薬物動態学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
薬物動態から転送)
移動先: 案内検索

薬物動態学(やくぶつどうたいがく、英語: pharmacokinetics)は、生体に投与した薬物の体内動態とその解析方法について研究する学問である。

薬物の生体内動態[編集]

生体に薬物を投与した後に体内でどのような動態を示すかを明らかにすることが薬物動態学の目的の一つである。薬物の体内動態は一般に以下の4つの段階から構成されると考えられている。

  • 吸収(英語:absorption)
薬物が投与部位から血中及びリンパ液中へ移行する過程を吸収と呼ぶ。経口的に投与した場合、肝臓酵素による初回通過効果が問題となる。
  • 分布(英語:distribution)
血中の薬物が組織細胞に移行する過程。
  • 代謝(英語:metabolism)
生体内の酵素により薬物が別の化学構造を持った化合物へと変換される過程。
  • 排泄(英語:excretion)
薬物あるいはその代謝物が体外へ排出される過程。

これらの英語の頭文字をとり、まとめてADMEと称されることも多い。

薬物速度論[編集]

薬物投与から一定時間後の薬物血中濃度を理論的に計算し、予測することを目的とした学問である。血中濃度の予測は臨床における薬物投与計画の作成や医薬品の研究開発などにおいて重要である。

関連項目[編集]