いっき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
いっき
ジャンル アクションゲーム
対応機種 アーケード [AC]
ファミリーコンピュータ [FC]
iアプリ(i)
Wiiニンテンドー3DSWii Uバーチャルコンソール)[VC]
開発元 [FC] サンソフト[1]
(i) スペースアウト
発売元 [AC] ナムコ
[FC][VC FC](i) サンソフト
[VC AC] D4エンタープライズ
人数 1~2人
メディア [FC]192Kbitカセット
発売日 [AC] 1985年7月
[FC] 1985年11月28日
[Wii・VC FC] 2007年1月16日
[Wii・VC AC] 2012年7月24日
[3DS・VC] 2013年2月13日
[Wii U・VC] 2013年5月22日
テンプレートを表示

いっき』は、サンソフト(サン電子)から1985年7月にリリースされたアーケードゲームである。

概要[編集]

元はアーケードゲームだが、一般に、1985年11月28日に発売されたファミリーコンピュータ(以下ファミコン)向けの移植版の方が知名度が高い。ジャンルは多方向スクロールのアクションゲームとされることが多いが、内容的にはシューティングゲームの要素を多く含むゲームである。音楽は小井洋明が手がけている。売り上げ本数は好調で、『いっき萌バイル』の携帯サイトにミリオンセラーと紹介されているが、実際には100万本以上は生産されていない。本作の好調から1986年の『東海道五十三次』、1987年の『水戸黄門』といった時代劇シリーズに繋がってゆく。

移植[編集]

2000年代のレトロゲームブーム以降、断続的に新プラットフォームへの移植、リメイクが続いている。

概説[編集]

農民の「ごんべ(権べ)」を操作し、悪代官の屋敷まで殴りこみにいくという内容。2人協力プレイも可能で、プレイヤー2は「たご(田吾)」を操作する。

当時としては珍しく縦書きの日本語を多用したメッセージ表示が特徴でプレイデモやオープニングデモステージの合間など色々な場面で表示される日本語メッセージは独特の雰囲気を醸し出していた。登場人物の台詞の内容は時代劇の内容を誇張したようなギャグテイストになっている。

ゲームシステム[編集]

8方向レバーでプレイヤーの移動を行い、1個のボタンで攻撃を行う。プレイヤーが使用する武器はであり、ボタンを押すことでキャラクターが鎌を投げる。投げる方向はプレイヤーには決定できず、一番近い敵キャラクターに向かって鎌を投げる。

画面右側は得点表示とマップ表示のためのスペースがある。マップには小判の位置が表示される。実際のマップ上では壁などに遮られ、遠回りしないと小判を取れないことがある。ファミコン版ではマップ表示はない。

敵キャラクターは黒装束の忍者、赤装束の忍者、爆弾忍者、イノシシなどが出現する。赤装束の忍者は黒装束の忍者よりも素早く移動するため倒しにくいが、倒すと倍の得点が手に入る。ファミコン版ではいくつかの敵キャラクターは登場しない。

忍者の体当り、あるいは忍者や鉄砲隊の飛び道具に接触するとミスとなり残り人数が減る。残り0の状態でミスするとゲームオーバー

たまに出現する幽霊(妖怪)に憑依されると、しばらく鎌を投げられない状態になる。この状態で地蔵もしくは狛犬に触れると即座に祓うことが出来る。同様に出現するたらこ唇が特徴の腰元に抱き付かれると、しばらく移動できない状態になる。忍者の手裏剣や体当たりを避けられなくなるので、幽霊よりも厄介な存在である(iアプリ版では出現しない)。

マップに落ちている小判8枚を全て拾うか、ランダムで出現する代官を捕まえればステージクリア。全8面構成。ファミコン版では、4つのマップと小判の配置が異なる裏マップを合わせた合計8ステージ構成。ステージをクリアするとまた最初のマップに戻り、ゲームが終了することなく無限にループする。iアプリ版では表・裏の各2回=16ステージをクリアするとゲーム終了。

アイテム[編集]

ファミコン版のアイテムは以下の通り。

竹槍
一定時間、自動で竹槍を突き出す攻撃ができるようになる。この間で獲得できる得点は上昇し移動スピードも上がるが、画面上方の近接した敵にしか攻撃できない。
竹槍を取得すると一定時間、武器が竹槍になるが鎌が投げられなくなる上にプレーヤーキャラクターの直上にいる敵にしか攻撃できなくなるという不利益が発生する。ただこの竹槍を取得している状態では通常時よりも移動速度が上昇し、敵を倒すと高得点を得ることが出来る。
AC版ではFC版と異なり、前方からの手裏剣攻撃に対して完全無敵という特性が付く。
大根
移動スピードがアップする。
葉っぱ
分身して無敵になるが攻撃力は2倍にならない。
巻物
プレイヤーが1UPする。
ファミコン版では地蔵が持っている煙を取るとステージクリア後にボーナスステージに行ける。
千両箱
ファミコン版には登場しない。取得するとプレイヤーキャラが大笑いするアクションが発生するがその間は移動ができなくなるため、忍者の手裏剣にやられることが多い。ただし、高得点を得られるというメリットが存在する。PS3版で復活した。

ボーナスステージ[編集]

