国鉄ホキ3000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
国鉄ホキ3000形貨車
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本国有鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所有者 昭和電工
製造所 東洋工機
製造年 1969年(昭和44年)
製造数 3両
種車 ホキ4050形
改造年 1963年(昭和38年)*
改造数 5両
消滅 2000年(平成12年)
常備駅 新興駅
主要諸元
車体色
専用種別 アルミナ
軌間 1,067 mm
全長 12,100 mm
全幅 2,706 mm
全高 3,765 mm
ホッパ材質 普通鋼一般構造用圧延鋼材
荷重 35 t
実容積 50.0 m3
自重 17.7 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.8
台車 TR41C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 8,000 mm
最高速度 75 km/h
備考 *称号規程変更年
テンプレートを表示

国鉄ホキ3000形貨車(こくてつホキ3000がたかしゃ)は、かつて日本国有鉄道(国鉄)、後に日本貨物鉄道(JR貨物)に車籍編入されていた、35t積のアルミナ専用私有貨車ホッパ車)である。

概要[編集]

1958年昭和33年)10月31日から1962年(昭和37年)3月14日にかけて5両(ホキ4050 - ホキ4054)が東洋工機1社のみで製作された。この時の形式名はホキ4050形であった。

記号番号表記は特殊標記符号「オ」(全長が12 m をこえるホッパ車)を前置し「ホキ」と標記する。

1963年(昭和38年)7月26日のホッパ車改番に際してホキ3000形に改称された。 その後1969年(昭和44年)4月に3両(ホキ3005 - ホキ3007)が東洋工機にて製作された。

アルミナ専用貨車では初のホッパ車で、かつ唯一の形式でもある。本形式の他にアルミナを専用種別とする形式は、タキ2000形(44両)、タキ6400形(75両)、タキ7400形(29両)、タキ8400形(15両)、タキ8450形(7両)、タキ10500形(1両)、タキ17900形(13両)の7形式がある。

車体は台形で普通鋼一般構造用圧延鋼材)製。塗色は、寸法関係は全長は12,100mm、全幅は2,706mm、全高は3,765mm、台車中心間距離は8,000mm、実容積は50.0m3、自重は17.7t、換算両数は積車5.0、空車1.8、台車はベッテンドルフ式のTR41Cであり荷役方式はエアスライド式であった。

年度別製造数[編集]

各年度による製造会社と両数、所有者は次のとおりである。

  • 1958年(昭和33年度) - 1両
    • 東洋工機 1両 昭和電工(ホキ4050として製造後、ホキ3000へ改番)
  • 1959年(昭和34年度) - 1両
    • 東洋工機 1両 昭和電工(ホキ4051として製造後、ホキ3001へ改番)
  • 1960年(昭和35年度) - 2両
    • 東洋工機 2両 昭和電工(ホキ4052,ホキ4053として製造後、ホキ3002 - ホキ3003へ改番)
  • 1962年(昭和37年度) - 1両
    • 東洋工機 1両 昭和電工(ホキ4054として製造後、ホキ3004へ改番)
  • 1969年(昭和44年度) - 3両
    • 東洋工機 3両 昭和電工(ホキ3005 - ホキ3007)

運用の変遷[編集]

本形式は昭和電工所有し、新興駅に常備され、塩尻駅へのアルミナ輸送にタキ17900形などと共に運用されていたが、2000年(平成12年)にアルミナ輸送が廃止されると用途がなくなり、廃車とされ、形式消滅した。

参考文献[編集]

  • 吉岡心平「プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑」ネコ・パブリッシングレイルマガジン 1997年6月号増刊
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)

関連項目[編集]