国鉄ホキ5200形貨車 (2代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄ホキ5200形貨車 (2代)
ホキ5200形ロホキ5200 1988年1月1日斗賀野駅
ホキ5200形ホキ5200
1988年1月1日斗賀野駅
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 土佐石灰工業
種車 ホキ1800形
改造年 1963年(昭和38年)*
改造数 20両
消滅 1992年(平成4年)
常備駅 斗賀野駅
主要諸元
車体色 +黄1号の帯
専用種別 鉱石石灰石
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 9,000 mm
全幅 2,590 mm
全高 3,220 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 30 t
実容積 20.0 m3
自重 15.0 t - 16.0 t
換算両数 積車 4.5
換算両数 空車 1.4
台車 日立C-1台車→TR41D
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 5,100 mm
最高速度 65 km/h → 55 km/h
備考 *称号規程変更年
テンプレートを表示

国鉄ホキ5200形貨車(こくてつホキ5200がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍したホッパ車である。

本形式落成前に同様の任務に従事していたセム3700形についても本項目で解説する。

概要[編集]

本形式は、鉱石石灰石輸送用30t積の私有貨車である。

1958年(昭和33年)から1961年(昭和36年)にかけて、日立製作所ホキ1800形として20両(ホキ1800 - ホキ1819)が製作された。ホキ1800形は、1963年(昭和38年)7月26日の称号規程変更によりホキ5200形に改められた。ホキ5200形としては2代目にあたる。ホキ5200形(初代)は、同日ホキ5600形へ変更になった。所有者は土佐石灰工業の1社のみであり、斗賀野駅を常備駅として運用した。

ホキ5205、ホキ5206の2車は、車掌室のように見える操作室を備えていた。操作室では、編成全車の底扉の開閉を行うためのエアーシリンダーの操作を行う部屋であった。操作室付きではあるがホッパ自体のサイズは他車と同一である。

車体塗色はで、1968年(昭和43年)10月1日ダイヤ改正では高速化不適格車とされて最高速度55km/hの指定車となり、識別のため記号に「ロ」が追加され「ホキ」となり黄色(黄1号)の帯を巻いている。

荷役方式はホッパ上部よりの上入れ、底扉による下出しであった。

全長は9,000mm、全幅は2,590mm、全高は3,220mm、台車中心間距離は5,100mm、実容積は20.0m3換算両数は積車4.5、空車1.4である。落成時の台車は、日立C-1台車であったが後にベッテンドルフ式のTR41Dに変更した。

1992年平成4年)10月に最後まで在籍した17両(ホキ5200 - ホキ5202、ホキ5204 - ホキ5214、ホキ5216 - ホキ5218)が廃車になり形式消滅した。

ホキ5200形ホキ5205、1988年1月1日斗賀野駅
操作室付車

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数は次のとおりである。

  • 昭和33年度 - 10両
    • 日立製作所 10両 土佐石灰工業(ホキ1800 - ホキ1809→ホキ5200 - ホキ5209)
  • 昭和36年度 - 10両
    • 日立製作所 10両 土佐石灰工業(ホキ1810 - ホキ1819→ホキ5210 - ホキ5219)

セム3700形[編集]

国鉄セム3700形貨車
基本情報
車種 石炭車
運用者 鉄道省
運輸通信省
運輸省
日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
製造所 汽車製造
製造年 1943年(昭和18年)
製造数 12両
消滅 1963年(昭和38年)
常備駅 斗賀野駅
主要諸元
車体色
専用種別 石灰石
軌間 1,067 mm
全長 6,800 mm
全幅 2,359 mm
全高 2,618 mm
ホッパ材質 普通鋼(一般構造用圧延鋼材)
荷重 15 t
実容積 10.6 m3
自重 7.5 t
換算両数 積車 2.2
換算両数 空車 0.8
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
最高速度 65 km/h
テンプレートを表示

1943年(昭和18年)2月に12両が汽車製造にて土佐石灰工業所有車として製造された。

当時の車両規定では私有石炭車、私有ホッパー車(そもそもホッパー車なる車種が存在しなかった)が鉄道省より認められていないため、国鉄線路上を運用することは不可能であった。このため全車を鉄道省に無償譲渡した。この際形式名セム3700形が与えられた。

専属貨車として斗賀野駅を常備駅とし、当駅 - 多ノ郷駅間にて運用された。また専属車掌車としてセムフ1000形4両(セムフ1010、セムフ1078、セムフ1088、セムフ1103)が充当された。

その後車両規定が改訂され私有ホッパー車が認められ、1958年(昭和33年)にホキ1800形が製作された。同形式落成後、本形式は九州へ移動になったが、戦争中の酷使により疲弊しきっており、また少数車であったため保守に手間がかかり、1963年(昭和38年)8月12日に全車が一斉に廃車となり、同時に形式消滅となった。

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 152 無蓋ホッパ車のすべて(下)』(ネコ・パブリッシング、2012年)ISBN 978-4-7770-5323-0

関連項目[編集]