アトルバスタチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Atorvastatin.svg
Atorvastatin-3D-balls.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
発音 [əˌtɔːrvəˈstætən]
販売名 Lipitor, Sortis, others
Drugs.com monograph
MedlinePlus a600045
ライセンス EMA:リンクUS Daily Med:リンク
胎児危険度分類
  • Contraindicated[1]
法的規制
投与方法 By mouth
薬物動態データ
生物学的利用能12%
代謝Liver (CYP3A4)
半減期14 hours
排泄Bile
識別
CAS番号
134523-00-5 チェック
ATCコード C10AA05 (WHO) C10BX08 (WHO) C10BX03 (WHO) C10BA05 (WHO) C10BA08 (WHO) C10BX15 (WHO) C10BX12 (WHO) C10BX06 (WHO) C10BX11 (WHO)
PubChem CID: 60823
IUPHAR/BPS 2949
DrugBank APRD00055 ×
ChemSpider 54810 チェック
UNII A0JWA85V8F ×
KEGG D07474  チェック
ChEBI CHEBI:39548 チェック
ChEMBL CHEMBL1487 チェック
PDB ligand ID 117 (PDBe, RCSB PDB)
化学的データ
化学式C33H35FN2O5
分子量558.64
テンプレートを表示

アトルバスタチン(Atorvastatin)は、リピトール(Lipitor)などの商品名で販売されている高リスクの心血管疾患の予防と異常な脂質レベルの治療に用いられるスタチン薬である[2]。スタチンは、心血管疾患の予防の一次治療に用いられる医薬品である[2]。投与法は経口である[2]

一般的な副作用には、関節痛、下痢、胸やけ、吐き気、筋肉痛などがあげられる[2]。重度の副作用には、横紋筋融解症、肝臓障害、糖尿病などがあげられる[2]妊娠中の人への投与により胎児に害を及ぼす可能性がある[2]

すべてのスタチンと同様に、アトルバスタチンの作用機序は、肝臓でのコレステロールの生成するために働く酵素であるHMG-CoAレダクターゼを阻害することによって効果がある[2]

アトルバスタチンは1986年に特許認可され、1996年に米国で医薬品として承認された[2][3]後発医薬品として入手でき、比較的に低価格で購入できる[2][4]。2017年には、米国で2番目に最も処方された薬であり、その処方件数は1040万以上である[5]

出典[編集]

  1. ^ a b c Atorvastatin (Lipitor) Use During Pregnancy”. Drugs.com (2020年2月3日). 2020年2月26日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i Atorvastatin Calcium Monograph for Professionals”. Drugs.com. AHFS. 2018年12月23日閲覧。
  3. ^ Fischer, Jnos; Ganellin, C. Robin (2006). Analogue-based Drug Discovery. John Wiley & Sons. p. 473. ISBN 9783527607495. https://books.google.ca/books?id=FjKfqkaKkAAC&pg=PA473 
  4. ^ Hitchings, Andrew; Lonsdale, Dagan; Burrage, Daniel; Baker, Emma (2014) (英語). The Top 100 Drugs e-book: Clinical Pharmacology and Practical Prescribing. Elsevier Health Sciences. p. 197. ISBN 978-0-7020-5515-7. https://www.google.com/books/edition/The_Top_100_Drugs_e_book/oeYjAwAAQBAJ?hl=en&gbpv=1&dq=Atorvastatin+inexpensive&pg=PA197 
  5. ^ The Top 300 of 2020”. ClinCalc. 2020年2月26日閲覧。