インドミタブル (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
HMS Indomitable (92) underway 1943.jpg
艦歴
発注 1937年7月6日
起工 1937年11月10日
進水 1940年3月26日
就役 1941年8月26日
退役
除籍
その後 1955年にスクラップとして売却
性能諸元
排水量 23,000 トン
全長 230 m
全幅 29.0 m
吃水 8.83 m
機関
速力 最大30.5 ノット
航続距離 14ノットで11,000海里
乗員 士官、兵員1,329名から2,100名
兵装 4.5インチ対空砲8門、2ポンド対空砲48門
搭載機 本文参照

インドミタブル (HMS Indomitable, 92) はイギリス海軍航空母艦イラストリアス級の改良型で搭載機数の増加が図られている。ヴィッカース・アームストロング社(バロー・イン・ファーネス)にて建造された。

設計[編集]

搭載機変遷
1941年10月 計12機 800Sqn(フルマー×12)
1942年4月 計45機 800Sqn(フルマー×12)+827Sqn(アルバコア×12)+831Sqn(アルバコア×12)+880Sqn(シーハリケーン×9)
1942年5月 計45機 800Sqn(フルマー×8)+806Sqn(フルマー×4)+827Sqn(アルバコア×12)+831Sqn(アルバコア×12)+880Sqn(シーハリケーン×9)
1942年8月 計58機 800Sqn(シーハリケーンIB×12)+806Sqn(マートレットII×10)+827Sqn(アルバコア×12)+831Sqn(アルバコア×12)+880Sqn(シーハリケーンIB×12)
1943年5月 計45機 807Sqn(シーファイアLIIC×12)+817Sqn(アルバコア×15)+880Sqn(シーファイアIIC×14)+899Sqn(シーファイアIIC×14)
1944年8月 計48機 815Sqn(バラクーダII×12)+817Sqn(バラクーダII×12)+1839Sqn(ヘルキャット×12)+1844Sqn(ヘルキャット×12)
1944年12月 計50機 857Sqn(アベンジャーII×21)+1839Sqn(ヘルキャットI×15)+1844Sqn(ヘルキャット×14)
1945年1月 計50機 857Sqn(アベンジャーII×21)+1839Sqn(ヘルキャットI×15)+1844Sqn(ヘルキャットI×14)
1945年2月 計44機 857Sqn(アベンジャーII×15)+1839Sqn(ヘルキャットI・II×15)+1844Sqn(ヘルキャットI・II×14)
1945年5月 計48機 857Sqn(アベンジャーII×15)+1839Sqn(ヘルキャットI・II×17)+1844Sqn(ヘルキャットI・II×16)

艦歴[編集]

1941年11月18日にインドミタブルはイギリスからカリブ海へ向けて出航した。バミューダ諸島経由で11月3日にジャマイカキングストンに到着したが、そこで座礁した。この修理に1ヶ月弱かかったため同艦はマレー沖海戦に間に合わずプリンス・オブ・ウェールズレパルス喪失の一因となった。修理はアメリカのノーフォークでおこなわれた。

1942年のペデステル作戦時に撮られた本艦。

修理完了後、12月18日に出航し南アフリカ経由で1942年1月11日にアデンに到着した。インドミタブルは、シンガポールへ50機のハリケーン戦闘機を輸送する任務(セモリナII作戦)につくためポート・スーダンへ移動し、そこでハリケーンを搭載した。ただし、搭載時に2機が損傷したため、実際に搭載したハリケーンは48機であった。また、航行中に戦況悪化のため戦闘機の輸送先はバタビアに変更された。インドミタブルは1月15日にポート・スーダンから出航し、1月27日に28日にハリケーンを発進させ、2月2日にトリンコマリーに寄港した。2月25日、ポート・スーダン到着。インドミタブルは再び48機のハリケーン戦闘機を載せ2月27日に出港した。今度の輸送先はセイロン島であった。

1942年5月、イギリス軍はアイアンクラッド作戦マダガスカル侵攻作戦)を発動した。この目的は日本軍がマダガスカルを潜水艦の基地とすることの阻止であった。インドミタブル、空母イラストリアスや他の多数の艦艇は作戦準備のため南アフリカダーバンに集結した。攻撃は5月5日にクーリエ湾で開始された。5月8日にインドミタブルはフランス潜水艦モンジュの雷撃を受けるが魚雷ははずれ、モンジュは駆逐艦アクティヴパンサーにより撃沈された[1]

次にインドミタブルが参加した作戦は8月に実行されたペデスタル作戦であった。これは大規模なマルタへの輸送作戦であった。インドミタブルは喜望峰経由で大西洋に入り、他の参加艦艇と合流後地中海に入った。作戦中の8月12日に爆弾が命中して損傷し44名が戦死した。この損傷の修理はリヴァプールで行われた。

修理完了後、インドミタブルはシチリア島上陸作戦(ハスキー作戦)に投入された。7月16日マルタ北東沖でJu 88の雷撃で損傷した。アメリカのノーフォークでおこなわれた修理は1944年5月まで要した。

1944年に撮られた本艦。着艦中の戦闘機はグラマン F4F マートレット

修理完了後イギリスに戻り、1944年6月12日に空母ヴィクトリアスと共にイギリスを離れ、地中海経由で7月7日にコロンボに到着した。東洋艦隊に編入されたインドミタブルは、8月19日にヴィクトリアス、戦艦ハウなどと共に出撃し、8月24日にスマトラ島空襲を行った。(バンクェット作戦)。これ以降、9月18日にスマトラ島空襲、10月17日と19日にニコバル諸島空襲を実施した。

太平洋艦隊が新たに編成されると、インドミタブルもそれに加わり、スマトラ島の製油所攻撃(ロブソン作戦レンティル作戦メリディアン作戦)に参加後沖縄戦に参加した。1945年5月4日、インドミタブルは特攻機の突入を受けた。5月20日、駆逐艦クィリアムと衝突。

1945年11月、インドミタブルはイギリスに戻った。1947年から1950年にかけて近代化改装がおこなわれその後本国艦隊に編入された。1953年10月に予備艦となり1955年にスクラップとして売却された。

脚注[編集]

  1. ^ Paul Auphau, Jacques Mordal, The French Navy in World War II, United States Naval Institute, 1959, p.205

参考文献[編集]

  • Neil McCart, The Illustrious & Implacable Classes of Aircraft Carrier 1940-1969, Fan Publications, 2000, ISBN 1-901225-04-6
  • BRITISH AND EMPIRE WARSHIPS OF THE SECOND WORLD WAR(Naval Institute Press)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]