ドロテア・タニング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドロテア・タニング
Dorothea Tanning
生誕 1910年8月25日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国イリノイ州ゲイルスバーグ
死没 2012年1月31日(101歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク州マンハッタン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
著名な実績 絵画、版画家、彫刻家、作家
代表作 誕生日
運動・動向 シュールリアリズム


ドロテア・タニング: Dorothea Tanning1910年8月25日 - 2012年1月31日)は、シュルレアリスム画家版画家彫刻家作家マックス・エルンストの妻でもあった。

経歴[編集]

アメリカ合衆国イリノイ州ゲイルスバーグに生まれる。亡命してきたエルンストと出会い、結婚。第二次世界大戦後にフランスに移住した。

彼女の絵画は、現実のものと想像上のものとが入り混じった、夢のような、あるものは優雅な、あるものは邪悪な、あるものは妄想的なイメージを、写実的に描くもので、独特な世界を形作っている。絵は独学であるという。

2012年1月31日、ニューヨークマンハッタンの自宅で死去[1]。101歳没。夫エルンストの眠るパリペール・ラシェーズ墓地に埋葬された。

日本における紹介[編集]

長い間、日本で紹介されることはなかったが、東京渋谷のギャラリー・アートスペース美蕾樹(ミラージュ)で紹介されたのがはじめとも言われている。『ドロテア・タニング ドロテアの美しい物語』(巌谷國士、アート・スペース美蕾樹、1984年)を参照。

参考文献[編集]

  • シュルセクシュアリティ シュルレアリスムと女たち1924-47/PARCO picture backs/ホイットニー・チャドウィック・著/伊藤俊治・長谷川祐子・訳/PARCO出版局/1989年
  • 『ドロテア・タニング』(ドロテア・タニング著、荒川裕子訳、彩樹社、1993年)


関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Dorothea Tanning dies at 101; artist and poet married Max Ernst Los Angeles Times 2012年2月5日閲覧

外部リンク[編集]