デスクビエルタ級コルベット (1978)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デスクビエルタ級コルベット
Infanta Elena (P-76) 080416-N-9855D-116.jpg
「インファンタ・エレナ」 (F-33)
艦級概観
艦種 コルベット
建造期間 1974年 - 1984年
就役期間 1978年 - 就役中
前級
次級 メテオーロ級哨戒艦英語版
性能・諸元
排水量 基準: 1,363トン
満載: 1,575トン
全長 88.9m
全幅 10.4m
吃水 3.8m
機関 CODAD方式
バサン=MTU 16V956 TB91ディーゼルエンジン (4,500 bhp) 4基
スクリュープロペラ (250rpm) 2軸
速力 最大25ノット
航続距離 6,100海里 (18kt巡航時)
電力 1,810kW
乗員 士官10名+曹士108名+海兵隊30名
兵装 76mm単装速射砲 1基
L/70 40mm連装機銃 2基
シースパロー短SAM 8連装発射機
※F-35と36はアスピーデ短SAM
1基
ハープーンSSM 4連装発射筒
※モロッコ向けはエグゾセ
2基
375mm連装対潜ロケット砲 1基
Mk.32 3連装短魚雷発射管 2基
C4I 海軍戦術情報システム
(TRITAN-4+リンク 11; 後日装備)
レーダー DA-05/2 対空捜索用 1基
ZW-06/2 対水上捜索用 1基
1007型 航海用 1基
WM-25 砲/短SAM射撃指揮 1基
ソナー DE-1160C 1基
電子戦
対抗手段
ニュートン・ベータ電波探知妨害装置
Mk.137 チャフフレア発射機 2基
AN/SLQ-25 対魚雷デコイ 1式

デスクビエルタ級コルベットスペイン語: Corbetas de la Clase Descubierta)は、スペイン軍事造船株式会社バサン国営公社1970年代から1980年代にかけて建造したフリゲートの艦級。

スペイン海軍では当初コルベットと類別されて6隻が就役したが、2004年に4隻が哨戒艦に、1隻が掃海艦に類別変更された。またエジプト海軍で2隻が、モロッコ海軍が1隻が就役している。スペイン海軍では「極小蟻(hormigas atómicas)」の愛称で呼ばれる。

来歴[編集]

スペインでは、1968年より、初の国産戦闘艦としてバレアレス級フリゲート(F-70型)の建造を開始した。しかし同級は、アメリカ海軍ノックス級護衛駆逐艦をもとに、アメリカのギブス・アンド・コックス社が設計作業をおこなっており、スペインではその設計に従って建造が行われたのみであった[1]。このことから、1970年代に入ると、設計も含めた戦闘艦の国産化が志向されるようになり、1972年には、軍事造船株式会社バサン国営公社が設計作業を受注した[2]

要求事項は、排水量1,200ないし1,500トン、最大速力25ノット以上、巡航速力18ノット、航続距離4,000海里、兵装として艦対艦ミサイル艦対空ミサイル、中・小口径火器、対潜魚雷を搭載することとされ、これらの装備は国産ないしライセンス生産化が求められていた。これを満足するため、ポルトガル海軍ジョアン・コーチニョ級コルベットをもとに発展させた設計が採用されることとなった。同級は同国海軍のホジェリオ・ドオリヴェイラ設計官の基本設計をもとに、ドイツのブローム・ウント・フォス社との連携のもとで開発されており、バサン社でも同国海軍からの発注をうけて1968年から1971年にかけて3隻の建造を分担していたことから、ベースとしては最適であった。1973年中頃には4つの設計案が提示され、これを受けて1973年6月には技術開発を決定、1973年12月7日には最初の4隻が、1976年5月25日にはさらに4隻の契約が成立した。ネームシップ1974年11月16日に起工された[2][3]

設計[編集]

上記の経緯により、基本設計はジョアン・コーチニョ級のものが踏襲されている。外見上は中央船楼型であるが、実際の船型は平甲板型であるとされている。船体は2層の甲板から構成されており、上甲板の1層のみが全通している。縦肋骨は高張力鋼、横肋骨は低炭素鋼製とされている。船底構造は二重底構造として、燃料等の液体タンクに供されている。上部構造物は3層構造であり、アルミニウムマグネシウム合金製とされている[2]。また水中放射雑音低減のため、プレーリー・マスカー・システムも装備している[4]

主機関としては、MTUフリードリヒスハーフェン社のMTU 16V956 TB91V型16気筒ディーゼルエンジンをバサン社がライセンス生産して搭載する。これは最大出力4,500馬力(1,575rpm)を2時間持続させうる性能を備えていた。本級ではCODAD方式で4基が搭載されており、2基ずつセットにして、減速機を介して各1軸ずつの推進器を駆動する。推進器としては、3メートル径・5翔式の可変ピッチプロペラ(CPP)が用いられている[2]

電源としては、主発電機として出力340キロワットのディーゼル発電機4基を、また非常時および静粛運転時用の補助発電機として出力450キロワットのガスタービン発電機1基を搭載している。これによって100%の予備出力が確保されている[2]

装備[編集]

C4ISR[編集]

武器管制システムとしては、オランダ・シグナール社(現在のタレス・ネーデルラント社)のSEWACOが搭載されていた[3]。また後の改修により、リンク 11の運用に対応した戦術情報処理装置であるTRITAN-4が搭載された[5]