おにぎりを取得しているとステージクリア後にボーナスステージに進める。ファミコン版では地蔵が持っている煙を取るとステージクリアのあとボーナスステージに進める。

仙人がおにぎりを計10個投げ、それをプレーヤーがキャッチすると得点が入る。おにぎりが投げられる距離はランダムである。全てキャッチできればボーナスとして残り人数が1人増える。プレーヤーの移動速度の関係で全てのおにぎりをキャッチできることは少ない。仙人の近く(画面左側)に投げられた直後、遠く(画面右側)に投げられたりするとどちらかをあきらめねばならない。確実にボーナスを狙うには2人同時プレイを行い、遠・近位置で分担する必要がある。

なおiアプリ版では画面そのものが狭いため、1人でキャッチ不可能となることはなくなった。ただし、ファミコン版に比べおにぎりの落下速度が速くなっている。

この「おにぎり投げ」のボーナスステージは本作以後サンソフト作品の名物となり、『デッドゾーン』(1986年)や『水戸黄門』(1987年)にも登場する。

備考[編集]

基本コンセプトについて
生活苦にあえぐ農民たちが蜂起するという設定は百姓一揆を元にしている。しかし味方サイドのキャラクターはプレイヤーキャラクターの1-2人のみで他の仲間は一人もおらず、「一人でも一揆ができる」「一揆なのに、なぜか敵が忍者である」など荒唐無稽でコメディチックなアクションゲームである。
「クソゲー」の語源
イラストレーターのみうらじゅんは本作のファミコン版を遊び、「一揆は一人や二人でするものではない」と茶化し、「クソゲー」という言葉を定義したとされる。後年、いっき おんらいんのトレイラーでは、製作元でも伏字でネタにしている。
その他
  • 前述のようにファミコン版ではエンディングが存在せず8ステージ終了後もループが続き、少しずつ難易度が上がっていく。ステージ99をクリアするとステージ00(背景はステージ4と同一)が始まり、それをクリアするとステージ01に戻る。
  • ファミコン版では主人公がやられたときの効果音が4秒近くある一方で、ゲームオーバーの音楽は1/3秒のA2音が鳴るだけである。PS3版でも再現されている。
  • 本作の主人公・ごんべは、本作と同じサンソフト(サン電子)が発売した『アトランチスの謎』に主人公の師匠役として登場する。
  • ファミコン版では1面から8面(2周目の4面)まではクリアすると各面にシークレットレターが出てくる。このシークレットレターは、ソフト発売時のプレゼントキャンペーン応募時に必要だった。なお全てを繋ぐと「ERAWTFOS」で、反対から読むと「SOFTWARE」(ソフトウェア)となる。

いっき萌バイル[編集]

いっき萌バイル
ジャンル アクションゲーム
対応機種 S!アプリ(s)
EZアプリ(ez)
iアプリ(i)
発売元 サンソフト
人数 1人
発売日 (s) 2006年7月13日
(ez) 2006年7月20日
(i) 2008年4月21日
テンプレートを表示

いっき萌バイル』(いっきもバイル)は、2006年7月よりサン電子が配信しているS!アプリEZアプリ対応のアクションゲーム。2008年4月からiアプリでも配信している。ゲーム内容は『いっき』と同じだがクリア後にミニゲーム集がプレイ可能で、ゲーム中やミニゲームで集めた小判を使って萌え系トレーディングカード収集が可能になっている。

本編は第一幕から第七幕までの全7面で構成。旧アプリ版では登場しなかった腰元が復活した他、竹槍に忍者が投げる手裏剣を弾く効果が付加されている。また、これまで倒すことが不可能だった妖怪が倒せるように変更された。

ゲームを進めていくうちに敵のグラフィックを変更(忍者→くノ一、腰元→姫)できるようになる。

ゲーム中で拾った小判はミニゲームの掛金や「とれぇでぃんぐかぁど」の購入に使える(代官を捕まえた場合は小判10枚のボーナス)。

ミニゲーム[編集]

1周クリア後に街で以下のミニゲームが遊べるようになる。

  • いっきすろっと(小判1~3枚)
オーソドックスなスロットマシーン。小判は3枚まで投入可能だが、当たりは横一列のみ。
  • 神経衰弱(小判10枚)
お手つきは5回までで、全てめくるかお手つきを使い切るまで進行する。毎回、ランダムで決まるラッキー札を引くとボーナス小判10枚。
  • かえるれぇす(小判1枚~10枚まで)
6匹のカエルのうち、1着を予想する。
  • おにぎりキャッチ!(小判10枚)
ファミコン版のボーナスステージとほぼ同内容だが物量的に全てのおにぎりを取ることは不可能で、画面外へ投げられる場合もある。神様がおにぎり以外に小判や大判を投げることがあり、小判を中心に集めるとマイナスになりにくい。おにぎりは5個で小判1枚、大判は小判5枚分。

とれぇでぃんぐかぁど[編集]

街の「とれぇでぃんぐかぁど屋」で売っている。1袋につきかぁど3枚がランダムで入っており1シリーズにつき3人のイラストがそれぞれ16枚1組で完成するが、ダブリが出る場合もある。イラストが完成するごとに様々な特典があるが、48枚をコンプリートするたびに本編の難易度が上昇する。第2弾までコンプリートするとタイトルから特設サイトに行けるようになり、簡単なアンケート後壁紙をダウンロードできる。

第1弾(1袋小判10枚)
  • 町娘・こまち
  • 巫女・みずき
  • くノ一・あかね
第2弾(1袋小判20枚)
  • 町娘・ことね
  • 花魁・おきょう
  • 姫・もみじ

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ザ・ゲームメーカー ~サンソフト編~内のインタビューより。テキスト版
  2. ^ サンソフト公式ページ

外部リンク[編集]