広島電鉄皆実線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
皆実線
比治山下付近に走行する700形
比治山下付近に走行する700形
基本情報
日本の旗 日本
所在地 広島市
起点 的場町電停
終点 皆実町六丁目電停
停留所数 7
開業 1944年12月27日
運営者 広島電鉄
路線諸元
路線距離 2.5 km
軌間 1,435 mm (標準軌)
線路数 複線
電化方式 直流600V 架空電車線方式
最高速度 40 km/h
テンプレートを表示
電停・施設・接続路線
uSTRq
M3 的場町 /←本線
H3 的場町
uBHF
H4 段原一丁目
uBHF
H5 比治山下
uBHF
H6 比治山橋
uBHF
H7 南区役所前
uBHF
H8 皆実町二丁目
H9 皆実町六丁目
U9 皆実町六丁目
uSTR
宇品線

皆実線(みなみせん)は、広島電鉄が保有する軌道路線である。

第二次世界大戦中に広島駅と軍港であった宇品港との間の輸送力強化を目指して建設された路線で、建設のための線路は宮島線を単線化して捻出した。紙屋町・八丁堀地区を経由せず比治山通り・宇品通りを経由して京橋川沿いにショートカットする路線となっている。全線が広島県広島市南区内を走行する。

現在は届出上の正式名称である「皆実線」として案内されるが、かつて比治山線(ひじやません)という路線名を用いていた時期があり[1]、電車の行き先表示は現在も「比治山下経由」と案内されている。電停[2]番号の頭文字がHとなっているのもこれらの理由によるものである。

運行形態[編集]

5号線(広島駅 - 的場町 - 比治山下 - 皆実町六丁目 - 広島港(宇品))の系統のみが運行される。すべての電車が本線に直通し、大半の電車が宇品線に直通する(早朝・深夜のみ皆実町六丁目を始発・終着とする電車があり、宇品二丁目での折り返し運行も存在する)。

広島駅・広島港の両電停では、他の系統と異なり紙屋町を経由しないルートで運行されることから、5号線とそれ以外の系統の乗車ホームが分けられている。また、乗り換え電停である的場町・皆実町六丁目の両電停も方向別ホームとなっている。広島駅から宇品線方面へ直行するには紙屋町経由の1号線よりも所要時間は短いため、単独路線ながら重要な役割を果たしている路線である。

運行車両は基本的に単行車両(日中帯については700形800形による運行がほとんどである)であるが、平日の朝・夕ラッシュ時には連接車両も多く運行される。また、超低床車両1000形も2014年2月より2編成がこの路線へ配置され、一日およそ10往復運行されている。それまで皆実線内の超低床車両は平日の朝ラッシュ時に5100形が運用に就くのみであり、これにより日中帯でも全線において、超低床車両が運行されることとなった(車両検査などによる離脱時は運行休止となる場合がある)。

当路線への連接車両については1998年より本格的に投入されたが、それ以前には元ドルトムント市電の70形が運用に就いた時期もあった。本格投入時には3950形導入に伴い、宮島線から余剰となった3000形が5編成転入した。

歴史[編集]

  • 1944年昭和19年)12月27日 的場町 - 皆実町三丁目(現在の皆実町六丁目)間が開業。
  • 1945年(昭和20年)8月6日 広島市への原子爆弾投下により被災。
  • 1948年(昭和23年)7月1日 運行を再開。
  • 1971年(昭和46年)12月20日 5号線が朝ラッシュ時をのぞいてワンマン運転開始。
  • 1975年(昭和50年)4月30日 5号線が終日ワンマン運転開始。
  • 1982年(昭和57年)1月30日 的場町 - 段原一丁目間に渡り線を設置。
  • 1994年(平成6年) ラッシュ時の輸送力増強として連接車両1編成投入。宮島線より元ドルトムント市電70形を転入。
  • 1998年(平成10年) 平日朝ラッシュ時に連接車両を本格的に投入。宮島線より3000形5編成転入。
  • 2011年(平成23年)
    • 4月11日 ダイヤ改正実施により、日中帯の半数が宇品二丁目折り返し便となる(広島駅 - 広島港間、広島駅 - 宇品二丁目間の交互運行)。
    • 7月11日 再びダイヤ改正を実施し、日中帯は原則として広島駅-広島港間の運行に再編。
  • 2014年(平成26年)2月1日 超低床車両1000形を2編成導入し運用開始(「GREEN MOVER LEX」の1003号・1004号)。

電停一覧[編集]

全電停とも広島県広島市南区所在。

番号 電停名 駅間
キロ
営業
キロ
系統 接続路線
H3 的場町 - 0.0 HirodenLine1.png Hiroden Line 2.png HirodenLine5.png HirodenLine6.png 広島電鉄:本線
H4 段原一丁目 0.5 0.5 HirodenLine5.png  
H5 比治山下 0.4 0.9 HirodenLine5.png  
H6 比治山橋 0.5 1.4 HirodenLine5.png  
H7 南区役所前 0.3 1.7 HirodenLine5.png  
H8 皆実町二丁目 0.4 2.1 HirodenLine5.png  
H9 皆実町六丁目 0.4 2.5 HirodenLine1.png HirodenLine3.png HirodenLine5.png 広島電鉄:宇品線

今後の予定[編集]

2014年平成26年)9月2日 、広島市が「広島駅南口広場の再整備等に係る基本方針」を策定し公表した。この中で、本線が駅前大橋経由になり、皆実線についても稲荷町 - 比治山町交差点間で軌道を新設してのルート変更ならびに松川町電停の新設の計画が示されている[3]。この場合、的場町から比治山町交差点間については紙屋町・皆実町方面とを結ぶ環状運転が示されており、特に運転系統の再編について、広島市と広島電鉄との間で細かな協議を詰めていく。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広電/バス&電車ガイド 市内線電車の乗継制度について (Internet Archive) - 広島電鉄、2003年4月6日のアーカイブ。
  2. ^ 広島電鉄では路面電車は「電停」と呼称し、鉄道線である宮島線は「駅」と呼称。
  3. ^ “広島駅南口広場の再整備等に係る基本方針の決定について” (プレスリリース), 広島市, (2014年9月2日), http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1285563671308/index.html 

参考文献[編集]

  • 『広島電鉄開業80創業50年史』広島電鉄株式会社社史編纂委員会編、1992年11月

関連項目[編集]

外部リンク[編集]