M細胞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

M細胞(えむさいぼう)または小襞細胞(英:microfold cell, M cell)とは、パイエル板を覆う濾胞被蓋上皮吸収上皮細胞間に散在する細胞である。膜状の微絨毛を有する。M細胞において細菌ウイルスの取り込みが観察されていることから、M細胞は消化管免疫に関与していると考えられている。なお、赤痢菌は、このM細胞に侵入することが知られている。

参考文献[編集]

  • 日本獣医解剖学会編集 『獣医組織学 改訂第二版』 学窓社 2003年 ISBN 4-87362-113-5

関連項目[編集]