キッズプラザ大阪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
扇町キッズパークから転送)
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg キッズプラザ大阪
Kids plaza Osaka.JPG
施設情報
正式名称 一般財団法人大阪市教育振興公社 キッズプラザ大阪
専門分野 児童のための科学館
事業主体 一般財団法人大阪市教育振興公社
管理運営 同上
開館 1997年7月10日
所在地 530-0025
大阪府大阪市北区扇町二丁目1番7号
位置 北緯34度42分16.91秒 東経135度30分36.96秒 / 北緯34.7046972度 東経135.5102667度 / 34.7046972; 135.5102667
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
カンテレ扇町スクエア
情報
旧名称 扇町キッズパーク
用途 こども博物館放送局オフィス商業施設
旧用途 同上
設計者 安井建築設計事務所
施工 竹中工務店大林組住友建設鴻池組
建築主 住友信託銀行大和銀行
事業主体 大阪市
(委託者)
住友信託銀行株式会社
株式会社大和銀行
(受託者)
管理運営 関西テレビ放送株式会社
敷地面積 7,400 m²
建築面積 5,569 m²
延床面積 51,751 m²
階数 地上13階、地下2階、塔屋1階
着工 1994年12月
竣工 1997年6月
所在地 530-0025
大阪府大阪市北区扇町二丁目1番7号
座標 北緯34度42分16.91秒
東経135度30分36.96秒
テンプレートを表示

キッズプラザ大阪(キッズプラザおおさか)は、大阪府大阪市北区扇町二丁目にある児童館科学館

概要[編集]

カンテレ扇町スクエア[編集]

1994年10月、大阪市立工業研究所跡地[1]大阪市北区扇町開発土地信託事業として着工。1997年6月に竣工、10月1日、関西テレビの本社機能を北区西天満6丁目のデジタルエイトビルから移転した。
開業当初は「扇町キッズパーク」という名称だったが、キッズパークの中核テナントである関西テレビが、2008年8月5日に土地・建物を土地信託事業の共同受託者である、住友信託銀行(当時、現:三井住友信託銀行)、りそな銀行(旧:大和銀行)から購入した[2][3][4]。2013年11月1日、秋季社長記者会見にて開局55周年を迎えることを機に建物名を「関テレ扇町スクエア」と改称[5]、1Fアトリウムのインタラクティブエリアの改築を実施した。2015年3月30日、CI導入により表記を「カンテレ扇町スクエア」に変更した。

キッズプラザ大阪[編集]

1997年7月10日開館。子どもたちが大好きな遊び体験を通して身近なことに新鮮な発見や驚きを感じる、子どものための博物館である。カンテレ扇町スクエアの建物内、1・3・4・5階に入居している。4階・5階の「こどもの街」エリアはオーストリアの芸術家フリーデンスライヒ・フンダートヴァッサーがデザインした。
扇町公園に隣接し、ミラーガラス張りの遊びのあるユニークなデザインは、扇町の一つの顔となっている。屋外にはクライミング用の遊具などが設置されていたが、クライミング用の遊具は後に立ち入り禁止となり、その後2011年3月までに撤去された。

  • 1階:「どんなもん階」 
  • 3階:「つくろう階」、ミュージアムショップ「ネバーランド」
  • 4階:「あそぼう階」
  • 5階:「やってみる階」

[6]

交通アクセス[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

周辺情報[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]