Rain (大江千里の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rain
大江千里楽曲
収録アルバム1234
リリース1988年7月21日 (1988-07-21)
録音
  • 1988年
  • Smile Garage
ジャンルJ-POP
時間4分47秒
作詞者大江千里
作曲者大江千里
プロデュース大江千里
下記を参照
1234 収録曲
ROLLING BOYS IN TOWN
(3)
Rain
(4)
ハワイへ行きたい
(5)
ミュージックビデオ
「Rain(Album "Boys & Girls")」 - YouTube

Rain」(レイン)は、大江千里の楽曲。1988年に発売された7作目のオリジナル・アルバム1234』の4曲目に収録。作詞作曲は、大江千里。

楽曲が発表されて以降、槇原敬之秦基博など他のアーティストによってカバーされている。

背景[編集]

歌詞は雨が降る街並みや人を想う不安定な心情を描いたもの[1]。大江は本作の情景について「つつじヶ丘調布市にあるロータリーを想い描いていた。」としている[2]。曲の中で幾度か転調し、その瞬間で歌詞の時系列が進むという構成になっており、Aメロ部分にはカノン進行が使用されている[3]

当時ディレクターを担当していた松浦善博は、本作を聴いてシングル化を希望したが[4]、現在までにシングル・カットされていない。しかしながら、ベスト・アルバムやコンピレーション・アルバムに多く収録されているほか、他のアーティストによってカバー・バージョンが発表されるなど(後述を参照)、大江の代表曲の一つとされている。

2008年のジャズ・ピアニストへの転向後は、本作をジャズ調にリアレンジしたインストゥルメンタルとして演奏しており、2018年に発売された23作目のアルバム『Boys & Girls』には、このジャズ調のインストゥルメンタルが収録されている[5][6]

他のアーティストによるカバー[編集]

前述のとおり、「Rain」は他のアーティストによるカバー・バージョンが発表されている。

中でも槇原敬之は、1998年に発売のカバー・アルバム『Listen To The Music』で採り上げた後、2014年に発売されたカバー・アルバム『Listen To The Music 3』でも採り上げている[7]。大江は槇原のカバー・バージョンをコンサートのMCで賞賛しており、槇原は「僕らが影響を受けた時代の男性シンガーソングライターの祖のような方なので、凄く嬉しかった。」とコメントしている[8]。なお、2019年に発売のカバー・ベスト・アルバム『The Best of Listen To The Music』には、2014年に発表した音源が収録されている。

2006年に4人組バンド、TRADITIONAL BOXが発売したシングル『航海』のカップリング曲として、カバー・バージョンが収録されている。

2013年に公開のアニメ映画『言の葉の庭』では、秦基博によるカバー・バージョンが使用された[9]。このカバー・バージョンは、秦の15作目のシングル『言ノ葉』に収録されている。フジテレビ2016 FNS歌謡祭』では、本作でmiwa藤原さくらと共演[10]

この他、テレビ番組では保本真吾×関ジャニ[注釈 1]によってカバーされた[11]。2020年にはWakanaによってカバーされた[12]

収録アルバム[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 楽器の編成は、保本真吾ギター錦戸亮がギター&ボーカル丸山隆平がボーカル、村上信五キーボード&ボーカル。

出典[編集]

  1. ^ “秦 基博、大江千里「Rain」をカバー 初のアニメ映画ED曲に”. ORICON NEWS (オリコン). (2013年2月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2021886/full/ 2019年12月3日閲覧。 
  2. ^ 水白京 (2018年1月28日). 大江千里:ロングインタビュー(下) 最新刊に新海誠監督がコメント 「言の葉の庭」が結んだ“共演”. インタビュアー:水白京. MANTAN. MANTANWEB.. https://mantan-web.jp/article/20180128dog00m200011000c.html 2019年12月3日閲覧。 
  3. ^ “【関ジャム】村上信五も驚愕!プロが「やられた」と唸る名曲6選!”. UtaTen (IBGメディア). (2019年3月8日). https://utaten.com/specialArticle/index/3351 2019年12月3日閲覧。 
  4. ^ 大江千里 (1999年). 大江千里2000 JOE』のアルバム・ノーツ [ライナーノーツ]. エピックレコードジャパン.
  5. ^ ソニー・ミュージックダイレクト (2018年7月5日). “『Boys & Girls』再び!大江千里デビュー35周年記念作品が9月5日に発売決定!”. PR TIMES. https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000134.000020808.html 2019年12月3日閲覧。 
  6. ^ 田中久勝 (2018年11月23日). “大江千里 47歳でジャズピアニストを志し、58歳の今思う、“千里JAZZ”の美学と、目指すべき場所”. Yahoo!ニュース (Yahoo! JAPAN). https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakahisakatsu/20181123-00103894/ 2019年12月3日閲覧。 
  7. ^ “槇原敬之『Listen To The Music 3』発売記念! 次にカヴァーしてほしい楽曲アンケート”. TOWER RECORDS ONLINE (タワーレコード). (2014年1月21日). https://tower.jp/article/series/2014/01/21/makihara 2019年12月3日閲覧。 
  8. ^ 槇原敬之「The Best of Listen To The Music」インタビュー|ほとばしる愛を詰め込んだマッキーの成分表 (3/3). (インタビュー). 株式会社ナターシャ. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/makiharanoriyuki02/page/3 2019年12月3日閲覧。 
  9. ^ “秦 基博、大江千里「Rain」をカバー 初のアニメ映画ED曲に”. ORICON NEWS (オリコン). (2013年2月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2021886/full/ 2019年12月3日閲覧。 
  10. ^ 第1夜 | 2016 FNS歌謡祭”. フジテレビ. 2019年12月4日閲覧。
  11. ^ テレ朝POST (2019年6月16日). “『関ジャム』雨ソング特集!錦戸&丸山&村上、大江千里の名曲『Rain』を歌う”. ニフティニュース (ニフティ). https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12271-308527/ 2019年6月16日閲覧。 
  12. ^ Wakana | Wakana Covers ~Anime Classics~(通常盤) | ビクターエンタテインメント” (日本語). ビクターエンタテインメント | Victor Entertainment. 2020年12月28日閲覧。
  13. ^ “34曲すべて“グッドメロディ”のコンピに岡村靖幸、大江千里”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2014年4月22日). https://natalie.mu/music/news/115007 2019年12月4日閲覧。 
  14. ^ “堤幸彦が監修、80年代のヒット曲満載の映画「イニシエーション・ラブ」コンピ”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年5月13日). https://natalie.mu/music/news/146982 2019年12月4日閲覧。 
  15. ^ “心の降水確率100%!梅雨向けコンピ「雨の日に聴きたいJ-POPベスト」”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年5月27日). https://natalie.mu/music/news/148614 2019年12月4日閲覧。 

外部リンク[編集]