新栄電機産業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社新栄電機産業
種類 株式会社
略称 新栄電機
本社所在地 日本の旗 日本
125-0061
東京都葛飾区亀有三丁目18番1号
登記上 東京都葛飾区亀有一丁目12番11号
設立 1965年8月(創業:1959年
業種 小売業
事業内容 家庭電器販売
代表者 新井栄一
資本金 1,000万円
売上高 26億円(2002年2月期)
従業員数 60名
決算期 2月
関係する人物 海野かつを
特記事項:2003年2月13日自己破産申請
テンプレートを表示

株式会社新栄電機産業(しんえいでんきさんぎょう)は、1959年 - 2003年に存在した日本家電量販チェーン。テレビCMでは海野かつをを起用。2003年2月13日に約16億円の負債を抱え東京地方裁判所自己破産を申請し、営業を停止した。

概略[編集]

新栄電機産業は、1959年に創業、1965年8月に法人化した家電量販店である。東京都葛飾区亀有の本店を始め、東京の城東地区を中心に、千葉県埼玉県にチェーン展開を行っていた。コーポレートカラーは黄色地に赤で、本店ビルは外壁が黄色くペイントされ、入口には『新栄電機産業』と赤文字で大書されていた。社名は、創業社長の一に由来している。

後述するテレビCMで関東地方にて高い知名度を誇り、1989年2月期で55億円を売り上げるまでに成長したが、1990年代に入ると個人消費の不振に加え、他社との競合の激化などから売上が低迷。店舗の閉鎖や人員削減などのリストラを進めるも、バブル期の拡大策による借入金の負担が重かったうえ、2002年2月期の売上が26億円と全盛期からほぼ半減するなど事業の好転が望めず、2003年2月13日に約16億円の負債を抱え東京地方裁判所に自己破産を申請し、営業を停止した。

テレビCM[編集]

1970年代半ばより、主に日本テレビの昼のワイドショー枠や平日16時の再放送枠『青春アワー』または『青春アクションシリーズ[補足 1]海野かつをを起用したCMを放映。再放送枠では番組スポンサーにもなっていた[1][補足 2]。海野バージョンのCMはインパクトの強い物であった[2]

CMは3パターンあり、

  • 初期バージョン
海野が、折込チラシを読んで安さに驚き、「チラシだ。電話しなくちゃ」と急いで電話注文する客(アライ)と、柏店のオーディオフロアを走り回りダイハツ・ハイゼットで配達に赴く店員の、1人2役で出演
  • 中期バージョン(1979年? - 1990年頃)
海野に加えて、黄色地に赤文字『S』の帽子と、同じく黄色地に『新栄電機』と朱記されたTシャツ、白のホットパンツハイソックススニーカーで統一した14名の若手女性軍団が登場。軽快なジャズピアノに乗せて、「ファイト、ファイト、新栄」の掛け声で円陣を組んだり、「安いわよ~ん」と秋波を送ったりした後、カセットテープレコーダーから流れる「キミキミ、アライだよ[補足 3]の声に海野が脱帽し、ひたすら恐縮するオチ。竹の塚店で撮影された[補足 4]
  • 後期バージョン (1990年代初頭)
バブル景気後期に制作されたVTR収録によるCM。海野は出演しなかった。

海野は初期バージョンのCM出演当時、病気療養から再起を目指していたが、新井社長の説得を受け入れ、結局芸能界を引退して同社に就職。竹の塚店の店長として接客に励む傍ら、中期バージョンのCMにも出演し、堀切レコードショップで歌手のキャンペーンが行われる際には司会も務めていた。

このほか、TBSラジオでも「おはようからおやすみまで、今がホットな新栄電機」というフレーズのラジオCMが放送されていた。

最盛期の店舗網[編集]

東京都[編集]

千葉県[編集]

埼玉県[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

補足[編集]

  1. ^ 現在、「news every.」1部枠に当たる。
  2. ^ 『泉麻人の僕のTV日記』執筆時点では海野バージョンは放送を継続していた[1]
  3. ^ 新井社長本人の声。
  4. ^ 中期バージョンの放映開始から十余年を経た1990年代初頭では、当時の水準に比してチープな作り、女性のファッションの古くささ、フィルムの退色が見られる映像がかえって強い印象を与え、カルト的な人気を博していた。

出典[編集]

  1. ^ a b 『泉麻人の僕のTV日記』 - 188ページ
  2. ^ 『何様のつもり』126から127ページ

参考文献[編集]

外部リンク[編集]