BOH (ベーシスト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BOH
出生名 棒手 大輔(ぼうて だいすけ)
別名
生誕 (1982-08-14) 1982年8月14日(35歳)
出身地 日本の旗 日本北海道旭川市
ジャンル ロック
J-POP
職業 ベーシスト
担当楽器 ベース
活動期間 2010年 - (ソロ活動)
共同作業者 彩 with SUPER VIBRATION
(2004年 - 2006年)
BINECKS
(2008年 - 2010年)
公式サイト www.bassist-boh.com
著名使用楽器
ATELIER Z Beta6 BOH-Custom03

BOH(ボー、男性、1982年昭和57年〉8月14日 - )は、日本ベーシスト。本名は 棒手 大輔(ぼうて だいすけ)。活動初期の名義は(ぼう)。北海道旭川市出身。6弦ベースの奏者で、2010年(平成22年)にソロ活動を開始した。

これまでの目立った活動としては、中島美嘉のサポート(シングル「一色」でのバックバンドメンバー)、BINECKSのベース担当、ニコニコ超会議のバックバンドメンバー、赤飯ロマン横丁のサポート、神バンドBABYMETALのバックバンド)のベース担当、MICHAELのサポート、cleaneroのサポートなどがある。2017年、ワルキューレ (マクロスΔ)の横浜アリーナ2daysライブサポートに参加。また、国内アーティストのレコーディングにも数多く参加している。

経歴[編集]

2004年10月、『彩 with SUPER VIBRATION』に加入[1](「棒」名義)。2006年3月にバンドが活動休止し、同年には中島美嘉がNANA starring MIKA NAKASHIMAとしてリリースしたシングル「一色」のバックバンドを務める。この時、バンドイメージに合わせスキンヘッド化を敢行。本件のサポートを終え、髪を再び伸ばそうとしたところ頭皮の変化を自覚。以降は一貫したスタイルである。2007年にはSIAM SHADEの元ギタリストDAITAが結成したロックバンドBINECKSへ加入、翌年にメジャーデビューするが2010年には活動休止。以降はスタジオミュージシャン業を中心に活動し、ニコニコ動画の歌い手として活動している赤飯、サンプラザ中野くんSOPHIAのヴォーカリスト松岡充が結成したロックバンドMICHAELのサポート、男性デュオcleaneroのサポートとして活動開始。2013年には、音楽ユニットangelaBABYMETAL、2014年にはゲームミュージックの作曲を手がける下村陽子の25周年ライブにサポートとして参加。2015年11月30日に参加したセッションイベントをきっかけに藤岡幹大(ギター)、前田遊野(ドラム)とセッションバンド「仮BAND」を結成。2016年2月にはジャズピアニストの桑原あいをゲストに迎え「仮BAND」としての初ライブを行った。2017年4月26日、「仮BAND」としての1stミニアルバム『仮音源-DEMO-』を発売。[2]

概要[編集]

高校時代にベースを始める。ビリー・シーンヴィクター・ウッテン等の技巧派ベーシストより影響を受け、スリーフィンガー奏法タッピング奏法スラップ奏法などのテクニックを巧みに操る。師匠は、爆風スランプX.Y.Z.→A和佐田達彦。 音楽専門学校時代に、当時の師より6弦ベースを勧められたことをきっかけに4弦から転向、日本において6弦ベースをメインで使用する数少ないアーティストの一人である。自身でピックは絶対使用しないと豪語している。ベースはデイズコーポレーションの「ATELIER Z」のカスタムを使用。

人物[編集]

  • スキンヘッドが特徴で、風貌が怖いとよく言われるが実際は温厚な性格である、と自身で語っている。陽射しに弱く、また花粉症のため、サングラスとマスクで銀行を訪れ期せずして止められる憂き目に遭った。趣味は、バイク(愛車は スズキ・GSR)、料理、散歩、筋トレ。BABYMETALのライブに参加する際は、スキンヘッドにまでメイクを施し演奏する。2016年1月、大村孝佳のライブでは両目にデッドボールと評されたメイクであった。
  • ラーメン通であり、Twitterでは度々ラーメンに関するツイートを行っているが、この事がきっかけで『ヘドバン』誌Vol.9より「BOHの神ラーメン 一期一会」というコラムが連載開始される[3]
  • bass magazine 2017年4月号に自身初の表紙掲載。フォトセッションにはヘアメイクも付いたものの、スキンヘッドのままであった。

レコーディング参加作品[編集]

アルバム

  • 彩 with SUPER VIBRATION 『ASYMMETRY』(2005年)
  • DAITA 『FANTASIA』(2008年)
  • クリス・ハートSong for you』(2014年)
    「最後のラブレター」、「たったひとつの贈り物」
  • 下村陽子 『memória!』(2014年)
    「Kiss of Jealousy」、「Pain the Universe」、「MEGALOMANIA」
    AmiinA「lilla」(2016年)

配信限定曲

脚注・出典[編集]

  1. ^ BIOGRAPHY 彩with SUPER VIBRATION 公式HPより 2015年6月17日閲覧
  2. ^ [1]JUNGLE☆LIFE 2017年4月27日閲覧
  3. ^ ヘドバン Vol.9 200~201p

外部リンク[編集]