サーシャ・コーエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Pix.gif サーシャ・コーエン
Sasha COHEN
Figure skating pictogram.svg
Sasha Cohen 2009 SOI Halifax Spiral.jpg
2009年スターズ・オン・アイスでのコーエン
基本情報
代表国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日: 1984年10月26日(29歳)
出生地: ロサンゼルス
身長: 157 cm
体重: 42 kg
コーチ: ジョン・ニックス[1]
元コーチ: ラファエル・アルトゥニアン
ロビン・ワグナー
タチアナ・タラソワ
振付師: ローリー・ニコル
ニコライ・モロゾフ
元振付師: ジョン・ニックス
タチアナ・タラソワ
エカテリーナ・ゴルデーワ
ロビン・ワグナー
マリナ・ズエワ[1]
イーゴリ・シュピリバンド[1]
所属クラブ: オレンジカウンティFSC[1]
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア: 197.60 2003 GPスケートカナダ
ショートプログラム: 71.12 2003 GPスケートカナダ
フリースケーティング: 130.89 2003 GPスケートアメリカ
 
獲得メダル
フィギュアスケート
オリンピック
2006 トリノ 女子シングル
世界選手権
2004 ドルトムント 女子シングル
2005 モスクワ 女子シングル
2006 カルガリー 女子シングル

サーシャ・コーエンSasha Cohen、本名:アレクサンドラ・ポーリーン・コーエン、Alexandra Pauline Cohen1984年10月26日[1] - )は、アメリカ合衆国フィギュアスケート選手(女子シングル)。2006年トリノオリンピック女子シングル銀メダリスト。競技名のサーシャとはアレクサンドラのロシア語風の愛称。

人物[編集]

趣味はファッションデザイン、料理、旅行。好きな食べ物はアイスクリームである。ロシア語を解することもできる[2]

父のロジャー・コーエンはユダヤ系アメリカ人の弁護士経営コンサルタントである。母のガリーナ・フェルドマンはウクライナ出身のユダヤ系移民で元バレエダンサーだった[3][4]。妹のナタリア(ナターシャ)は2006年8月に大学に入学している。家族は全員が敬虔なユダヤ教徒であり、よくシナゴーグに通っている。

2002年のソルトレイク五輪の開会式では、アメリカ選手団の中にいたジョージ・W・ブッシュ大統領が、母親と通話中のサーシャ・コーエンの携帯電話を取り上げ、「貴女の娘さんはお行儀良くやっているよ。競技での活躍をお祈りしています。」と話した。またこの五輪中の試合でタイツを忘れてしまい、村主章枝からタイツを借りたことがある。村主は2006年に出演したNHK「英語でしゃべらナイト」でその時の逸話に言及し、「早く返してください(笑)」と冗談めかして語った。他の競技会でもタイツを忘れ、荒川静香から借りたことがある[1]

2005年に自叙伝『Fire on Ice』を出版。2007年公開のアメリカ映画『俺たちフィギュアスケーターBlades of Glory)』では、トリノ五輪フリースケーティングの衣装を着てカメオ出演している。

技術・演技[編集]

高い柔軟性を活かしたスパイラルシークエンスと優美なレイバックスピンが得意。特にスパイラルは、サポート無しで足を前に高く上げての前向き滑走、真っすぐ伸ばした180度開脚など、高度な技巧で最高難度のレベル4を頻繁に獲得しており、トリノオリンピックではショート・フリーの両方でGOEで2.0点加点されていた。


表現力も非常に高く評価されており、演技構成点で8点台を出すことがある。トリノオリンピックのショートプログラムでは、技術点ではイリーナ・スルツカヤ荒川静香に次ぐ3位であったが、演技構成点でこの2人を抑え、トータルポイントでは1位となった。

経歴[編集]

幼少期~2005年[編集]

カリフォルニア州ロサンゼルス出身。幼い時から体操バレエを経験し、7歳の時にフィギュアスケートに転向。ジョン・ニックスコーチに師事した。

2002年ソルトレイクシティオリンピックは、ショートプログラムは安定した演技で3位となったが、フリースケーティングではコンビネーションで2つめのジャンプでの着氷失敗が響き、総合では4位入賞に終わった。

2002-2003シーズンではグランプリシリーズ2連勝、グランプリファイナルでも優勝を果たす。

2003-2004シーズン、2003年12月にコーチをタチアナ・タラソワから、サラ・ヒューズのコーチだったロビン・ワグナーに変更している。2004年世界選手権では2位に終わる。

2004-2005シーズン、グランプリシリーズを背中の故障で全て欠場した。同年12月後半にコーチをロビン・ワグナーからジョン・ニックスに戻している。オレゴン州ポートランドで行われた2005年の全米選手権で復帰し2位。続くモスクワでの世界選手権でも2位に終わる。

2005-2006シーズン[編集]

グランプリシリーズ、初戦のスケートアメリカ臀部の故障により欠場。次戦のエリック・ボンパール杯で2位。2006年の全米選手権では、インフルエンザによる体調不良を克服し初優勝。2006年トリノオリンピックのアメリカ代表となった。

トリノオリンピックではショートプログラムをミスの無い演技で終え、イリーナ・スルツカヤ荒川静香を抑え僅差でトップに立った。フリースケーティングでは、序盤のジャンプで転倒や両手を着くなどの大きなミスを犯したが、中盤から終盤にかけてはほぼ完璧な演技でまとめて、優勝の荒川静香に次いで銀メダルを獲得した。

