紙屋町シャレオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紙屋町シャレオ
Shareo
紙屋町シャレオ 東通り
紙屋町シャレオ 東通り
店舗概要
所在地 730-0011
広島県広島市中区基町
開業日 2001年(平成13年)4月
施設管理者 広島地下街開発株式会社[1]
商業施設面積 7,120m2
延床面積 24,930m2
店舗数 75店
駐車台数 206台
最寄駅 広島電鉄
*紙屋町東電停
*紙屋町西電停
*本通駅
アストラムライン
*県庁前駅
*本通駅
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示
広島地下街開発株式会社
Hiroshima Chikagaikaihatsu CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 730-0011
広島県広島市中区基町地下街100号
設立 1990年(平成2年)12月17日
業種 不動産業
代表者 代表取締役社長 中岡隆志
資本金 127億円
主要株主 広島市 43.3%
広島県 11.8%
外部リンク 公式ウェブサイト
テンプレートを表示
地上連絡口の一つ

紙屋町シャレオ(かみやちょうシャレオ)は、広島市中区にある広島初の地下街[1]

概要[編集]

2001年(平成13年)4月に、県・市・民間企業の出資による第三セクター「広島地下街開発株式会社」により開業した。店舗面積は7120m²。名称は「おしゃれ」の逆さ読みが由来。全国から公募して選ばれた。付近にそごう広島店福屋八丁堀本店などの百貨店があり、既存店舗との競合を懸念して着工・開業が遅れた経緯もあるが、「この規模では通常のデパートのような店舗では中途半端になる」という認識から、若い女性をターゲットにしたアパレル店や雑貨屋、スイーツ店等も多く入居している[1]。シャレオができた事により紙屋町交差点は地下の歩行者用通路が確保できたため横断歩道は廃止された。アストラムライン本通駅県庁前駅広島電鉄本通電停紙屋町西電停紙屋町東電停などと接続している。国土交通省の事業のため、シャレオ内の通路は「道路(広島市道)」扱いである[1]。シャレオ内の通路に正式な道路名称があるのはそのためである。紙屋町交差点直下のシャレオ中央広場はイベント会場としても使用されている。シャレオが完成する前には全国高等学校クイズ選手権中国地方大会決勝戦(2000年)がこの場所で行われたことがあり(工事現場を使ったクイズ)、決勝進出チームの名前が刻まれている。

道路名称[編集]

  • 広島市道紙屋町地下歩道1号線(シャレオ南通り - シャレオ中央広場 - シャレオ北通り)
  • 広島市道紙屋町地下歩道2号線(シャレオ東通り - シャレオ中央広場 - シャレオ西通り)

住居表示[編集]

  • 広島県広島市中区基町地下街101号 - 、紙屋町二丁目地下街201号~および501号 - 、大手町一丁目地下街301号 - および401号 - 、紙屋町一丁目地下街601号 - 。

隣接している施設[編集]

連絡通路が接続している施設は『(*)』をつけている

交通機関[編集]

連絡通路が接続している施設は『(*)』をつけている

路線バスについては広島バスセンターの他に、広電バス広島バスほかの紙屋町、本通り、県庁前、市民病院前、原爆ドーム前などのバス停が地下街出入り口付近にある。

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 屋内測位普及発展に関する調査研究報告書 (Report). 財団法人ニューメディア開発協会. (2009-3). 

関連項目[編集]