中電前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中電前停留場
Hiroden Chuden Mae.JPG
ちゅうでんまえ - Chuden-mae
U2 袋町 (0.3km)
(0.3km) 市役所前 U4
所在地 広島市中区小町
駅番号 U3
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宇品線
キロ程 0.8km(紙屋町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1912年(大正元年)11月23日
テンプレートを表示
中国電力本社

中電前停留場(ちゅうでんまえていりゅうじょう、中電前電停)は、広島市中区小町にある広島電鉄宇品線路面電車停留場。停留場名は中国電力本社の最寄りであることに由来する[1]

広島港方面発の電車では、この停留場が「平和記念公園入口」とアナウンスされている。

歴史[編集]

当停留場は宇品線が1912年(大正元年)に開通したのに合わせて開設された[2]。開設当時の停留場名は西塔橋停留場(せいとうばしていりゅうじょう)であり[3]、これはかつて当地を流れていた西塔川(西堂川)に架かっていた西塔橋(西堂橋)の名に由来する[4]。また開設当時の停留場は白神社の南、現在の平和大通りとの交差点付近に置かれていたが、これもかつて西塔橋が架かっていた場所とおおむね対応する[5]。停留場名はその後1919年(大正8年)ごろに白神前停留場(しらかみまえていりゅうじょう)へと改められた[2]

1945年(昭和20年)8月6日には原爆投下により広島電鉄の市内線ともども休止されるが、当停留場を含む宇品線の紙屋町 - 電鉄前(現在の広電本社前停留場)間は同年9月に復旧を果たした[2]。またこの年以降には白神社前停留場(しらかみしゃまえていりゅうじょう)に改称している[3]。戦後、停留場の位置は次第に南へ遷移し、まず平和大通りが開通すると大通りの南へ、次いで1971年(昭和46年)にはそこからさらに60メートル南へ移され、現在の位置となった[4]。このとき、合わせて停留場名が中電前停留場に改称されている[4]

西塔橋から白神前への改称時期を1917年(大正6年)ごろとする資料もあるが[3]、『広島電鉄開業100年・創業70年史』では1918年(大正7年)時点での停留場名を「西塔橋」とする[6]

構造[編集]

宇品線はほぼ全区間で道路上に軌道が敷かれた併用軌道であり、当停留場も道路上にホームが設置されている。ホームは低床式で上下2面あり、2本の線路を挟み込むように向かい合って配置された相対式ホームである[1][7]。線路の東側に広島港方面へ向かう下りホーム、西側に紙屋町・本線方面へ向かう上りホームがある[1][7]

ホームには屋根が全長にわたって取り付けられている。

運行系統[編集]

当停留場には、広島電鉄で運行されている系統のうち1号線、3号線、7号線、それに0号線が乗り入れる。

下りホーム 1号線3号線 広島港ゆき
3号線 宇品二丁目ゆき
0号線7号線 広電前ゆき
0号線 日赤病院前ゆき
上りホーム 1号線 広島駅ゆき
3号線 広電西広島ゆき
7号線 横川駅ゆき

周辺[編集]

隣の停留場[編集]

広島電鉄
宇品線
袋町停留場 (U2) - 中電前停留場 (U3) - 市役所前停留場 (U4)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、10・79頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  2. ^ a b c d e f g h i 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、150-157頁。ISBN 4-533-05986-4
  3. ^ a b c d 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、37頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  4. ^ a b c d 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、71-72頁。ISBN 4-533-05986-4
  5. ^ 『広電が走る街 今昔』71頁では、開業時の西塔橋停留場の位置を「現在の平和大通りの中心ほどの位置」、西塔橋が架かっていた場所を「現在の平和大通りの中心辺りに近い位置と考えられる」とする。
  6. ^ 『広島電鉄開業100年・創立70年史』 広島電鉄、2012年、49頁。
  7. ^ a b 川島令三全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、103-109頁。ISBN 978-4-7942-1711-0

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]