紙屋町停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
紙屋町東駅から転送)
移動先: 案内検索
紙屋町停留場
(紙屋町東・紙屋町西)
紙屋町東・紙屋町西停留場付近の路線形状
紙屋町東・紙屋町西停留場付近の路線形状
かみやちょう
(かみやちょうひがし・かみやちょうにし)
- Kamiya-cho-higashi / Kamiya-cho-nishi -
所在地 広島市中区基町
所属事業者 広島電鉄
駅構造 地上駅
ホーム 東西各2面2線
開業年月日 1912年11月23日
乗入路線 2 路線
所属路線 本線
駅番号 M9
キロ程 2.1km(広島駅起点)
M8 立町 (0.3km)
(0.3km) 原爆ドーム前 M10
所属路線 宇品線
キロ程 0.0km(紙屋町起点)
(0.2km) 本通 U1
備考 紙屋町東 - 紙屋町西間の実距離は約150m
テンプレートを表示

紙屋町停留場(かみやちょうていりゅうじょう、紙屋町電停)は、広島県広島市中区基町にある広島電鉄路面電車停留場

紙屋町交差点の東西に別々の乗り場を有し、旅客案内上は東側の乗り場を「紙屋町東(停留場)」(かみやちょうひがし)、西側の乗り場を「紙屋町西(停留場)」(かみやちょうにし)としているが、平成26年度『鉄道要覧』では両方の乗り場を合わせて「紙屋町(停留場)」としている。

概要[編集]

1912年大正元年)11月23日開業。東西の相生通りと南北の鯉城通りが交差する紙屋町交差点の東西に乗り場を有する。本線宇品線の乗り換え電停であり、デルタ線を形成して本線の両方向から宇品線への乗り入れが可能となっている。

元々は旅客案内上でも「紙屋町停留場」としており、同一電停が交差点の東西に乗り場を有する形状となっていたことから、宇品線に直通しない本線の電車は「紙屋町停留場」に2度停車する形態となっていたが、紙屋町交差点の地下に作られた紙屋町シャレオ開業後の2001年(平成13年)11月1日より、東西の電停を「紙屋町東停留場」と「紙屋町西停留場」に分ける措置が執られた。ただし、東西に分けられたのは停留場の呼称のみで、営業キロ・運賃計算上は引き続き同一電停とされ、駅番号も同じ「M9」が与えられている。そのため、東西の停留場間を移動した場合でも乗り換えは有効となる(2016年1月16日から本通停留場も同一電停扱いとして紙屋町東・西と乗り換えが可能になった[1])。

この停留場のポイントはコンピューター(もしくは手動)で制御されている(一般的に、路面電車は架線にあるポイントの切替装置にパンタグラフを当ててポイントを切り替えているが、ここは行き先の異なる電車が数多く通行し、従来の方法だと運行障害が発生する可能性があるため)。

歴史[編集]

紙屋町停留場に乗り入れている本線と宇品線の2路線は1912年(大正元年)11月に同時に開通し、当停留場もこのときに開設された。本線については11月23日の開通時に当停留場から先、櫓下(現在の原爆ドーム前停留場)までの区間も路線は竣工していたものの、この区間が実際に営業を開始したのは半月後の12月8日からであった。開業当初は本線と宇品線の線路が形作るデルタ線の内側、交差点の中央に乗り場が設けられ[2]鉄道信号機ポイントを操作するための詰所も備え付けられていた[3]

1945年(昭和20年)8月6日の原爆投下は広島電鉄の市内線にも被害をもたらしたが、本線は己斐(現在の広電西広島駅)方面から順次復旧し、同年9月には紙屋町でも運行を再開した。宇品線もこれに次いで運行を再開し、翌年には紙屋町交差点のポイントが接続され両線での直通運転が再開された[3][4]

  • 1912年(大正元年)
    • 11月23日 - 本線の広島駅前 - 櫓下間と宇品線の紙屋町 - 御幸橋間が竣工。広島駅前 - 紙屋町 - 御幸橋の区間で開通したのに合わせて紙屋町停留場として開業[3]
    • 12月8日 - 路線が竣工したのみで営業を開始していなかった本線の紙屋町 - 櫓下間が営業を開始。己斐まで路線が開通[3]
  • 1945年(昭和20年)
  • 1946年(昭和21年)1月7日 - 本線と宇品線の直通運転を再開[3]
  • 時期不詳 - 交差点の中央にあった電車のりばが交差点東西に移設される。
  • 2001年(平成13年)11月1日 - 紙屋町停留場のうち東側を「紙屋町東停留場」、西側を「紙屋町西停留場」にそれぞれ改称[7]
  • 2003年(平成15年)4月20日 − 乗り換え指定電停となる[8]

構造[編集]

広島電鉄の市内線はほぼすべての区間で道路上に軌道が敷かれた併用軌道であり、当停留場も道路上にホームが設けられている。ホームは紙屋町東・紙屋町西ともに2面あり、それぞれ2本の線路を挟み込むように向かい合わせに配置されている(相対式ホーム)。いずれも低床式で[9]ほぼ全長にわたって屋根が架けられており、線路の南側が広電西広島駅方面の下りホーム、北側が広島駅方面の上りホームである。紙屋町交差点での信号待ちに対応できるように路面電車の停留場としてはホームが非常に長く、宮島線に直通する3両連接車が2編成同時に乗降客扱いを行うことが可能[10]

