国鉄ホキ300形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄ホキ300形貨車
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
所有者 日本国有鉄道
種車 ホキ100形
改造年 1963年(昭和38年)*
改造数 12両
消滅 1967年(昭和42年)**
常備駅 田端駅
主要諸元
車体色
専用種別 砕石(バラスト)
軌間 1,067 mm
全長 11,200 mm
全幅 2,562 mm
全高 2,900 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 30 t
実容積 18.0 m3
自重 20.0 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.8
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 7,100 mm
最高速度 75 km/h
備考 *称号規程変更年
**新幹線937形貨車への改造年
テンプレートを表示

国鉄ホキ300形貨車(こくてつホキ300がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)に在籍した貨車(無蓋ホッパ車)である。

本形式より改造され別形式となった937形新幹線貨車についても、本項目で解説する。

ホキ300形[編集]

ホキ300形は、バラスト輸送、散布(敷設)用30t積の国鉄貨車である。営業用貨車の形式を称するが、実際は保線用途の事業用貨車である。

1953年(昭和28年)から1962年(昭和37年)にかけて三菱重工業ホキ100形として12両(ホキ100 - ホキ111)が製作された。ホキ100形は、1963年(昭和38年)7月26日の称号規程変更によりホキ300形(ホキ300 - ホキ311)に改められ、全車改番された。

本形式の大きな特徴は、積荷であるバラストの輸送のみならず、目的地で散布を行うことにある。現在も運用されているホキ800形単線用であるのに対して、本形式は複線用に特化した車両である。

その敷設方法は、ホッパ底面より自重落下したバラストの下にベルトコンベアを設け、バラストを反対側車線まで跳ね飛ばす方法であった。コンベアの速度、角度を調整することにより任意の位置への散布を行った。両車線を同時に閉塞して行うため、夜間作業にて運用されたが、作業時の騒音が大きいため、使用可能範囲が次第に狭められていった。

車体塗色はで、全長は11,200mm、全幅は2,562mm、全高は2,900mm、台車中心間距離は7,100mm、実容積は18.0m3換算両数は積車5.0、空車1.8である。台車は、ベッテンドルフ式のTR41Cであった。

1967年(昭和42年)度に全車が新幹線用の937形に改造され、形式消滅した。

新幹線937形[編集]

937形は、1967年(昭和42年)度に国鉄浜松工場においてホキ300形全車を改造した新幹線用貨車である。

ホキ300形を運用する際には、コンベアへの電源(三相交流200V)が必要なため、ヤ50形電源車として使用したが、937形へ改造の際、発電機を搭載した車を2両(937-1, 937-2)製作した。残りの10両(937-100 - 937-109)は、発電機搭載車より電源を供給され使用した。発電機の有無により番台区分されている。

台車は931形が使用していた標準軌(1,435mm)用で同じくベッテンドルフ式のTR8000に交換された。種車のTR41Cは931形を在来線に転用するのに用いられた。番号の新旧対照は次のとおりである[1]

ホキ300・ホキ301 → 937-1・937-2
ホキ302 - ホキ311 → 937-100 - 937-109

937-100 - 937-109が1984年(昭和59年)度に廃車になり、残る2両(937-1, 937-2)も1987年(昭和62年)4月の国鉄分割民営化の直前に廃車となり形式消滅した。

脚注[編集]

  1. ^ 『ドクターイエロー&East-i 新幹線事業車両徹底ガイド』ISBN 9784802202299 p.111。

参考文献[編集]

  • 鉄道公報
  • 電気車研究会 『鉄道ピクトリアル
    • 梶山 正文 「ファンの見た新幹線貨車」- 1994年4月号 No.589 p. 54 - 57
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 152 無蓋ホッパ車のすべて(下)』(ネコ・パブリッシング、2012年)ISBN 978-4-7770-5323-0
  • 『ドクターイエロー&East-i 新幹線事業車両徹底ガイド』(イカロス出版、2016年)ISBN 9784802202299

関連項目[編集]