OLYMPIC (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
OLYMPIC
大江千里スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル
プロデュース 大江千里
チャート最高順位
大江千里 アルバム 年表
  • AVEC
  • (1986年 (1986)
  • OLYMPIC
  • (1987年 (1987)
  • 1234
  • (1988年 (1988)
『OLYMPIC』収録のシングル
  1. YOU
    リリース: 1987年5月21日 (1987-05-21)
テンプレートを表示

OLYMPIC』(オリンピック)は、大江千里6作目のオリジナルアルバム1987年6月21日EPIC/SONYから発売(規格品番ESCB 1245→MHCL 30087)[1]。1991年11月1日と2013年7月17日に二度、再発売。

解説[編集]

  • 前作から僅か7ヶ月の短いタームで発売。
  • 前作に続きセルフ・プロデュース作品。編曲は大村雅朗。
  • コンセプトは「明るく、強く、たくましく」である。
  • 小坂洋二は「これは全曲すごいですよ。色んなアレンジが詰まっていて、出し切った感じがあります。大村さんはあれだけのアレンジができるのに、なんであんまり曲を書かないんだろうって不思議でした」と評している[2]

収録曲[編集]

全作詞・作曲: 大江千里、全編曲: 大村雅朗
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.回転違いの夏休み大江千里大江千里
2.路上のさようなら大江千里大江千里
3.STELLA'S COUGH大江千里大江千里
4.小首をかしげるTシャツ大江千里大江千里
5.塩屋大江千里大江千里
6.エールをおくろう大江千里大江千里
7.贅沢なペイン大江千里大江千里
8.夏渡し大江千里大江千里
9.YOU大江千里大江千里
10.gloria大江千里大江千里
合計時間:

曲解説[編集]

  1. 回転違いの夏休み
  2. 路上のさようなら
  3. STELLA'S COUGH
    ベスト・アルバムSloppy Joe』に収録。
  4. 小首をかしげるTシャツ
    渡辺美里がコーラスで参加。
  5. 塩屋
    タイトルは神戸市垂水区の地名(住所上の表記は塩屋町)である。間奏の時に電車の止まる音があるが、これは塩屋駅で当時のマネージャーが実際に録音してきたもの[3]。当初、車掌の「しおや〜、しおや〜でございやす」の声を入れる予定だったが、結局ボツとなり電車の音だけが採用された。
  6. エールをおくろう
    詞は新聞の一面広告で目にしたキャッチコピー、曲はシーナ・イーストンの「モーニング・トレイン」がモチーフになっているという。
    渡辺美里がコーラスで参加。
    ベスト・アルバム『2000 JOE』に収録。
  7. 贅沢なペイン
    ベスト・アルバム『Sloppy Joe』に収録。
  8. 夏渡し
    12枚目のシングルのカップリングとして先行リリース。デビュー前にタクシーで初めて国道246号渋谷から三軒茶屋に向かった時、上をずっと並走する高速を見て感じた閉塞感から、このシチュエイションで渋谷から離れる途中に思うことを歌にしたという。
  9. YOU
    12枚目のシングルとして先行リリース。草原の中でキーボードを弾きながら歌う姿が印象的なPVも制作された。
  10. gloria
    アルバムのレコーディングが大詰めを迎えていた頃、ぼんやりと「オリンピック」というキーワードが浮かんだことから、そのコンセプトを更に強めるため「自身の感じる時の流れを回想するスピード」をスポーツに重ね合わせて詞を書いたという。

ミュージシャン[編集]

発売形態[編集]

  • LP/CT 発売:EPIC/SONY
  • CD 発売:EPIC/SONY
  • CD(規格品番:ESCB 1244・1991年11月1日 (1991-11-01))発売:EPIC/SONY RECORDS
  • ブルースペックCD(規格品番:MHCL 30087・2013年7月17日 (2013-07-17))発売:Sony Music Direct

2013年7月17日 (2013-07-17)にはBlu-spec CD2仕様でSony Music Directから再発売された。音源自体は『Senri Premium 〜MY GLORY DAYS 1983-1988』の際にリマスターされたもの[1]で、CDジャケットや歌詞カードはLP盤のものを復刻した形になっている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Sony Music Shop”. 2013年8月13日閲覧。
  2. ^ DU BOOKS刊「作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997」梶田昌史・田渕浩久著pp.137-138より。
  3. ^ 大江千里:MY BEST MEMORIES SONG|塩屋 [松井徳彦(元マネージャー)]”. 2009年2月26日閲覧。

外部リンク[編集]

SonyMusic[編集]