宇品三丁目停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇品三丁目停留場
広島港方面の下りホーム
広島港方面の下りホーム
うじなさんちょうめ - Ujina 3-chome
U12 宇品二丁目 (0.2km)
(0.4km) 宇品四丁目 U14
所在地 広島市南区宇品神田二丁目・三丁目
駅番号 U13
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宇品線
キロ程 4.0km(紙屋町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1935年12月27日
テンプレートを表示
広島駅方面ホーム
上屋と駅名標(2007年)

宇品三丁目停留場(うじなさんちょうめていりゅうじょう、宇品三丁目電停)は、広島市南区宇品神田二丁目および三丁目にある広島電鉄宇品線路面電車停留場

歴史[編集]

当停留場は1935年(昭和10年)、宇品線の御幸橋東詰から宇品[1]までの区間が新線に移設された際に開設された。当時の停留場名は十丁目停留場(じっちょうめていりゅうじょう)であった[2]。1945年(昭和20年)8月6日の原爆投下により宇品線をはじめ市内電車は全線不通となるが、当停留場を含む宇品線の電鉄前(現在の広電本社前停留場)から向宇品(現在の元宇品口停留場)までの区間は同月18日に運行を再開している[3]

戦後、1960年(昭和35年)には宇品十丁目停留場(うじなじっちょうめていりゅうじょう)と改称されたが[2]、1968年(昭和43年)8月には宇品町で町名変更が実施される[4]。この直後、同年9月には宇品三丁目停留場へと停留場名が改められている[2]

  • 1935年(昭和10年)12月27日 - 御幸橋東詰 - 宇品間で新線が開業、同時に十丁目停留場として開業[3]
  • 1960年(昭和35年)3月30日 - 宇品十丁目停留場に改称[3]
  • 1968年(昭和43年)9月1日 - 宇品三丁目停留場に改称[3]

構造[編集]

宇品線はほぼすべての区間で軌道が道路上に敷かれた併用軌道であり、当停留場も道路上にホームを有する。ホームは低床式で2面あり、南北方向に伸びる2本の線路を挟み込むように配置された相対式ホームという形態をとる[5][6]。互いのホームは斜交いに位置しており、北側に広島港方面へ向かう下りホーム、南側に広島駅紙屋町方面へ向かう上りホームがある[5][6]。上りホームは乗り場の長さが短いため、連接車では客扱いの際に後方のドアで締切が発生する[6]

軌道が敷かれている宇品通りは幅員が狭小であることから、かつての停留場には島状の安全地帯がなく、乗り場が道路と同一平面にある平面停留場であった[4][7]。しかし1988年(昭和63年)10月に当停留場で下車した乗客が乗用車にひき逃げされるという死亡事故が発生、これを契機に安全地帯の整備が進められ、1990年(平成2年)4月に設置が完了している[4][7]

運行系統[編集]

当停留場には広島電鉄で運行されている系統のうち、1号線、3号線、5号線、それに0号線が乗り入れる。

下りホーム 1号線3号線5号線 広島港ゆき 3号線は午前ラッシュ時のみの運行
上りホーム 0号線 広電前ゆき
1号線 紙屋町経由広島駅ゆき
3号線 広電西広島ゆき 午前ラッシュ時のみの運行
5号線 比治山下経由広島駅ゆき

周辺[編集]

古くからの住宅街や商店が立ち並んでいる地区である。ところどころでは大きな商業施設やマンションの建設も進む。

停留場名は「宇品三丁目」であるが、所在地は「宇品神田三丁目」であり[8]、停留場名と地名が食い違っている。

隣の停留場[編集]

広島電鉄
宇品線
宇品二丁目停留場 (U12) - 宇品三丁目停留場 (U13) - 宇品四丁目停留場 (U14)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当時の終点であった宇品(終点)停留場は現在の広島港(宇品)停留場の位置とは異なり、広島市営桟橋付近に存在した。海岸通停留場も参照。
  2. ^ a b c 今尾恵介(監修) 『日本鉄道旅行地図帳』11 中国四国、新潮社2009年、38頁。ISBN 978-4-10-790029-6
  3. ^ a b c d 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、150-157頁。ISBN 4-533-05986-4
  4. ^ a b c 長船友則 『広電が走る街 今昔』 JTBパブリッシング〈JTBキャンブックス〉、2005年、91-92頁。ISBN 4-533-05986-4
  5. ^ a b 川島令三 『山陽・山陰ライン 全線・全駅・全配線』第7巻 広島エリア、講談社〈【図説】 日本の鉄道〉、2012年、15・81頁。ISBN 978-4-06-295157-9
  6. ^ a b c 川島令三 『全国鉄道事情大研究』中国篇 2、草思社2009年、103-109頁。ISBN 978-4-7942-1711-0
  7. ^ a b 『広島電鉄開業100年・創立70年史』 広島電鉄、2012年、233頁。
  8. ^ 宇品三丁目 電停”. ひろしまナビゲーター. 広島観光コンベンションビューロー. 2016年9月19日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]