ケイ・セージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ケイ・セージ
生誕 1898年6月25日
ニューヨーク州オールバニ
死没 1963年1月8日(64歳)
コネチカット州ウッドベリー
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
著名な実績 画家
代表作 Wikipedia英語版のギャラリー
運動・動向 シュルレアリスム
この人に影響を
与えた芸術家
イヴ・タンギー

ケイ・セージ(Kay Sage、1898年6月25日 - 1963年1月8日)はアメリカ画家詩人シュルレアリスムのアーティストの一人。本名はキャサリン・リン・セージ(Katherine Linn Sage)。夫は同じく画家のイヴ・タンギー

生涯[編集]

1898年ニューヨーク州オールバニで、裕福な家庭の次女として生まれる。

セージはバージニア州フォックスクロフト・スクールに進学、そこで美術収集家のフローラ・ペイン・ホイットニーホイットニー美術館創立者)と知り合い、生涯の友人となる。

美術学校に進学するために、1920年代初頭にイタリアラパッロに移住。そこで小説家のラニエリ・ディ・サン・ファウスティーノ(Ranieri di San Faustino)と出会い、1924年に結婚。しかし、裕福な夫の婦人でいることに不満を抱き、結婚からおよそ10年後に離婚。より芸術的な志を追求し始め、フランスを訪れてシュルレアリスムの運動に参加した。

イヴ・タンギー[編集]

1937年ごろ、セージは彫刻家ハインツ・ヘンゲスから、後の夫であるイヴ・タンギーを紹介された。その後第二次世界大戦が勃発し、セージはすぐにアメリカへ帰国、タンギーを含むフランスの画家仲間をアメリカに避難させる準備を進めた。

1940年8月17日、セージとタンギーはネヴァダ州リノで結婚。第二次世界大戦が終戦を迎えると、二人はコネチカット州ウッドベリーに家を構え、そこを仕事場にした。

1955年、タンギーの突然の死にセージは大きなショックを受け、手がける作品数も目に見えて減少した。そんな中彼女は、亡き夫タンギーの作品をまとめた目録を編集、8年がかりでタンギーの全作品463点をまとめた目録を完成させた。

自殺[編集]

1959年、セージは最初の自殺を試みるが失敗、未遂に終わった。1963年1月8日(タンギーの誕生日の3日後)に二度目の自殺を図り、死亡した。64歳であった。セージの遺灰は、友人のピエール・マティスによって、タンギーの遺灰と共にブルターニュ半島の海岸にまかれた。

作品[編集]

関連項目[編集]