松本隆信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 隆信(まつもと りゅうしん、1926年3月11日 - 1993年2月16日)は、国文学者、書誌学者、慶應義塾大学名誉教授。

人物・来歴[編集]

東京市麻布区(現・東京都港区元麻布)生まれ。1943年慶應義塾普通部(旧制)修了、1948年慶應義塾大学文学部文学科(国文学専攻)卒業、1959年同専任講師、1961年同附属研究所斯道文庫専任講師、1965年助教授、1974年教授、1975年「中世における本地物の研究」で慶大文学博士。1982-1987年斯道文庫長、1988年定年退任、名誉教授。1989年『室町時代物語大成』の編纂で角川源義賞受賞。1993年、肺炎のため66歳で死去。[1]

著書[編集]

  • 『室町時代物語類現存本簡明目録』井上書房(慶応義塾大学斯道文庫書誌叢刊)1962
  • 『中世庶民文学 物語草子のゆくへ』汲古書院 1989.5
  • 『中世における本地物の研究』汲古書院 1996.1

編纂[編集]

  • 『室町時代物語 第5』横山重共編 古典文庫 1961
  • 『室町時代物語大成』全13巻 横山重共編 角川書店 1973-1985
  • 『御伽草子集』(新潮日本古典集成) 1980.1
  • 『室町時代物語大成 補遺』1―2 角川書店 1987-1988

年譜[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 略歴”. 2022年1月27日閲覧。