広島市立広島市民病院

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 広島市立広島市民病院
広島市立広島市民病院
情報
英語名称 Hiroshima City Hospital
前身 社会保険広島市民病院
標榜診療科 内科、精神科、神経内科、呼吸器内科、循環器内科、リウマチ科、小児科、循環器小児科、外科、乳腺外科、整形外科、形成外科、脳神経外科、呼吸器外科、心臓血管外科、小児外科、皮膚科、泌尿器科、産科、婦人科、眼科、耳鼻いんこう科、頭頸部外科、リハビリテーション科、放射線科、歯科、歯科口腔外科、麻酔科
許可病床数

743床
一般病床:715床


精神病床:28床
機能評価 一般500床以上:Ver6.0
開設者 地方独立行政法人広島市立病院機構
管理者 荒木康之(病院長)
開設年月日 1952年8月11日
所在地
730-8518
位置 北緯34度23分52秒
東経132度27分36秒
二次医療圏 広島
PJ 医療機関
テンプレートを表示

広島市立広島市民病院(ひろしましりつひろしましみんびょういん)は、広島県広島市中区にある医療機関地方独立行政法人広島市立病院機構が運営する市立病院である。広島県災害拠点病院地域がん診療連携拠点病院エイズ治療拠点病院(中国四国ブロック拠点病院)、総合周産期母子医療センターなどに指定されている。

沿革[編集]

当初は厚生省(現厚生労働省)により開所。広島市が運営受託していた。よって名称も社会保険広島市民病院だった。2003年に受託を解除して、現在の広島市立広島市民病院になった。2003年から2008年にかけて、建物の増改築及び耐震補強などを行った。現在の病床数は743床(2007年2月1日より)。診療科の数は26。

年表[編集]

診療科[編集]

標榜科は以下の通りである。

主な指定[編集]

交通アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]