JR貨物ホキ1000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
JR貨物ホキ1000形貨車
オホキ1000-33 1995年11月23日大府駅
ホキ1000-33
1995年11月23日大府駅
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本貨物鉄道
所有者 小野田セメント→秩父小野田→太平洋セメント
製造所 日本車輌製造
製造年 1990年 - 1995年
製造数 34両
常備駅 東藤原駅
主要諸元
車体色 灰色+青帯
専用種別 フライアッシュ及び炭酸カルシウム
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
全長 14,500 mm
全幅 2,948 mm
全高 4,058 mm
ホッパ材質 耐候性高張力鋼
荷重 35 t
実容積 50.0 m3
自重 18.7 t - 18.8 t
換算両数 積車 5.5
換算両数 空車 1.8
台車 TR213B、TR213C
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
台車中心間距離 10,300 mm
最高速度 75 km/h
テンプレートを表示

JR貨物ホキ1000形貨車(JRかもつホキ1000がたかしゃ)は、日本貨物鉄道(JR貨物)に在籍している貨車ホッパ車)である。

概要[編集]

本形式は、1990年から1995年にかけて日本車輌製造にて34両が製作された、フライアッシュ炭酸カルシウムを専用種別とする 35t 積の私有貨車である。

記号番号表記は特殊標記符号「オ」(全長が12 m をこえるホッパ車)を前置し「ホキ」と標記する。

落成時は、小野田セメントの所有であり東藤原駅を常備駅としたが、その後社名が、秩父小野田を経て太平洋セメントに変更された。実車もこれに合わせ車体の社名表記が、「小野田セメント」より「太平洋セメント」に変更された。

1990年5月に、試作車である1両が製作され記号番号はホキ1000-1初代とされ、各種試験の後同車は、ホキ1000-901と改番された。

同年11月より量産車31両(ホキ1000-12代, ホキ1000-2 - ホキ1000-31)が製作された。

1995年10月に、2両(ホキ1000-32 - ホキ1000-33)が増備された。この時点で社名は、秩父小野田に変更されていたが車体標記は、「小野田セメント」のままであった。

荷役方式はエアスライド式。車体塗色は灰色+青帯で、全長は14,500mm、全幅は2,948mm、全高は4,058mm、換算両数は積車5.5、空車1.8である。台車は廃車発生品のTR213B形(ホキ1000-32,ホキ1000-33は新造品であるTR213C形)で、最高速度は75km/hである。

三岐鉄道東藤原駅から衣浦臨海鉄道碧南市駅の間で運用されており、太平洋セメント藤原工場(東藤原駅隣接)から炭酸カルシウムを輸送し、碧南市駅(中部電力碧南火力発電所)からフライアッシュ(石炭灰)を輸送する。本形式で運転される列車では車体色に因んで「白ホキ貨物」の愛称がある[1]

脚注[編集]

出典

参考文献[編集]

  • 吉岡心平 『プロフェッサー吉岡の私有貨車図鑑(復刻増補)』 2008年、ネコ・パブリッシングISBN 978-4-7770-0583-3
  • 『日本の貨車-技術発達史-』(貨車技術発達史編纂委員会編著、社団法人 日本鉄道車輌工業会刊、2008年)
  • 吉岡心平『RM LIBRARY 140 有蓋ホッパ車のすべて(上)』(ネコ・パブリッシング、2011年)ISBN 978-4-7770-5306-3

関連項目[編集]