国鉄ホキ4200形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄ホキ4200形貨車
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
所有者 奥多摩工業
麻生セメント三井鉱山
製造所 日本車輌製造新潟鐵工所富士重工業川崎車輛
製造年 1959年(昭和34年) - 1967年(昭和42年)
製造数 128両
消滅 1983年(昭和58年)
常備駅 奥多摩駅船尾駅
主要諸元
車体色 +黄1号の帯
専用種別 石灰石
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 8,750 mm
全幅 2,720 mm
全高 2,535 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 30 t
実容積 20.3 m3
自重 13.7 t - 14.1 t
換算両数 積車 4.5
換算両数 空車 1.5
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 4,900 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄ホキ4200形貨車(こくてつホキ4200がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍したホッパ車である。

本形式を改造したホキ34200形についてもここで解説する。

ホキ4200形[編集]

概要[編集]

本形式は石灰石輸送用として1959年(昭和34年)5月21日から1967年(昭和42年)2月4日にかけて日本車輌製造新潟鐵工所富士重工業川崎車輛にて128両(ホキ4200 - ホキ4299、ホキ14200 - ホキ14227)が製作された30t積の私有貨車である。この128両の製造数にはホキ14209が2両存在し全数は129両とすると記載された文献が多い。(後述)

全長は8,750mm、全高は2,535mm、台車中心間距離は4,900mm、実容積は20.3m3、自重は13.7t - 14.1tで、換算両数は積車4.5、空車1.4であり、台車はベッテンドルフ式のTR41Cである。

車体塗色はで、1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正では高速化不適格車とされて最高速度65km/hの指定車となり、識別のため記号に「ロ」が追加され「ホキ」となり黄1号の帯を巻いている。

本形式は奥多摩工業及び麻生セメント(その後三井鉱山に名義変更)が所有した。

奥多摩工業所有車(ホキ4200 - ホキ4299、ホキ14200 - ホキ14209)は奥多摩駅(製造当初は氷川駅という駅名)を常備駅として関東地方で使用され、その後一部車輛を除きホキ34200形に改造された。麻生セメント所有車(ホキ14210 - ホキ14227)は船尾駅を常備駅として九州地方で運用され、その後はホキ34200形に改造されることはなく1983年(昭和58年)11月24日に全車18両が一斉に廃車となった。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数は次のとおりである。

  • 昭和34年度 - 20両
    • 日本車輌製造 10両 (ホキ4200 - ホキ4209)
    • 新潟鐵工所 5両 (ホキ4210 - ホキ4214)
    • 富士重工業 5両 (ホキ4215 - ホキ4219)
  • 昭和35年度 - 40両
    • 新潟鐵工所 12両 (ホキ4220 - ホキ4231)
    • 日本車輌製造 16両 (ホキ4232 - ホキ4247)
    • 富士重工業 12両 (ホキ4248 - ホキ4259)
  • 昭和36年度 - 40両
    • 富士重工業 15両 (ホキ4260 - ホキ4269、ホキ4295 - ホキ4299)
    • 日本車輌製造 20両 (ホキ4270 - ホキ4279、ホキ4285 - ホキ4294)
    • 新潟鐵工所 5両 (ホキ4280 - ホキ4284)
  • 昭和37年度 - 10両
    • 富士重工業 10両 (ホキ14200 - ホキ14209)
  • 昭和41年度 - 18両
    • 川崎車輛 18両 (ホキ14210 - ホキ14227)

ホキ14209問題[編集]

鉄道公報によると1967年(昭和42年)2月1日にホキ14209 - ホキ14226が車籍編入された。この記載に誤りがないと仮定するとホキ14209は一時的にせよ2車存在したことになる。(数年後にこれらの車はホキ14210 - ホキ14227となった)このため全数はホキ4200 - ホキ4299、ホキ14200 - ホキ14208、ホキ14209a、ホキ14209b、ホキ14210 - ホキ14227の合計129両。

本来ホキ14210 - ホキ14227と記載すべき所ホキ14209 - ホキ14226とした場合ホキ4200 - ホキ4299、ホキ14200 - ホキ14227の合計128両になる。

