JR貨物ホキ2000形貨車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
JR貨物ホキ2000形貨車
ホキ2000-1
ホキ2000-1
基本情報
車種 ホッパ車
運用者 日本貨物鉄道
所有者 矢橋工業
製造所 日本車輌製造
製造年 2011年(平成23年) - 2015年(平成27年)
製造数 27両
常備駅 乙女坂駅
主要諸元
車体色 赤3号
専用種別 石灰石
化成品分類番号 なし
軌間 1,067 mm
荷重 35 t
自重 15.0 t
換算両数 積車 5.0
換算両数 空車 1.4
台車 TR213E
車輪径 860 mm
軸距 1,650 mm
最高速度 95 km/h
テンプレートを表示

JR貨物ホキ2000形貨車(JRかもつホキ2000がたかしゃ)は、石灰石輸送用の私有貨車として製作され、日本貨物鉄道(JR貨物)に車籍を有する 35 t 積の貨車ホッパ車)である。

概要[編集]

ホキ2000-1のTR213E台車

矢橋工業所有のホキ9500形のほとんどが製造より40年を超過し、老朽化が著しいため新形式により置き換えを図ったものである。全車両が矢橋工業所有となっている。

外観は1996年(平成8年)に製造されたホキ9500形ホキ19500 - ホキ19502とほぼ同一。焼結鉱生産時に使用する粉状石灰石を積載するため、上部にカバーを有する。台車は同様にTR213系であるが、派生型のTR213Eとなっており、製造メーカーによると、95km/h運転に対応している[1]。現状においては最高運転速度75km/hのホキ9500形と区別せず混結して使われているため、95km/hでの運用はない。

量産先行車
2011年(平成23年)9月に日本車輌製造豊川製作所を出場した量産試作車である。
各種試験に供されたのち、ホキ9500形に併結され西濃鉄道乙女坂駅より新日鐵住金名古屋製鉄所内にある矢橋工業名古屋事業部への石灰石輸送に使用されている。
量産車
ホキ2000-4
2012年(平成24年)6月に8両(ホキ2000-2 - 9)、2013年(平成25年)3月に6両(ホキ2000-10 - 15)、2014年(平成26年)3月に6両(ホキ2000-16 - 21)、2015年(平成27年)1月に6両(ホキ2000-22 - 27)がそれぞれ量産車として製造され、2015年現在までに全車両が日本車輌製造豊川製作所より出場している。量産先行車やホキ9500形と共通運用されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本車輛webサイト 事業・製品-輸送機器-貨車

関連項目[編集]