ニューヨークフィルムアカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユニオンスクエアにある校舎

ニューヨークフィルムアカデミー(New York Film Academy)は、ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン区に本部を置くカレッジ。2012年現在、職員400人、学生6000人以上を抱えており、世界でも最大規模の映画学校である。ロサンゼルス校はUSCUCLAAFIと並びハリウッドを代表する映画学校として知られている。[1]

学校概要[編集]

1992年の開校時はトライベッカフィルムセンターに校舎を構えていたが、1994年にユニオンスクエアの旧タマニー・ホール集会所であったコロニアル・リバイバル建築の建物へと移動した。修士号学士号準学士号を取得することが出来るのに加え、1年間と2年間の専門学校コース、短期のワークショップを提供している。それぞれ、映画俳優写真3Dアニメーションゲームデザインプロデューサー脚本デジタル映画撮影ドキュメンタリーブロードキャストジャーナリズムミュージカルミュージックビデオデジタル編集の授業を世界中で行っている。[2]略称としてNYFAが用いられる。

歴史[編集]

映画、テレビ、舞台のプロデューサーであるジェリー・シャーロックにより設立された。[3]

教育方針[編集]

「実践から学ぶ」という教育理念の元にプロの現場に近い学習を行っている。映画制作プログラムの授業は、制作現場の各パートをチームごとにローテーションで担当し 学習する。 創設者ジェリー・シャーロックは、2005年のタイム誌に対し、意欲的な若い映画制作者の両親や親族からの要望から着想を得て同校を開校、実践的な内容を中心にカリキュラムを編成したと話した。

学位取得学科とワークショップのロケーション[編集]

学位取得プログラムは映画制作(演出製作脚本撮影編集含む)、ドキュメンタリー映画制作俳優写真3Dアニメーションゲームデザインがある。

学位取得プログラム、ワークショップ、短期コースは以下の場所で行われている。

パートナーシップ[編集]

世界的に有名なメトロポリタン美術館とも三年間にわたってパートナーシップを結んでいる。関係組織と密接に連携し、カリキュラムの構成、スタッフの教育、そして学生が使用する映像作成設備に対し投資を行っている。さらにはすべてのアートの重要性と価値とを維持し、保護する事を表明している。

パートナー機関は以下

提携企業[編集]

  • ソニー・ピクチャーズアニメーション[9] は演技のプロセスや登場人物の動作を自社のアニメーターに理解させる場としてNYFAのアクティングワークショップを活用している。アニメーターは講師として演技指導を行う事により、場面構成や演技者の観点を深く分析でき、映像における登場人物を創る上での技術向上に役立つとしている。
  • タイム・ワーナー・ケーブルの企画Connect A Million Mindsはユニオンスクエア本校と協力関係にある。East Side Community High Schoolの生徒とローワーイーストサイドにあるMarte Valle Secondary Schoolと共同でワークショップを開催し、アメリカにおいて重要とされる、科学、技術、工学、数学(STEM)を教えている。[10]
  • ニューヨーク・ジェッツはスポーツ写真プログラムの実地研修に協力している。[11]スポーツ写真プログラムとスポーツ放送ワークショップの2つのプログラムは、実際のプロの試合環境で16週間行われる。ニューヨークジェッツの指定されたイベントについて、メディアポートフォリオを学生が作成するプログラムも存在する。[12]

奨学金制度[編集]

映画制作もしくは俳優の1年コース、2年コース、MFAMaster of Fine Arts)プログラムで奨学金を必要とする学生は、最大15,000ドルの奨学金を申請出来る。現在までにニューヨークフィルムアカデミーはNew York City Department of Educationより100万ドルの奨学金資金を提供されている。

学位提携[編集]

ニューヨークフィルムアカデミーと協力関係にある大学で、専攻に関連した学位を取得する事が出来る。

教職員[編集]

教員は 、Tisch School of the Artsコロンビア大学AFI Conservatory南カリフォルニア大学スタンフォード大学ハーバード大学イェール大学カリフォルニア大学ロサンゼルス校などから引き抜いている。[13]

ゲスト講演[編集]

スティーヴン・スピルバーグベン・スティラーなどの著名人が講演を行っている。[14]

認定[編集]

NASADNational Association of Schools of Art and Design)に認定されている。(CHEAの承認)

出身者[編集]

関係者[編集]

関係作品[編集]

出典[編集]

  1. ^ Student film projects in L.A. are up sharply(LA Times)”. 2013年6月12日閲覧。
  2. ^ New York Film Academy studying abroad”. 2013年5月17日閲覧。
  3. ^ Kalem, T.E.; Peter Ainslie (1981年3月30日). “Lo and Hum as Ho and Hum”. Time. http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,922522,00.html 2008年3月27日閲覧。 
  4. ^ New York Film Academy Australia”. 2008年3月27日閲覧。
  5. ^ Chudy, Jolanta (2008年3月18日). “Cameras rolling at Abu Dhabi film school”. Reuters. http://uk.reuters.com/article/entertainmentNews/idUKN1745660820080318 2008年3月27日閲覧。 
  6. ^ New York Film Academy Brazil”. 2013年5月17日閲覧。
  7. ^ Brooklyn Museum Gallery/Studio Program Announces Registration for Fall Semester 2007”. 2013年5月17日閲覧。
  8. ^ TEEN TAKES ON THE BIENNIAL”. 2013年5月17日閲覧。
  9. ^ Sony Partnership with New York Film Academy”. 2013年5月17日閲覧。
  10. ^ Time Warner Cable Partnership with New York Film Academy”. 2013年5月17日閲覧。
  11. ^ New York Film Academy Jets Partnership”. 2013年5月17日閲覧。
  12. ^ New York Film Academy Sports Photography”. 2013年5月17日閲覧。
  13. ^ Academic background NYFA teachers”. New York Film Academy. 2013年5月17日閲覧。
  14. ^ New York Film Academy Guest Lecturers”. 2013年5月17日閲覧。

外部リンク[編集]