リーガロイヤルホテル広島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リーガロイヤルホテル広島
Motomachi CRED 20111116-3.JPG
ホテル概要
運営 株式会社リーガロイヤルホテル広島
前身 新広島ホテル / 広島グランドホテル
階数 地下2 - 地上35階
レストラン数 8軒
部屋数 486室
スイート数 8室
最頂部 150m
開業 1994年4月25日
最寄駅 アストラムライン県庁前駅
広島電鉄紙屋町西停留場
所在地 〒730-0011
広島市中区基町6-78
位置 北緯34度23分50.5秒
東経132度27分27.2秒
座標: 北緯34度23分50.5秒 東経132度27分27.2秒
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

リーガロイヤルホテル広島(リーガロイヤルホテルひろしま)は、広島県広島市中区基町にあるリーガロイヤルホテルグループのホテルである。

概要[編集]

1994年平成6年)4月25日開業した高級タワーホテルである。 商業ビルである基町クレドの主要テナントとして入居しており、構造は地上35階・地下2階建て、高さは150m[1]ある。

客室は486室あり、スイートルームが用意されている。当ホテルは広島における迎賓館として利用されており、来広する貴賓がここに泊まる事が多い。

また、1994年アジア競技大会(広島アジア大会)ではここに大会本部が置かれたことでも知られている。

経営主体[編集]

株式会社リーガロイヤルホテル広島

大阪に本社のある『株式会社ロイヤルホテル』の子会社である。1996年(平成8年)に、同じ系列でかつて新広島ホテルの経営主体であった『株式会社広島グランドホテル』を吸収合併している。現在の法人は2017年(平成29年)9月1日に設立された2代目で、初代法人は株式会社RRHHへ商号変更され、2017年(平成29年)12月5日に広島地方裁判所から特別清算開始決定を受けた。

テナント[編集]

  • オールデイダイニング ルオーレ 1階
  • バー コルンバ 2階
  • 日本料理 なにわ 6階
  • 鉄板焼 なにわ 6階
  • 居酒屋 酒仙 6階
  • 中国料理 龍鳳 6階
  • スカイラウンジ リーガトップ 33階
  • レストラン シャンボール 33階

沿革[編集]

  • 1955年3月4日 - 株式会社新大阪ホテル(現・株式会社リーガロイヤルホテル)の系列会社である、株式会社新広島ホテル の運営のもと、新広島ホテル が開業する。
  • 1962年5月25日 - 株式会社新広島ホテル系列の 広島グランドホテル が開業する。
  • 1973年5月31日 - 新広島ホテル が18年の歴史に幕を下ろし閉館する。
  • 1992年9月26日 - 株式会社リーガロイヤルホテル広島(初代)が設立される。
  • 1994年4月25日 - 商業ビル『基町クレド』の主要テナントとして、同ビル内に『リーガロイヤルホテル広島』 が開業する。
  • 1994年10月 - 『広島グランドホテル』が32年の歴史に幕を下ろし閉館する。これに伴い多数の従業員が、リーガロイヤルホテル系列の『リーガロイヤルホテル広島』で再雇用(継続雇用)される。
  • 1996年 - 1994年に閉館した広島グランドホテル の経営主体であった 株式会社広島グランドホテルを、株式会社リーガロイヤルホテル が吸収合併する。
  • 2017年
    • 9月1日 - 株式会社リーガロイヤルホテル広島(初代)の会社分割を実施。運営を新設された株式会社リーガロイヤルホテル広島(2代)へ譲渡。株式会社リーガロイヤルホテル広島(初代)は株式会社RRHHへ商号変更[2]
    • 12月5日 - 株式会社RRHHが広島地方裁判所から特別清算開始決定を受ける[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

公式サイト