[9]。アーズマが2004年にメジャーデビューするまでは、ハンク・アーロンが先頭だった。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2004 SF 11 0 0 0 0 1 0 0 1 1.000 61 10.2 20 1 10 0 2 5 0 0 8 8 6.75 2.81
2006 CHC 45 0 0 0 0 3 0 0 5 1.000 225 53.0 41 9 28 0 1 49 1 0 25 24 4.08 1.30
2007 CWS 25 0 0 0 0 2 1 0 3 .667 151 32.1 39 4 17 3 1 36 2 0 24 23 6.40 1.73
2008 BOS 47 0 0 0 0 4 2 0 4 .667 228 48.2 49 4 35 2 5 49 3 0 32 30 5.55 1.73
2009 SEA 73 0 0 0 0 3 6 38 6 .333 296 71.1 49 4 34 3 0 80 2 0 23 20 2.52 1.16
2010 53 0 0 0 0 0 6 31 0 .000 202 49.2 33 5 25 5 2 49 2 0 19 19 3.44 1.17
2012 NYY 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 5 1.0 1 1 1 0 0 1 0 0 1 1 9.00 2.00
2013 NYM 43 0 0 0 0 2 2 0 4 .500 178 39.2 39 7 19 6 4 36 1 1 20 19 4.31 1.46
通算:8年 298 0 0 0 0 15 17 69 23 .469 1346 306.1 271 35 169 19 15 305 11 1 152 144 4.23 1.44
  • 2013年度シーズン終了時

背番号[編集]

  • 33 (2004年)
  • 54 (2006年 - 2007年)
  • 53 (2008年 - 2010年)
  • 35 (2012年)
  • 30 (2013年)

脚注[編集]

  1. ^ Overbay makes Yanks; Aardsma designated
  2. ^ 新助っ投!阪神“超大物抑え”アーズマ獲得へ サンケイスポーツ
  3. ^ Aardsma signs Minor League deal with Mets
  4. ^ Indians invite RHP David Aardsma to Major League Camp”. MLB.com Indians Press Release (2014年1月23日). 2014年1月24日閲覧。
  5. ^ Jenifer Langosch (2014年3月26日). “Cards sign Aardsma to add to bullpen mix”. MLB.com. 2014年3月26日閲覧。
  6. ^ 月刊スラッガー』2011年2月号、日本スポーツ企画出版社、2011年、36頁。
  7. ^ 月刊スラッガー』2010年4月号、日本スポーツ企画出版社、2010年、35頁。
  8. ^ 月刊スラッガー』2011年4月号、日本スポーツ企画出版社、2011年、33頁。
  9. ^ Baseball Players with Last Names Starting with A

関連項目[編集]

外部リンク[編集]