メレット・オッペンハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メレット・オッペンハイム
生誕 1913年10月6日
ドイツの旗 ドイツ ベルリン
死去 1985年11月15日(72歳)
スイスの旗 スイス バーゼル
国籍 スイスの旗 スイス
分野 芸術家写真家
芸術動向 シュルレアリスムダダ
代表作
毛皮の朝食 (1936年)
テンプレートを表示

メレット・オッペンハイム(Meret Oppenheim、1913年10月6日 - 1985年11月15日) は、スイスの女性芸術家画家写真家シュルレアリスムダダに参加した女性アーティストとして知られる。

略歴[編集]

1913年に、ベルリンに生まれた[1]。父親はドイツ人、母親はスイス人であった。

18歳の時に、パリグランド・ショミエール・アカデミー (en)に入学。アルベルト・ジャコメッティジャン・アルプマン・レイなどに出会い、シュルレアリスム運動に参加した。マン・レイの写真集のためにヌードモデルになった。ジャコメッティやアルプとは合同で展覧会も開催し、オッペンハイムは1960年までその展覧会に協力していた。国際的なシュルレアリストの展覧会にも積極的に参加し、ロンドンパリメキシコニューヨークリヨンなど各都市での展示を行った[1]

1985年バーゼルで死去。

オッペンハイムが残した有名なフレーズに「誰もあなたを自由にはしない、そのことを理解せねばならない」(Nobody will give you freedom, you have to take it.)[2]がある。

作品[編集]

オッペンハイムの作品で最も知られているのは『毛皮の朝食』(1936年)である。これはカップソーサースプーンガゼルの毛皮で包んだオブジェで、シュルレアリスムのオブジェとして最もよく知られているもののひとつである[3]。この作品は、ニューヨーク近代美術館に収蔵されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Rosement 2000. p.74
  2. ^ L. J. Young 1997. Nobody will give you freedom, you have to take it. Performing Arts Journal 19(1) pp.46-51
  3. ^ サイモン・ウィルソン、新関公子訳『アートライブラリー シュルレアリスムの絵画』(西村書店)p.20

参考文献[編集]

  • Rosemont, Penelope (2000). Surrealist women: an international anthology. Continuum International Publishing. 
  • Kleiner, Fred S.; Mamiya, Christian J. (2005). Gardner's art through the ages (12th ed.). USA: Thompson Learning Co.. pp. 999–1000. 
  • Slatkin, Wendy (2001). Women Artists in History (4th ed.). USA: Pearson Education. pp. 203–204. 
  • Meyer-Thoss, Christiane (1996). 'Meret Oppenheim: Book of Ideas'. Early Drawings and Sketches for Fashion, Jewelry, and Designs.. Gachnang & Springer. ISBN 978-3-906127-51-4.  With Photographs by Heinrich Helfenstein. Translated from German by Catherine Schelbert.

外部リンク[編集]