犬鷲型ミサイル艇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
犬鷲型ミサイル艇
2012. 9. 서해 NLL해상경계 Rep. of Korea Navy NLL Maritime Security in the western sea (8031753530).jpg
概歴
艦種 ミサイル艇 (PKG)
建造期間 2005年 -
就役期間 2008年 - 現役
前級 大鷲型 (哨戒艇)
次級 最新
性能諸元
排水量 基準:440t
満載:570t
全長 63m
全幅 9m
吃水 3m
機関 CODAG方式
LM500ガスタービンエンジン 2基
MTU 12V595 TE90ディーゼルエンジン 2基
ウォータージェット推進 3軸
速力 最大40ノット
乗員 40人前後
武装 62口径76mm速射砲
(1番艇はイタリア製、
 2番艇以降は現代WIA製)
1基
露蜂40mm連装機関砲 1基
12.7mm重機関銃 2基
海星 SSM 4連装発射筒 2基
爆雷 複数
C4I CEROS 200 FCS
サムスン・タレス FLIR/EOTS
レーダー LIG Nex1 SPS-540K 3次元式 1基
STX RadarSys SPS-100K 水上捜索用 1基
電子戦
対抗手段
LIG Nex1 SLQ-200(V)K Sonata ECM装置
KDAGAIE MK2 チャフ/フレア発射機

犬鷲型ミサイル艇(コムドクスリかたミサイルてい、: Gumdoksuri class patrol vessel: 윤영하급 고속함)は、大韓民国海軍ミサイル艇の艦級。1番艇をネームシップとして尹永夏級と称されることもある。

概要[編集]

犬鷲型は、大鷲型の後継となる沿海哨戒用のミサイル艇である。計画では、高度な戦闘システムと対艦ミサイルと砲熕兵器が連接されたことにより、浦項級コルベットの任務の一部を代替することも可能になり、北朝鮮と武力衝突が繰り返されている北方限界線近くの西海五島付近の海域に仁川級フリゲートと共に投入される予定である。当初は24隻を建造する計画であり、これに10隻追加建造する構想もあったが[1]、最新の計画では当初の計画から6隻減じた18隻を建造する計画である[2]。1隻あたりの建造費は850億ウォンである[2]

1番艇は第2延坪海戦で戦死したチャムスリ級357番艇の尹永夏(ユン・ヨンハ)艇長から名付けられ、初代艇長には第1延坪海戦で活躍したアン・ジヨン少領が任命された。

本級の初期型に関しては様々な欠陥が報道されていた。1番艇は就役前に、ウォータージェットエンジンから潤滑油が漏れる、ディーゼルエンジンのエアタンクから空気が漏れる、航海レーダーが消える等の理由で61件の改修を行い、さらに就役後2カ月間だけでも、ウォータージェットエンジンのタービン翼と冷却装置が腐食する、ディーゼルエンジンから潤滑油と燃料油が漏れる、磁気羅針盤に20度以上の誤差が出る、艦内通信システムの交信が不可能などの理由で95件の改修を余儀なくされた。その後もレーダーとエンジンに再び欠陥が発見されたことから改修の必要が生じ、大青海戦中も改修中で参戦できなかった[3]。これらの問題が完全に解決されていないため、1番艇は就役後も極めて運用が低調である。2番艇以降は外国製のウォータージェット推進装置に変えて新たに韓国の斗山が独自開発した推進装置を装備するが、これが原因で、高速走行時に直進できなかったり、推進軸のベアリングの問題により速度が急に落ちる等の新たな欠陥が発生し、戦力化が当初の2010年9月末から2012年8月以降に遅延していた[4]

2014年現在、以上の問題は解決され[5]、同年4月1日には15番艇が就役しているが[6]、2015年には新たに現代WIA製76mm速射砲の欠陥が提起されている(#事件・事故)。

本級とあわせて運用する予定の、より小型の200トンクラスのPKG-Bを36隻建造することも計画中である[2]

同型艇[編集]

末尾が4と0のPKG-714、PKG-720、PKG-724、PKG-730は欠番。PKG-711~PKG-717は第2延坪海戦の戦死者、PKG-718~は朝鮮戦争時の将軍や戦功者の名前、PKG-729はベトナム戦争での戦功者の名前である。

