ウェスリー・オートリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウェスリー・オートリー

ウェスリー・オートリーWesley Autrey1956年生まれ)は、ニューヨーク市建設作業員アメリカ海軍退役軍人ヴェトナム戦争)。ニューヨーク地下鉄発作の為に線路上に落ちた Cameron Hollopeter(19歳の大学生)の命を自らの危険を顧みず救ったことにより、その名が世界的に知られるようになった。

地下鉄での事件[編集]

2007年1月2日、オートリーは2人の娘とマンハッタンの 137th Street and Broadway station で電車を待っていた所、午後12時45分 Cameron Hollopeter が発作を起こし、後ろ向きに線路へ転落したのを発見。オートリーは地下鉄のライトが近づいてくるのを見る。女性がオートリーの娘を線路際から引き下げ、オートリーは線路に飛び降りた。彼は、線路以外の空間へ救出を行おうと思っていたが、十分な空間が無いのを発見、Hollopeter の上に被さり電車をやり過ごした。運転手は気づきブレーキをかけたが、5車両は彼らの上を通過、地面から電車までが21インチ、彼らの寝た状態の高さは、20.5インチであった。オートリーのニットキャップには電車のグリース)がついていた。

事後[編集]

「特別なことをやった訳ではなく、助けを必要としている人に手を貸しただけ、自分が正しいと感じたことを行った。」 - ニューヨークタイムズ

1月3日までに見知らぬ他人から多数の贈呈品、賞賛の電話を受け、ニューヨークフィルムアカデミー (New York Film Academy) 学長 Jerry Sherlock より5,000ドルドナルド・トランプより10,000ドルの贈与を受けた。また、全国版の朝の番組や、デイヴィッド・レターマンエレン・デジェネレス、Charlie Rose などの番組にゲストとして招かれた。

さらに2007年1月4日ニューヨーク市長マイケル・ブルームバーグは、同市民へ最高の勲章、 Bronze Medallion を贈呈した。

参照[編集]