JR貨物ホキ1100形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR貨物ホキ1100形貨車
オホキ1100-1 2015年10月1日豊川駅
ホキ1100-1
2015年10月1日豊川駅
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本貨物鉄道
所有者 太平洋セメント
製造所 日本車輌製造
製造年 2015年
製造数 12両
常備駅 東藤原駅
主要諸元
車体色 灰色+青帯
専用種別 フライアッシュ及び炭酸カルシウム
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
荷重 35 t
実容積 50.0 m3
自重 19.5 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 2.0
台車 TR213G
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
テンプレートを表示

JR貨物ホキ1100形貨車(JRかもつホキ1100がたかしゃ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍している貨車ホッパ車)である。

概要[編集]

本形式はホキ1000形の後継形式として製作された、フライアッシュ炭酸カルシウムを専用種別とする 35t 積の私有貨車である[1][2]

記号番号表記は特殊標記符号「オ」(全長が12 m をこえるホッパ車)を前置し「ホキ」と標記する。

台車はホキ1000同様にTR213系であるが、派生型のTR213Gが新造されている。

量産先行車

2015年10月1日に量産試作車である1両が日本車輌製造豊川製作所を出場し、記号番号はホキ1100-1とされた[1]。同年11月3日からZX45Aコンテナ(リサーチキャビン)を積載したコキ104-2826と併結して静岡駅 - 西浜松駅にて試運転を行ない[1]、同年11月16日には定期列車に連結して三岐鉄道三岐線内にて走行試験を行なった[2]

量産車

2016年4月1日には量産車の3両(ホキ1100-2 - 4)が[3]、2017年3月3日に3両(ホキ1100-5 - 7)が[4]、2018年3月7日には5両(ホキ1100-8 - 12)が日本車輌製造豊川製作所を出場した[5]

脚注[編集]

出典
  1. ^ a b c ホキ1100形の試運転が開始される 交友社鉄道ファン』railf.jp 2015年11月16日掲載
  2. ^ a b ホキ1100-1が三岐線に初入線 交友社鉄道ファン』railf.jp 2015年11月17日掲載
  3. ^ 鉄道ファン』2016年7月号 {第667号} p.163
  4. ^ 【JR貨】ホキ1100とシム1 甲種輸送|RMニュース|鉄道ホビダス ネコ・パブリッシング 2017年3月8日掲載
  5. ^ ホキ1100形5両が新製される 交友社鉄道ファン』railf.jp 2018年3月8日掲載

参考文献[編集]

関連項目[編集]