国鉄ホキ1形貨車 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄ホキ1形貨車 (2代)
基本情報
車種 タンク車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
種車 ホキ1400形
改造年 1963年(昭和38年)
改造数 250両
消滅 1976年(昭和51年)
主要諸元
車体色 +黄1号
専用種別 バラスト砕石
軌間 1,067 mm
全長 8,710 mm
全幅 2,720 mm
全高 2,420 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 30 t
実容積 18.0 m3
自重 14.3 t
換算両数 積車 4.5
換算両数 空車 1.4
台車 TR17
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 4,900 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

国鉄ホキ1形貨車(こくてつホキ1がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍したホッパ車である。

概要[編集]

1958年(昭和33年)から1961年(昭和36年)にかけ、苗穂工場にてホキ1400形として250両(ホキ1400 - ホキ1649)がセキ600形から改造製作された。

改造目的は、北海道向けバラスト砕石)散布用貨車を増備することにあった。本形式は営業用の形式を称するが、専ら事業用に使用された。当時既にホキ700形が実用化されていたが、同形式は新製車のため高価格であった。

主な改造内容は2点あり、

  • ホッパー炭箱の上部を切り詰める(レール頭面より2,120mmの位置)
  • 台車の一部を改造し輪軸を10t短軸に取り替える

であった。

ホキ1400形は、1963年(昭和38年)7月26日の称号規程変更によりホキ1形に改められ全車改番された。ホキ1形としては2代目に当たる。ホキ1形(初代)は、同時にホキ3500形へ変更になった。

車体塗色は当初は一色であったが、1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正では高速化不適格車とされて、速度指定65km/hの「ロ」車となり、記号は「ホキ」と標記され、識別のため黄色(黄1号)の帯を巻いた。

荷役方式はホッパ上部よりの上入れ、側開き式による取出しであった。

全長は8,710mm、全幅は2,720mm、全高は2,420mm、台車中心間距離は4,900mm、実容積は18.0m3換算両数は積車4.5、空車1.4である。台車は、アーチバー式のTR17であった。

1976年(昭和51年)度に最後まで在籍した車が廃車になり、形式消滅した。

ホキ1400形年度別製造数[編集]

各年度による改造工場と両数は次のとおりである。

  • 1958年(昭和33年度)苗穂工場 50両
  • 1959年(昭和34年度)苗穂工場 50両
  • 1960年(昭和35年度)苗穂工場 50両
  • 1961年(昭和36年度)苗穂工場 50両

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 151 無蓋ホッパ車のすべて(上)』(ネコ・パブリッシング、2012年)ISBN 978-4-7770-5322-3

関連項目[編集]