レーダーもやはりオランダ・シグナール社製で、対空捜索用にはSバンドDA-05/2を後檣上に、対水上捜索用にはXバンドZW-06/2を前檣の前面に搭載しており、また砲熕兵器・個艦防空ミサイルの射撃指揮用のWM-25にも目標捕捉レーダーとしての機能が備わっている。一方、ソナーとしては、アメリカ合衆国レイセオン社のDE-1160Cが搭載されており、その信号処理はAN/UYK-16コンピュータによって行われる。可変深度ソナーの後日装備も検討されたものの、これは実現しなかった[3]

電子戦装置としては、イタリア・エレットロニカ社のニュートン・ベータ・システムが搭載された。これはELT-211電波探知装置とELT-318電波妨害装置(ノイズ・ジャミング用)、ELT-521電波妨害装置(欺瞞用)を備えていたが、のちに電波妨害装置は国産のCESELSAカノープスMk.1600に換装され[5]、電波探知装置もエルサーグ・デネブMk.1600にアップデートされている[4]

武器システム[編集]

砲熕兵器としては、艦首甲板にはオート・メラーラ社製76mmコンパット砲を1基、また上部構造物後方には564型40mm連装機銃2基を背負式に備えている。この40mm連装機銃は、スウェーデンボフォース社製の機銃をイタリア・ブレーダ・メッカニカ・ブレシャーナ社製のコンパット砲塔と組み合わせたものである。また個艦防空ミサイルとして、シースパローの8連装発射機が艦尾甲板上に設置されているが、後期建造艦2隻ではイタリア製のアスピーデに変更された。これらは前檣上のWM-25射撃指揮装置の統制を受けるが、副方位盤としてフランス製の電子光学GFCSも搭載されている[2]

対潜兵器としては、船楼前端の01甲板レベルに連装式の375mm対潜ロケット砲を搭載する。これはボフォース社のM/50 375mm対潜ロケット砲の軽量版である。またやはり01甲板レベル、後部機銃の両舷側にはMk.32 mod.5 3連装短魚雷発射管が1基ずつ搭載されており、ここからはMk.46短魚雷が発射される[2][3]

なお、要求事項に盛り込まれていたにも関わらず、就役当初の本級は艦対艦ミサイルを備えていなかったが、1988年から1989年にかけて、船楼中部の01甲板レベルにハープーンの4連装発射筒2基が後日装備された[3]

配備[編集]

本級の前期発注分4隻がカルタヘナ造船所で、後期発注分4隻がフェロル造船所で建造された。しかし、本級の最後の2隻については、スペイン海軍への納入が頓挫し、販売先を求めた結果、エジプトに輸出される事となった。また1977年6月14日には、モロッコ海軍が1隻を発注し、これは「エラマニ」として1983年に就役した[3]

スペイン海軍の所属艦は、海洋監視や環境保全、水産警護、麻薬取締などの任務に活躍したほか、全鑑が国際連合主導の湾岸戦争中の紅海ほかでのイラク向け禁輸監視行動に参加した。その後、新型のアルバロ・デ・バサン級フリゲートの就役に伴い、2004年には艦種を哨戒艦に変更した。これに伴い、個艦防空ミサイルの撤去などと引き換えにゾディアックなど複合艇3隻を搭載して、海上治安活動への対応を強化した。ただし1番艦「デスクビエルタ」はフリゲート(コルベット)の艦種のままで2009年に退役し、また2番艦「ディアナ」は哨戒艦ではなく掃海艦とされた[2]

同型艦一覧
配備国 # 艦名 建造所 起工 就役 退役・その後
 スペイン海軍 F 31 デスクビエルタ
Descubierta
バサン・
カルタヘナ
造船所
1974年11月 1978年11月 2009年6月
F 32
→ M-11
ディアナ
Diana
1975年7月 1979年6月 掃海艦に艦種変更
F 33
→ P-76
インファンタ・エレナ
Infanta Elena
1976年1月 1980年4月 哨戒艦に艦種変更
F 34
→ P-77
インファンタ・クリスティナ
Infanta Cristina
1976年9月 1980年11月
F 35
→ P-78
カサドラ
Cazadora
バサン・
フェロル
造船所
1977年12月 1981年7月
F 36
→ P-79
ベンセドラ
Vencedora
1978年5月 1982年3月
 エジプト海軍 F 941 エル・スエズ
El Suez
1978年10月 1984年5月
F 946 エル・アブキール
El Aboukir
1979年2月 1984年10月
 モロッコ海軍 F 501 テニエンテコロネル・エラマニ
Teniente Coronel Errahmani
1979年3月 1983年3月

参考文献[編集]

  1. ^ グローバルセキュリティー (2013年4月15日). “Baleares” (英語). 2014年4月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h グローバルセキュリティー (2013年1月25日). “Descubierta” (英語). 2014年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 474. ISBN 978-0870212505. 
  4. ^ a b Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 673-674. ISBN 978-1591149545. 
  5. ^ a b Norman Friedman (1997). The Naval Institute guide to world naval weapon systems 1997-1998. Naval Institute Press. ISBN 9781557502681. http://books.google.co.jp/books?id=l-DzknmTgDUC. 

外部リンク[編集]