慶應義塾大学附属研究所斯道文庫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
斯道文庫から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

慶應義塾大学附属研究所斯道文庫(けいおうぎじゅくだいがくふぞくけんきゅうしょしどうぶんこ、英称:Keio Institute of Oriental Classics)は、日本ならびに東洋の精神文化を研究する慶應義塾大学研究所である。「斯道」の語は教育勅語にも用いられた、『孟子』に由来する仁義の道を意味する[1]。約17万5千冊(寄託書51,700冊を含む)の蔵書を管理している[2]

概要[編集]

前身は、1938年(昭和13年)に麻生太賀吉が日本精神文化振興のために福岡市に財団法人斯道文庫を設立し、文庫・研究所を置いた。だが、大東亜戦争の戦災の影響により施設の維持が困難になったため、蔵は一時期九州大学に一括寄託して閉鎖を余儀なくされた。その後、再度典籍の蒐集を始めた麻生は1958年(昭和33年)に創立100周年を迎えた慶應義塾に蔵書を改めて寄贈する。慶應義塾大学側は麻生氏の意向を汲んで、大学附属の研究機関として斯道文庫を再興し、三田校舎内に施設を設置した。2010年に開設50年を迎えた。

蔵書は約十六万冊を超え、財団法人センチュリー文化財団との提携により、蔵書が年々増えている。内、約600点が古今集注釈書、漢籍古鈔本、版等の貴重書で、椎本文庫、安井文庫、亀井家文庫といった江戸時代以来の国学者および儒学者の旧蔵書、自筆本がある。他にも旧熊本藩細川家所蔵の永青文庫などから寄託された3万5千冊を所蔵している。

麻生が寄贈した和書・漢籍の蒐集事業を続けるとともに、日本全国の貴重な典籍のマイクロフィルム化などを通じた副本作成を行い、さらにそれを元にした比較・校勘作業を行っている。近年は内外の研究者と共同研究プロジェクトを行い、書誌学講座の開講などを行っている。研究成果は毎年刊行の紀要『斯道文庫論集』を中心に示され、『江戸時代書林出版書籍目録集成』(1962年-1964年)、『古今集注釈書伝本目録』(2007年)を編纂した。

主な蔵書[編集]

椎本文庫
国学者・橘守部の旧蔵和書。
安井文庫
儒学者・安井息軒朴堂二代の蒐書。
浜野文庫
漢学者・浜野知三郎旧蔵の和漢書。
亀井家学文庫
儒学者・亀井南冥亀井昭陽父子を中心とする、亀井一族の自筆稿本や旧蔵書。
平岡文庫
東京佃島の住吉神社社家平岡家の旧蔵書。
坦堂文庫
漢学者・古城貞吉旧蔵の清版を中心とする漢籍類。(永青文庫より寄託)
コルディエ文庫
東洋学者・アンリ・コルディエ旧蔵の東洋学研究書。
明治仏教史編纂書蔵書
仏教学者・友松円諦が主宰した明治仏教史編纂所が蒐集した仏教関係資料。

紀要[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]