通常は無人駅であるが[10]、紙屋町西に関しては平日朝や休日多客時などには停留場に出札係員が待機しており、電車到着時に移動式カードリーダーを用いた運賃収受・集札業務を行う。

東西の停留場は紙屋町シャレオを介して地下で連絡していて、地下へ下りる階段はそれぞれの乗り場の交差点寄りに設けられている。かつては紙屋町交差点に設けられていた横断歩道で連絡していたが、横断歩道は紙屋町シャレオの開業に伴い廃止された[3]

運行系統[編集]

広島電鉄が運行する9つの系統のうち、当停留場には7つの系統が乗り入れる。これらの系統は当停留場を経由して本線と宇品線を結ぶものと本線のみを使用するものに大別でき、前者は紙屋町東・西のいずれか一方に、後者は両方の停留場に停車する。

紙屋町東停留場[編集]

紙屋町東停留場の宇品・宮島口方面乗り場
下りホーム 1号線 広島港ゆき
2号線 広電宮島口 / 広電西広島ゆき
6号線9号線 江波ゆき
0号線 日赤前 / 広電前ゆき 一部時間帯のみ
上りホーム 1号線2号線6号線 広島駅ゆき
9号線 白島ゆき 1日7往復(休日6往復)のみ

紙屋町西停留場[編集]

紙屋町西停留場ホームとLED式発車標
下りホーム 2号線 広電宮島口ゆき
2号線3号線 広電西広島ゆき
6号線9号線 江波ゆき
7号線 横川駅ゆき
上りホーム 2号線6号線 広島駅ゆき
3号線 宇品二丁目 / 広島港ゆき 広島港行きは朝時間帯のみ
7号線0号線 広電前ゆき
9号線 白島ゆき
0号線 日赤病院前ゆき

利用状況[編集]

  • 紙屋町東停留場:9,369人(1日平均の乗降人数、1999年度)
  • 紙屋町西停留場:19,352人(1日平均の乗降人数、1999年度)

周辺[編集]

そごう広島店・広島バスセンター
メルパルク広島・広島中郵便局
基町クレド・パセーラ・リーガロイヤルホテル広島

当停留場の位置する紙屋町交差点相生通り鯉城通りという大路同士の交差点だが、当停留場開業以前、相生通りは広島城の外堀、また鯉城通りは外堀から広島湾に通じる西堂川(運河)であり、それぞれ路面電車の建設に伴い埋め立てられた[3]

紙屋町停留場が設けられたことで、紙屋町交差点周辺は市内交通の重要拠点となった。またこれ以降、交差点の近辺には多くの金融施設が集まりビジネス街が形成され、従来の金融の中心であった大手町通りに取って代わることとなった。しかし、この時点で紙屋町交差点の北側一帯は陸軍用地(西練兵場など)により占められていたため、完全な交差点ではなく三叉路となっていた。東西南北に通じる完全な交差点となったのは、第二次世界大戦後の民間への軍用地開放により、1949年昭和24年)、交差点から広島城内堀へと向かう北方面への道路(「マッカーサー道路」と呼ばれた)が開通してのちのことである[3]

国道の重要結節点としての機能もあり、南北の鯉城通りは国道54号国道191号重複)の一部を形成し、東西の相生通りは西方向が国道183号国道261号重複)で、東方向は広島県道164号広島海田線(旧国道2号)となっている。国道54号は本交差点で新道・祇園新道(国道54号・191号)方面と旧道・可部街道(国道183号・261号)方面に分岐しており、西方向0.2km先の広島市民球場南交差点までが国道54号別線との重複区間となっている。

国土交通省により交差点地下に地下街・駐車場の紙屋町シャレオが整備され、紙屋町停留場と直結している。

北側[編集]

南側[編集]

隣の停留場[編集]

広島電鉄
本線
立町停留場 (M8) - 紙屋町東停留場 (M9) - 紙屋町西停留場 (M9) - 原爆ドーム前停留場 (M10)
宇品線
紙屋町東 / 紙屋町西停留場 (M9) - 本通停留場 (U1)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “電車乗換制度の変更について” (プレスリリース), 広島電鉄, (2015年12月21日), オリジナル2016年2月4日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20160204140750/http://www.hiroden.co.jp/topics/2015/151221_transfer.html 2016年7月24日閲覧。 
  2. ^ 被爆前の広島よみがえる 松本さん撮影の2000枚発見 - 中國新聞 ヒロシマ平和メディアセンター
  3. ^ a b c d e f g h i 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、39-45・150-157頁。ISBN 4-533-05986-4
  4. ^ 『広島のチンチン電車 市内線と宮島線波乱に富んだ86年のドラマ』 郷土出版社1998年、227-236頁。ISBN 4-87670-110-5
  5. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』 広島電鉄、2012年、431頁。
  6. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』 広島電鉄、2012年、124頁。
  7. ^ 河野俊輔「広島電鉄の西広島駅改装とダイヤ改正」、『RAIL FAN』第49巻第2号、鉄道友の会、2002年2月1日、 10-13頁。
  8. ^ “【電車】乗換制度が変わります!” (プレスリリース), 広島電鉄, (2003年4月15日), オリジナル2015年7月11日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150711151512/http://www.hiroden.co.jp/what/new/topic0304-06.htm 2016年7月24日閲覧。 
  9. ^ 川島令三 『全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、103頁。ISBN 978-4-7942-1711-0
  10. ^ a b 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、8・76頁。ISBN 978-4-06-295157-9

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

外部リンク[編集]