ピエール・ルヴェルディ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメデオ・モディリアーニによるルヴェルディ像、1915年

ピエール・ルヴェルディPierre Reverdy1889年9月13日 - 1960年6月17日)は、フランス詩人

来歴[編集]

1876年、フランスのナルボンヌで生まれる。両親の離婚後学業を断念。パリに趣き、パブロ・ピカソジョルジュ・ブラックアンリ・マチスらと交流。アポリネールマックス・ジャコブと共に新しい詩の世紀を切り開いた。詩誌『南北』を刊行し、キュビスムの理論家として特に散文詩に優れ、イメージの自由な構成によって、夢幻的・超現実的な詩的宇宙を創り出し、シュールレアリスムの先駆者となる。『散文詩』、句読点を廃した『楕円形の天窓』、詩句のはじまりをずらす印字法を取り入れた『屋根のストレート』など、余白をも含めた視覚的な効果を重んじた。

主な日本語訳書[編集]

  • ピエール・ルヴェルディ詩集(佐々木洋訳、七月堂、2010) ISBN 978-4879441553

参考文献[編集]

外部リンク[編集]