抱合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

抱合(ほうごう)はおもに次の2つの意味で用いられる。

  1. 生化学生理学の抱合。生物における代謝の一型式で、薬物などの外来物質(異物)や体内由来の一部物質(ホルモン胆汁酸ビリルビンなど)に他の親水性分子(硫酸グルクロン酸グルタチオンなど)が付加される反応をいう。薬物代謝を参照。
  2. 言語学抱合(incorporation)。名詞動詞複合によって新たな動詞語幹を造る形態論的プロセス複統合語抱合語に見られる。