番号 艦名 建造 進水 就役
PKG-711 尹永夏
(ユン・ヨンハ)
韓進重工業 2007年
7月6日
2008年
12月17日
PKG-712 韓相国
(ハン・サングク)
STX造船海洋 2009年
9月23日
2011年
9月14日
PKG-713 趙天衡
(チョ・チョンヒョン)
PKG-715 黄道顯
(ファン・ドヒョン)
2009年
12月11日
2012年
1月13日
PKG-716 徐厚源
(ソ・フウォン)
2011年
11月28日
PKG-717 朴東赫
(パク・ドンヒョク)
韓進重工業 2010年
7月28日
PKG-718 玄時學
(ヒョン・シハク)
PKG-719 鄭兢謨
(ジョン・グンモ)
2010年
11月2日
2011年
12月19日
PKG-721 池德七
(ジ・ドクチル)
2011年
12月23日
PKG-722 林炳来
(イム・ビョンレ)
STX造船海洋 2012年
11月20日
2013年
9月3日
PKG-723 洪時旭
(ホン・シウク)
2013年
10月10日
PKG-725 洪大善
(ホン・デソン)
2013年
11月4日
PKG-726 韓文植
(ハン・ムンシク)
韓進重工業 2013年
4月24日
2014年
1月28日
PKG-727 金昌学
(キム・チャンハク)
2014年
3月4日
PKG-728 朴東鎭
(パク・トンジン)
2014年
4月1日
PKG-729 金寿鉉
(キム・スヒョン)
STX造船海洋 2014年
4月30日
2014年
9月30日
PKG-731 (イ・ビョンチョル) 2014年
11月28日

事件・事故[編集]

  • 2013年11月25日未明、韓国慶尚南道昌原市鎮海区STX造船海洋造船所岸壁で艤装中の本艇1隻が、波浪により水没する事故が発生した。死傷者はなかったが[7]水没艇は修復不可能となったため放棄し、2015年1月末から新たに新造することになった。STX側は天災による事故を理由に納期延長を申請したが、軍側はこれを認めず遅滞賠償金の支払いを求めて紛糾している[8]
  • 2014年、韓国軍全体の納入品偽装問題が明らかになる過程で、犬鷲型の「尹永夏」も本来フランス製であるべき電子機器冷却ファンなどが、台湾製にすり替えられていた事実が発覚している[9]
  • 2015年1月22日、「PKG-715黄道顯」で76mm速射砲の暴発事故が発生、一等兵が頭部に重傷を負い、同年7月17日に死亡した[10]。本級の現代WIA製76mm速射砲は、退役艦に装備されていたオート・メラーラ製の76mm速射砲に対して韓国が独自に改良を施して転用したものであり[11]、オート・メラーラは特許侵害により営業損害を受けたとして訴訟を起こしたが、大法院に退けられていた[12]。2014年10月に北方限界線を侵犯した北朝鮮艦艇に警告射撃を行った際に、「PKG-713趙天衡」の現代WIA製76mm速射砲が突然作動を停止したことは判明していたが、この事故を受けて、北方限界線での不発事案発生直後に2度行われた発射試験でも不発弾が発生していたことを韓国海軍が隠蔽していたことが判明した。またこれらに先立つ2014年4月にも、「PKG-716徐厚源」の現代WIA製76mm速射砲が異常動作していたことが判明した[13]。これら5件の事案により、現代WIA社が行った76mm速射砲事業に根本的に欠陥があった疑いが提起されている[14]

出典[編集]

  1. ^ 軍“서해 방어 유도탄고속함 10대 더 도입”、東亜日報 2011年7月13日
  2. ^ a b c “차기고속정 30여척 건조“、naeil.com 2011年8月31日
  3. ^ "걸핏하면.." 최신예 고속함 '하자투성이'、SBSニュース 2009年11月13日
  4. ^ "欠陥だらけ"高速艦‥西海戦力化、また遅延、MBCニュース 2011年8月28日
  5. ^ 열 번째 유도탄고속함 ´임병래함´ 해군에 인도
  6. ^ 해군 15번째 유도탄 고속함 '박동진함' 취역、連合ニュース 2014年04月1日
  7. ^ 強風により建造中の海軍高速艇1隻沈没、聯合ニュース 2013年11月25日
  8. ^ ‘건조중 침수’ 유도탄고속함 대체 함정 건조 世界日報 2015年1月24日
  9. ^ “韓国原発、「欠陥・事故」続出の恐ろしき実態…偽造部品納入は当たり前、放射能漏れ数値は18倍増に修正”. 産経新聞社. (2015年1月2日). http://www.sankei.com/west/news/141107/wst1411070063-n1.html 2015年1月2日閲覧。 
  10. ^ 韓国海軍の高速艦が故障で誤射、水兵の頭に直撃し死亡=韓国ネット「就役から3年もたってないのに…」「海軍のほぼすべての事業に不正が絡んでいる」 record china 2015年7月28日
  11. ^ 함정 ‘함포 오작동’ 포탄 발사 사고…병사 1명 중상 KBS 2015年1月22日
  12. ^ 「西海英雄達が先端高速艇となって西海を守る」朝鮮日報 2009年9月24日
  13. ^ 76㎜ 함포에서 오작동 불발탄…책임 주체는 불분명 KBS 2015年2月19日
  14. ^ 76mm 함포, 시험 사격서도 이상..해군 '쉬쉬' KBS/daum 2015年2月12日

関連項目[編集]

同時期に建造された、諸外国のミサイル艇

外部リンク[編集]