国鉄ホキ7500形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄ホキ7500形貨車
ホキ7500形、ホキ7501 1993年2月13日、美濃赤坂駅
ホキ7500形、ホキ7501
1993年2月13日、美濃赤坂駅
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 小野田セメント
富士セメント→日鐵セメント
清水工業
製造所 日本車輌製造
製造年 1967年(昭和42年) - 1968年(昭和43年)
製造数 22両
消滅 2003年(平成15年)
常備駅 東藤原駅東室蘭駅
主要諸元
車体色
専用種別 セメント
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 10,800 mm
全幅 2,706 mm
全高 3,820 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 40 t
実容積 34.2 m3 - 38.5 m3
自重 13.9 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 1.4
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 6,700 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

国鉄ホキ7500形貨車(こくてつホキ7500がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)及び1987年昭和62年)4月の国鉄分割民営化後は日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍したホッパ車である。

概要[編集]

本形式はセメント輸送用として1967年(昭和42年)から1968年(昭和43年)にかけて日本車輌製造東京支店にて22両(ホキ7500 - ホキ7521)が製作された40t 積の私有貨車である。

落成当時の所有者は小野田セメント富士セメントの2社のみであった。その後富士セメントは日鐵セメントに社名変更を行った。小野田セメント車は石蟹駅小野田港駅津久見駅東藤原駅黒崎港駅赤崎駅厚木駅、富士セメント車は東室蘭駅をそれぞれ常備駅として運用した。

1984年(昭和59年)10月12日に、小野田セメント所有車3両(ホキ7501、ホキ7508、ホキ7509)が清水工業へ名義変更され、常備駅を西濃鉄道市橋線猿岩駅とした。この3両が最も長命であったが2003年平成15年)度に廃車となり同時に形式消滅となった。

外観はホキ5700形とほぼ瓜二つであるが荷役方式が異なっていた。このためホッパ上部の配置に違いがある。荷役方式はエアスライド式のほかに電動縦型スクリューコンベアを備えたため、下出しに加え上出しも可能となった。この機能により取り出し設備の無い駅でも荷役が可能となったが、晩年にはセメントの集約化が進みこの機能も不要となり、撤去された車もある。

全長は10,800mm、全幅は2,706mm、全高は3,820mm、台車中心間距離は6,700mm、実容積は34.2m3 - 38.5m3、自重は13.9t、換算両数は積車5.5、空車1.4である。台車はベッテンドルフ式のTR41Cである。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。(所有者は落成時の社名)

  • 昭和42年度 - 8両
    • 日本車輌製造 8両 小野田セメント (ホキ7500 - ホキ7507)
  • 昭和43年度 - 14両
    • 日本車輌製造 3両 小野田セメント (ホキ7508 - ホキ7510)
    • 日本車輌製造 2両 富士セメント (ホキ7511 - ホキ7512)
    • 日本車輌製造 9両 小野田セメント (ホキ7513 - ホキ7521)

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 吉岡心平『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑』(ネコ・パブリッシング、1997年)ISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 140 有蓋ホッパ車のすべて(上)』(ネコ・パブリッシング、2011年)ISBN 978-4-7770-5306-3
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 141 有蓋ホッパ車のすべて(下)』(ネコ・パブリッシング、2011年)ISBN 978-4-7770-5307-0

関連項目[編集]