広島市中央公園

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中央公園
Hiroshima Central Park Area.jpg
1988年。黄色で囲まれた部分が中央公園の目安。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成
広島市中央公園の位置(広島市旧市内内)
広島市中央公園
分類 都市公園(総合公園)
所在地
運営者 広島市(指定管理者:公益財団法人広島市みどり生きもの協会)
基町地区再開発事業完成記念碑

広島市中央公園(ひろしましちゅうおうこうえん)は、広島県広島市中区基町にある都市公園(総合公園)である[1]。地元では、中央公園とも呼ばれる。

公園全体は公益財団法人広島市みどり生きもの協会が管理する。なお、広島城址公園(広島城)は中央公園の一施設である。敷地内の博物館広島城(天守)や中国放送広島護国神社や城の掘、はそれぞれ別団体が管理している。

中央公園が出来るまで[編集]

江戸時代には、武家屋敷が広がり、明治以降は陸軍第5師団が置かれたが、1945年原爆投下により爆心地近く(軍用地のほぼ全域が爆心地より1.5km以内)に位置していたため壊滅、軍用地の撤去された。

1946年(昭和21年)11月1日、戦告237号により70.48haが『中央公園』として、都市計画公園として指定[2]。当時の計画では、原爆ドームのある近辺や基町のアパート群周辺も中央公園用地とされていた。また、丹下健三が設計した広島平和記念公園の1951年(昭和26年)当時の計画では、当公園のほか、基町中層アパート群や市営基町高層アパートのあたりも、平和公園として整備する構想があった[3]1951年(昭和26年)8月6日に発表された「広島平和記念都市建設計画についての意見書」で、中央公園用地については正式に、平和祈念施設建設用地から外された[4]。その後の計画で、中央公園は58.76haに変更された[5]

しかし実際は、戦後の住宅不足を解消するために、公営の住宅が1949年(昭和24年)までに市・県・住宅営団などが1815戸建築[6]。さらに原爆で住む家を失った被災者たちが本川東岸を中心とする地区に流入して次々にバラック住宅を建築、いわゆる原爆スラム(通称「相生通り」)が形成された[7]1955年(昭和30年)5月の広島市長選で、中央公園を縮小して住宅建設をする公約を出した渡辺忠雄が当選[8]1956年(昭和31年)11月には、基町にアパートを1,894戸建築することを決定[9]。公園用地は、さらに16ha減らされた[10]。当初は中層アパートを整備する計画だったが[9]1968年の基町地区再開発計画(基町再開発事業)より、高層アパート計画に変更。1978年に再開発が完了した。詳細は原爆スラム市営基町高層アパートを確認のこと。

日本の歴史公園100選および都市景観100選に選定されている。

地理[編集]

公園の北側は、東は広島市立白島小学校広島市立基町高等学校に、北は市営基町高層アパート・県営住宅に隣接し、南側は、南は広島平和記念公園紙屋町に、東は広島県庁舎に隣接している。

構造[編集]

北側[編集]

広場が広がり、毎年出初め式や防災訓練などが行われている。広場内には噴水もあり、また海と島の博覧会で展示されたモニュメント(こん)が移設されている。加藤友三郎の銅像もある。


広場に隣接して、友好都市の重慶市との関係を記念して造られた庭園、渝華園(ゆかえん)が広がっている。


公園内にはほりかわが流れている。広島城の堀の水の富栄養化対策として1990年代に、旧太田川で取水した水を、市営基町高層アパート沿いを流れて、広島城の堀を一周後、広島市道中広宇品線(城南通り)沿いを流れて、再び旧太田川に戻る様になった。基町アパート沿いは親水公園として機能している。また公園内には基準点大手がある。

南側[編集]

文化・芸術施設に関しては、ひろしま美術館広島市立中央図書館(1974年-)、広島市映像文化ライブラリー(1974年-)、広島市青少年センターが建てられている。


児童施設に関しては、広島市こども文化科学館(1980年-)、広島市こども図書館(1980年-)、中央公園ファミリープールが建てられている。広島市こども文化科学館及び広島市こども図書館のあった所には1954年から1978年まで広島市児童図書館があった。


運動施設に関しては、広島県立総合体育館旧広島市民球場(2009年3月31日まで「広島市民球場」)がある。以前は競技用プールの広島県立屋内プールもあったが、広島アジア競技大会開催による広島県立体育館の建替の時に、敷地確保のために、広島市総合屋内プールに機能を移している。現在、広島県立総合体育館には25mのプールがある。


また、友好都市のハノーバー市(ハノーファー市)との関係を記念して造られたハノーバー庭園がある。岡本太郎明日の神話の展示に名乗りを上げたときに、この場所に展示される事になっていたが選考から外れている。横には、1949年の平和記念式典で鳴らされた平和の鐘がある


また、敷地内には広島商工会議所もある。

交通[編集]

最寄り電停・駅は、広島電鉄路面電車原爆ドーム前電停アストラムライン県庁前駅。また、広島バスセンターにも隣接している。

脚注[編集]

  1. ^ ひろしま地図ナビ
  2. ^ 『広島新史 都市文化編』46ページ
  3. ^ ヒロシマの記録-平和都市法50年 未完の「平和記念公園」 復興の夢と希望託す - 中国新聞 1999年6月22日
  4. ^ 『広島新史 都市文化編』59ページ
  5. ^ 『広島新史 都市文化編』62ページ
  6. ^ 平和文化 No.181_13 広島平和記念資料館平成24年度第1回企画展 基町 姿を変える広島開基の地 - 公益財団法人 広島平和文化センター
  7. ^ 平和文化 No.181_13 広島平和記念資料館平成24年度第1回企画展 基町 姿を変える広島開基の地 - 公益財団法人 広島平和文化センター
  8. ^ 『20人の広島市長 市制施行から90年 -19- 渡辺忠雄(22代)』 - 中国新聞 1979年3月30日 夕刊 1面
  9. ^ a b 『基町地区再開発事業事業記念誌』 10ページ
  10. ^ 『広島新史 都市計画編』 78ページ
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 『広島新史 都市文化編』(広島市)

外部リンク[編集]

座標: 北緯34度24分5秒 東経132度27分16.8秒 / 北緯34.40139度 東経132.454667度 / 34.40139; 132.454667