第302飛行隊 (航空自衛隊)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第302飛行隊
McDonnell Douglas (Mitsubishi) F-4EJ Kai Phantom II, Japan - Air Force AN2289664.jpg
第302飛行隊のF-4EJ改
創設 1974年10月1日
所属政体 日本の旗 日本
所属組織 Flag of the Japan Air Self-Defense Force.svg 航空自衛隊
所在地 茨城県百里基地
編成地 北海道千歳基地
通称号/略称 302SQ
標語 風林火山
上級単位 第7航空団
最終上級単位 中部航空方面隊
担当地域 首都圏の防空
テンプレートを表示

第302飛行隊(だい302ひこうたい、JASDF 302nd Tactical Fighter Squadron)は、航空自衛隊中部航空方面隊第7航空団隷下の戦闘機部隊である。百里基地に所属し、航空自衛隊では数少ないF-4EJ改戦闘機を運用する。連絡機T-4を運用している。

首都圏防空の中核を担う戦闘飛行隊である。

概要[編集]

第302飛行隊部隊マークの尾白鷲

1974年(昭和49年)7月19日に千歳基地で臨時F-4EJ飛行隊が編成され、同年10月1日に「第302飛行隊」へと改編し航空自衛隊2番目のF-4EJ飛行隊として第2航空団隷下に配属された[1]

千歳基地における第201飛行隊(F-15)の新編と、那覇基地の第207飛行隊(F-104)の解隊に伴い、1985年(昭和60年)11月26日沖縄県那覇基地へ移駐し、第2航空団から第83航空隊隷下へ編入。1992年(平成04年)には能力向上改修機(F-4EJ改)の受領が開始され、1995年(平成07年)には機種更新を完了した。

日本の最北・最南端で長らく防空任務に就いた第302飛行隊は、2009年(平成21年)にF-15を運用する第204飛行隊と入れ換わる形で茨城県百里基地へ移駐し、首都圏の防空任務に従事している。

防衛省は2017年(平成29年)8月31日に公表した「平成30年度概算要求の概要」の中で、第302飛行隊のF-35Aへの機種改編と三沢基地への移駐計画を明らかにした[2]。同年12月1日には三沢基地において臨時F-35A飛行隊が編成されてF-35Aの受け入れ態勢が整えられ[3]2018年(平成30年)1月26日に1機目のF-35A(89-8706号機)が臨時F-35A飛行隊に配備された[4]。臨時F-35A飛行隊へのF-35A配備は2018年度に9機を予定しており、10機体制をもって第302飛行隊へ改編する予定となっている[4]

部隊マークは尾白鷲をモデルにしており、同隊が北海道で発足したことを意味している。羽・尾・脚で「三〇二」を表すようデザインされている。 このマークは航空自衛隊戦闘機部隊の中で一番サイズが大きいことでも有名で、これは「部隊マークは国籍標識(日の丸)より小さいサイズにしなければならない」という現行規定が、制作当時は存在しなかったためといわれている。部隊章はスズランの花をかたどったものに日の丸と運用機種であるF-4のシルエット、「ファントムII」の文字を重ねたデザインである。

臨時F-35A飛行隊では、風神雷神図屏風雷神をモチーフとしたものになっており、新生第302飛行隊へ引き継がれるものとみられている[5]

沿革[編集]

10月1日 - 臨時F-4EJ飛行隊から第302飛行隊に改編し、第2航空団隷下で編成完結式[1]
11月1日 - F-4EJでの対領空侵犯措置任務付与[1]
11月26日 - 千歳基地から那覇基地へ移駐。南西航空混成団第83航空隊隷下に編入[1]
5月29日 - 航空総隊戦技競技会F-4部門優勝[9]
9月2日 - ホットスクランブル1,500回達成[10]
11月 - F-15の飛行停止措置を受け、那覇基地から8機が百里基地に展開して対領空侵犯措置任務を実施。
3月26日 - 中部航空方面隊第7航空団隷下へ編入。
6月24日 - 百里基地でのアラート待機任務開始[11]
  • 2010年(平成22年)9月10日 - 航空総隊戦技競技会F-4部門優勝[9]
  • 2013年(平成25年)9月25日 - 航空総隊戦技競技会F-4部門優勝[12]
  • 2015年(平成27年)3月7日 - 部隊創隊40周年記念式典を実施[13]
  • 2017年(平成29年)8月31日 - 防衛省が平成30年度概算要求の概要の中で、2018年度に三沢基地への移動とF-35Aへの機種更新を予定していることを発表した[2]
12月18日 - 三沢基地において臨時F-35A飛行隊編成[14]

歴代運用機[編集]

第7航空団40周年記念塗装を施した第302飛行隊のF-4EJ改

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g イカロス出版 Jwing No.214 2016年6月号 41頁 「日本の戦闘機部隊2016 保存版!空自の全15個戦闘機部隊ヒストリー」松崎豊一
  2. ^ a b 三沢基地F-35A飛行隊は「第302飛行隊」に 百里F-4EJ改を整理FlyTeamニュース 2017年8月31日
  3. ^ 航空自衛隊航空総隊平成29年12月 臨時F-35A飛行隊編成完結式 2018年2月23日閲覧
  4. ^ a b イカロス出版 Jwing No.236 2018年4月号 4頁-7頁 「航空自衛隊F-35A 日本初配備!」
  5. ^ イカロス出版 Jwing No.235 2018年3月号 4頁-7頁 「始動!臨時F-35A飛行隊」
  6. ^ 文林堂 航空ファン イラストレイテッド 94-10 No.78 76頁-81頁 「戦競 航空自衛隊戦技競技会の迷彩機(F-104,F-1,F-4EJ,F-15) '85戦競」
  7. ^ 文林堂 航空ファン イラストレイテッド 94-10 No.78 92頁-99頁 「戦競 航空自衛隊戦技競技会の迷彩機(F-104,F-1,F-4EJ,F-15) '88戦競」
  8. ^ 文林堂 航空ファン イラストレイテッド 94-10 No.78 2頁-25頁 「戦競 航空自衛隊戦技競技会の迷彩機(F-104,F-1,F-4EJ,F-15) '94戦競」
  9. ^ a b c d e f g h イカロス出版 JWing No.184 2013年12月号 21頁 「戦競2013 戦競、偉大なるその軌跡」松崎豊一
  10. ^ イカロス出版 JWing No.5 1999年1月号 120頁 「行くぞ!NEWSマン 自衛隊NEWS」
  11. ^ イカロス出版 Jwing No.133 2009年9月号 131頁 「行くぞ!NEWSマン 自衛隊NEWS」
  12. ^ イカロス出版 JWing No.184 2013年12月号 16頁-17頁 「戦競2013 F-4部門」
  13. ^ イカロス出版 Jwing No.201 2015年5月号 10頁-13頁 「第302飛行隊創隊40周年記念行事」鈴木利治
  14. ^ イカロス出版 Jwing No.235 2018年3月号 4頁-7頁 「始動! 臨時F-35A飛行隊」
  15. ^ 航空自衛隊ニュースリリース 2018.1.26 F-35A三沢基地配備について 2018年1月31日閲覧

外部リンク[編集]