トーマス・フィリップス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・フィリップス

トーマス・スペンサー・ヴォーン・フィリップス(Thomas Spencer Vaughan Phillips、1888年2月19日 - 1941年12月10日)は、イギリス軍人。最終階級は海軍大将。1941年12月10日、マレー沖にて日本軍の攻撃により乗艦プリンス・オブ・ウェールズと運命をともにして戦死。詳しくはマレー沖海戦を参照。ニックネームは短躯から「親指トム」(Tom Thumb)。

経歴[編集]

1888年2月19日グラスゴーに生まれる。1903年に士官候補生として海軍に入隊し、好成績で卒業。1938年、駆逐艦艦隊の司令を務め、1939年には軍令部次長を拝命。1941年11月25日、海軍大将に昇格。11月29日航空機シンガポールに着任。12月2日には東洋艦隊司令官に就任した。8日、戦艦プリンス・オブ・ウェールズに座乗、僚艦に巡洋戦艦レパルスを従えてシンガポール軍港を出撃した。この艦隊には当初、空母インドミタブルほか軽巡洋艦駆逐艦数隻が随伴する予定だったのだが、空母はバミューダ島において座礁してしまい、他の艦も修理中であったり、低速であるなどして参加しなかった。プリンス・オブ・ウェールズは日本軍の潜水艦に捕捉され、サイゴンツドゥムThu Dau Mot)から発進した日本軍航空隊の数度に亘る攻撃により、1941年12月10日1450(午後2時50分)に沈没した。レパルスはそれより40分ほど前の1403(午後2時3分)に沈没した。フィリップスは参謀に退艦を促されたが、"No thank you."と言って拒み、プリンス・オブ・ウェールズ艦長、ジョン・リーチも同じく拒否した。参謀は泣きながら艦を後にしたという。

外部リンク[編集]