ギュンター・リュッチェンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
「カールスルーエ」艦長当時のリュッチェンス大佐

ギュンター・リュッチェンスGünther Lütjens, 1889年5月25日 - 1941年5月27日)は、ドイツ海軍軍人。最終階級は海軍大将。ドイツ艦隊司令官。騎士鉄十字章受賞。

ヴィースバーデン生まれ。ライン演習作戦中に戦艦ビスマルク艦上で戦死。

戦後の西ドイツ海軍リュッチェンス級駆逐艦の1番艦にその名が冠されている。

生涯[編集]

初期の軍歴[編集]

リュッチェンスは1907年にドイツ帝国海軍学校に入学した。当初の数年は巡洋艦フレイヤに乗り組んだが、任官後は1910年まで戦艦エルザス、その後1913年まで装甲巡洋艦ケーニヒ・ヴィルヘルム、その後第一次世界大戦終結まではフランドル沿岸において魚雷艇の艦長としてダンケルク攻撃などに参加した。

戦後、1918年から海運会社に勤めたが、1921年に新生ドイツ海軍に士官として復帰した。1925年までは第三魚雷艇隊に所属し、後に隊の司令官となった。1933年には軽巡洋艦カールスルーエの艦長となった。1936年には海軍人事部長となった。1937年には魚雷艇部隊の総指揮官となり、少将に昇進した。1938年11月には、いわゆる水晶の夜を非難する署名が行われた時に、それに反対した三人の提督の一人だった。

第二次世界大戦[編集]

第二次世界大戦が始まると、リュッチェンスは偵察部隊の司令官となった。1940年4月のデンマークノルウェー侵攻作戦(北欧侵攻)では、北海巡洋戦艦シャルンホルストグナイゼナウを含む援護艦隊を指揮して、英巡洋戦艦レナウンと交戦した。1940年6月には、戦艦戦隊の司令官及び第二次世界大戦のドイツ艦隊の三代目の司令長官(イギリスの本国艦隊司令長官に相当)に就任した。

前任者のヴィルヘルム・マルシャル中将は、海上作戦においてしばしば海軍総司令部と艦隊司令長官の裁量範囲について衝突した。彼はシャルンホルスト以下を率いて行動中にノルウェーから撤退する連合軍部隊を発見、命令にそむいてこれを攻撃し、英航空母艦グローリアスと護衛の駆逐艦アカスタアーデントを沈めたが、シャルンホルストも魚雷攻撃を受けて損傷した。この命令違反によってマルシャルはリュッチェンスと交代させられた。初代の司令長官も同様の理由で交代させられたため、リュッチェンスは命令に一字一句従うことに決めた。

1941年初めにはシャルンホルスト、グナイゼナウを率いて大西洋で通商破壊作戦に従事し、11万5千トンに上る連合国商船を沈めてフランスブレストに帰還した。

ビスマルクでの最初で最後の作戦[編集]

次いで、リュッチェンスは、ビスマルク、シャルンホルスト、グナイゼナウと新たに就役したティルピッツの全戦艦を率いて、大西洋での一大通商破壊作戦であるいわゆるライン演習作戦を指揮することとなった。いくつかの理由から、ティルピッツと二隻の巡洋戦艦は参加できず、ビスマルクと重巡洋艦プリンツ・オイゲンのみで行われることとなった。

引き続く戦闘については、ビスマルクの項に詳しい。最後の戦闘で戦艦キング・ジョージ5世の14インチ砲弾の一斉射撃によって大口径弾がビスマルクの船首方向から貫通し、恐らく弾薬庫の誘爆を引き起こして、二基の前部主砲塔を含む船体の前部の大半が破壊された。この時、艦橋と中央砲戦指揮所が破壊され、リュッチェンスは多数の士官が戦死した時に一緒に戦死したものと思われる。