ミス・ティーンUSA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイミー・クロフォード(2010年ミス・ティーンUSA)

ミス・ティーンUSAMiss Teen USA)は、ミス・ユニバース機構(Miss Universe Organization)が保有・運営するアメリカのミス・コンテスト

対象年齢は2009大会から引き下げられ、14~18歳(州代表選出大会では、全国大会が開催される頃に14歳以上19歳未満であることが応募条件である)で、ティーンであれば全員が出場できるわけではない。

毎年夏、全米各地で大会が開催され、各州の州大会で優勝した候補者たちが出場する。審査方法はミス・ユニバースと同一で、大会の前に事前審査(水着審査・イヴニングガウン審査・面接)を行い、大会当日にその結果を踏まえてTOP15を発表する。この15名が、水着審査・イヴニングガウン審査でTOP5にまで絞られ、5人が最後の質疑応答コーナーに進む。優勝者はミス・ユニバースミスUSA同様Diamond Nexus Labs製の王冠を戴冠される。

優勝者は、約一年間の在任期間中、ニューヨークのトランプ・タワーにミス・ユニバースミスUSAと共に住み、チャリティ活動やイベント出演などを行う。一年間給与が支給されるほか、Diamond Nexus Labs製のティアラ、ヘアケア商品一年分、水着、洋服、靴、3000ドルの賞金、ニューヨークフィルムアカデミーで学ぶための6万ドルの奨学金、フォトグラファーによる撮影、一年間の皮膚科サービスなど、ほぼミス・ユニバース同様の賞品を手にすることができる。

なお、この大会に出場した者が数年後ミスUSAに出場するケースが相次いでおり、ミスUSA前哨戦ともいえる。

テレビ中継[編集]

ミス・ティーンUSAはミスUSA、ミス・ユニバース同様アメリカの主要テレビ局で生中継されていた。1983年の第1回大会はフロリダ州レイクランドで8月30日にCBSテレビで放送された。司会はマイケル・ヤングが勤めた。マイケルは1984年、1986年、1987年の4度司会を務めた。ただし第2回は4月、第3・4回は1月に開催され、第5回以降は再び夏開催に戻る。

2003年からNBCユニバーサルが所有権が移管したためNBCで放送。2007年でNBCの放映の契約が満了し、契約が更新されず、8月16日にバハマで開催された2008大会はテレビ生中継は行われなかった。2009年大会からustreamで生放送されている。

歴代ミス・ティーンUSA[編集]

ミス・ティーンUSA 選出州
1983年 ルース・ザカリアン ニューヨーク州
1984年 Cherise Haugen イリノイ州
1985年 ケリー・ヒュー ハワイ州
1986年 アリソン・ブラウン オクラホマ州
1987年 クリスティ・アディス ミシシッピ州
1988年 ミンディ・ダンカン オレゴン州
1989年 ブランディ・シャーウッド アイダホ州
1990年 ブリジット・ウィルソン オレゴン州
1991年 ジャネル・ビショップ ニューハンプシャー州
1992年 Jamie Solinger アイオワ州
1993年 シャーロット・ロペス バーモント州
1994年 シャウナ・ガンビル カリフォルニア州
1995年 Keylee Sue Sanders カンザス州
1996年 クリスティー・ウッズ テキサス州
1997年 シェリー・ムーア テネシー州
1998年 ヴァネッサ・ミニロ サウスカロライナ州
1999年 アシュリー・コールマン デラウェア州
2000年 ジリアン・パリー ペンシルベニア州
2001年 Marissa Whitley ミズーリ州
2002年 Vanessa Semrow ウィスコンシン州
2003年 タミ・ファレル オレゴン州
2004年 シェリー・ヘニグ ルイジアナ州
2005年 アリー・ラフォース オハイオ州
2006年 ケイティ・ブレア モンタナ州
2007年 ヒラリー・クルス コロラド州
2008年 ステーヴィ・ペリー アーカンソー州
2009年 ストーミ・ヘンリー テネシー州
2010年 ケイミー・クロフォード メリーランド州
2011年 ダニエル・ドウティー テキサス州
2012年 ローガン・ウェスト コネチカット州
2013年 キャシディ・ウルフ カリフォルニア州

ミス・ティーンとミスUSAの2冠達成者[編集]

1989年の本大会優勝者であるブランディ・シャーウッドは、その8年後の1997年のミスUSAの本選で準ミスUSAを獲得したが、その年のミスUSA(優勝)に輝いたブルック・マヘアラニ・リーが、この大会優勝者に出場権が与えられるミス・ユニバース世界大会でもミスに選ばれたため、ブルックは規定によりミス・ユニバースを優先。そのためブランディがミスUSAに繰り上げ当選となり、初めてミス・ティーンとミスUSAの「2冠」となった。2011年現在、ミス・ティーンとミスUSAの2冠を達成したのはこのブランディ1名のみである。

なお、ミスティーンとミスユニバースの2冠達成者はまだいない。

近年のミス・ティーンUSA[編集]

外部リンク[編集]