仮に14209b(麻生セメント車でホキ14209番号車)が存在したとすると、ホキ14209bがホキ14227に書き換えた場合は129両であるが、ホキ14209bを新ホキ14210に、旧ホキ14210を新ホキ14211に...とした場合は数が更に多くなる。ホキ14209bの存在の有無に関わらず製作した両数128両とする考え方もある。

ホキ34200形[編集]

概要[編集]

国鉄ホキ34200形貨車
ホキ34200形、ロホキ34271 1987年3月29日、奥多摩駅
ホキ34200形、ホキ34271
1987年3月29日、奥多摩駅
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
改造所 日本車輌製造、富士重工業*
改造年 1976年(昭和51年)**
改造数 93両
消滅 1994年(平成6年)
常備駅 奥多摩駅
主要諸元
車体色 黒+黄1号の帯
専用種別 石灰石
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 8,750 mm
全幅 2,720 mm
全高 2,750 mm
ホッパ材質 普通鋼(一般構造用圧延鋼材)
荷重 28 t
実容積 19.5 m3
自重 15.3 t
換算両数 積車 4.5
換算両数 空車 1.6
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 4,900 mm
最高速度 65 km/h
備考 *ホキ4200形よりの改造所
**ホキ4200形よりの改造年
テンプレートを表示

奥多摩工業所有のホキ4200形は運用上人口過密地帯での運行を行っていたが、無蓋ホッパ車であるため粉じんの飛散が問題になっていた。このためホキ4200形式に1976年(昭和51年)11月より1983年(昭和58年)12月にかけてアルミニウム製(後半の改造車は鋼板製)の屋根を設け、その上にアルミニウム合金製の積込口フタ(4枚)を設置する改造工事を、日本車輌製造及び富士重工業にて行い新形式であるホキ34200形式が生まれた。奥多摩工業所有車110両(ホキ4200 - ホキ4299、ホキ14200 - ホキ14209)中93両に対して施工された。新形式番号は基本的に現番号+30000という附番方式にて行われたが、いくつかの例外がある。このため多数の欠番車が存在する。(単純にホキ34200 - ホキ34292ではない)

ホキ34200形式93両の内訳は次のとおりである。

改造年 改造所 ホキ4200番号 ホキ34200番号
1976年 - 1977年 日本車輌製造 ホキ4230 - ホキ4265 ホキ34230 - ホキ34265
1976年 - 1977年 日本車輌製造 ホキ4267 - ホキ4299 ホキ34267 - ホキ34299
1977年 日本車輌製造 ホキ14200 - ホキ14205 ホキ34300 - ホキ34305
1983年 日本車輌製造 ホキ4200 - ホキ4203 ホキ34306 - ホキ34309
1983年 日本車輌製造 ホキ4207 - ホキ4211 ホキ34310 - ホキ34314
1983年 富士重工業 ホキ4212 - ホキ4214 ホキ34315 - ホキ34317
1983年 富士重工業 ホキ4223 ホキ34318
1983年 富士重工業 ホキ4225 ホキ34319
1983年 富士重工業 ホキ14206 - ホキ14209 ホキ34320 - ホキ34323

屋根類を取り付け自重が増加したことにより荷重は28tになった。全長は8,750mm全高は2,750mm、台車中心間距離は4,900mm、実容積は19.5m3自重は15.3tで、換算両数は積車4.5、空車1.6であり、台車はベッテンドルフ式のTR41Cである。(太字はホキ4200形に対しての変更箇所)

1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に車籍を承継している。

1988年(昭和63年)から廃車が始まり、1994年(平成6年)7月までに全廃され形式消滅した。

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑』 (ネコ・パブリッシング、1997年)ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平 『RM LIBRARY 151 無蓋ホッパ車のすべて(上)』 (ネコ・パブリッシング、2012年)ISBN 978-4-7770-5322-3
  • 吉岡心平 『RM LIBRARY 152 無蓋ホッパ車のすべて(下)』 (ネコ・パブリッシング、2012年)ISBN 978-4-7770-5323-0

関連項目[編集]