トリノオリンピックから1ヵ月後にカナダカルガリーで開催された世界選手権でも、ショートプログラムではコンビネーションジャンプで両足着氷したものの、質の高い演技を披露しトップに立ったが、フリースケーティングでは中盤から終盤にかけてミスを連発、1位のキミー・マイズナー、2位の村主章枝に及ばず3位に終わった。

2006-現在[編集]

2006-2007シーズン以降は主要競技会に出場せず、アイスショーを中心に活動していたが、 2010年のバンクーバーオリンピックに向けて、2009-2010シーズンより復帰することを明らかにした[5]。しかし、足の怪我により2009年のグランプリシリーズは全て欠場。翌2010年1月の全米選手権で、3大会連続の冬季五輪代表選出を目指したが結局4位に終わり、バンクーバー五輪への出場はならなかった。

主な戦績[編集]

大会/年 1997-98 1998-99 1999-00 2000-01 2001-02 2002-03 2003-04 2004-05 2005-06 2009-10
冬季オリンピック 4 2
世界選手権 4 4 2 2 3
全米選手権 6 N 2 J 2 2 3 2 2 1 4
GPファイナル 1 2
GPエリック杯 3 1 1 2
GPスケートアメリカ 5 1
GPスケートカナダ 1 1
GPロシア杯 4 2
GPスパルカッセン杯 5
フィンランディア杯 1
世界ジュニア選手権 6
JGPスウェーデン 1

シニア[編集]


開催日 大会名 SP FS 結果
2010年1月21日-23日 全米フィギュアスケート選手権スポケーン 2
69.63
4
104.65
4
174.28


ジュニア[編集]

プログラム[編集]

シーズン SP FS EX
2009-2010 エスパーニャ・カーニ
作曲:パスカル・マルキーナ・ナロ
第1楽章、第3楽章 ピアノソナタ第14番より
作曲:ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン
Sick and Tired
ボーカル:アナスタシア
振付:サーシャ・コーエン
ハレルヤ
作曲:レナード・コーエン
ボーカル:ジェフ・バックリィ
振付:サーシャ・コーエン

私の男 映画『キャバレー』より
ボーカル:ライザ・ミネリ
振付:サーシャ・コーエン

Don't stop the music
ボーカル:リアーナ
2006-2007 黒い瞳
演奏:スタンリー・ブラック楽団
- Don't Cha
ボーカル:プッシーキャット・ドールズ
ゴッド・ブレス・アメリカ
作曲:アーヴィング・バーリン
ボーカル:セリーヌ・ディオン

ミュージカル『ウエスト・サイド物語』より
作曲:レナード・バーンスタイン
2005-2006 映画『ロミオとジュリエット』より[7]
作曲:ニーノ・ロータ
振付:デヴィッド・ウィルソン
ゴッド・ブレス・アメリカ
作曲:アーヴィング・バーリン
ボーカル:セリーヌ・ディオン

パレードに雨を降らせないで
作曲:バーブラ・ストライサンド
2004-2005 パ・ド・ドゥ バレエ『くるみ割り人形』より[1]
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
振付:マリナ・ズエワ
パレードに雨を降らせないで
作曲:バーブラ・ストライサンド
2003-2004 マラゲーニャ
作曲:エルネスト・レクオーナ
演奏:スタンリー・ブラック
白鳥の湖[8]
作曲:ピョートル・チャイコフスキー
映画『ロメオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
ミュージカル『マイ・フェア・レディ』より
2002-2003 ピアノ協奏曲第2番
作曲:セルゲイ・ラフマニノフ
映画『ロメオとジュリエット』より
作曲:ニーノ・ロータ
Oneday I'll Fly Away 映画『ムーラン・ルージュ』より
2001-2002 My Sweet and Tender Beast
作曲:エフゲニー・ドガ
歌劇『カルメン』より
作曲:ジョルジュ・ビゼー
ヘルナンドの隠れ家
作曲:エラ・フィッツジェラルド
アリア 『ブラジル風バッハ』より
作曲:エイトル・ヴィラ=ロボス
2000-2001 黒い瞳
演奏:スタンリー・ブラック楽団
Anytime, Anywhere
ボーカル:サラ・ブライトマン
トゥ・ラヴ・ユー・モア
ボージャル:セリーヌ・ディオン
1999-2000 バロックセレクションズ
原曲:トマゾ・アルビノーニアントニオ・ヴィヴァルディ
ヴァイオリン協奏曲
作曲:フェリックス・メンデルスゾーン
歌劇『蝶々夫人』より
作曲:ジャコモ・プッチーニ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 上坂美穂編『オール・アバウトフィギュアスケート』ぴあ(ぴあワンダーランドSpecial)、2005年11月、p.38
  2. ^ Athletes - Sasha Cohen”. NBCOlympics.com. 2009年7月12日閲覧。
  3. ^ Bloom, Nate (2006年2月16日). “The Tribe goes to Torino: Sketches of Jewish Olympic-Bound Athletes”. Jewish World Review. http://www.jewishworldreview.com/0206/bloom_olympics06.php3 2009年7月12日閲覧。 
  4. ^ AIPS Web Site
  5. ^ トリノ五輪銀メダリストのコーエンが競技復帰へ『AFP BB news』2009年05月09日更新
  6. ^ 2002/2003 ISUグランプリファイナルはフリー演技を2度行った。
  7. ^ 「スタンダードナンバー比較 ロミオとジュリエット編」『フィギュアスケートDays vol.4』DAI-X出版、2007年10月、pp.68-71
  8. ^ 「フィギュアスケート スタンダードナンバー大比較 白鳥の湖編」『フィギュアスケートDays vol.5』DAI-X出版、2008年2月、pp.64-67

外部リンク[編集]