府中市郷土の森博物館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 府中市郷土の森博物館
FuchuTokyoJapan003.jpg
府中市郷土の森博物館の位置(多摩地域内)
府中市郷土の森博物館
多摩地域内の位置
施設情報
愛称 郷土の森(野外博物館
前身 府中市立郷土館
専門分野 歴史、民俗、自然科学、レクリエーション
事業主体 府中市
管理運営 公益財団法人府中文化振興財団
開館 1987年4月4日
所在地 183-0026
東京都府中市南町6-32
位置 北緯35度39分24秒 東経139度28分23秒 / 北緯35.65667度 東経139.47306度 / 35.65667; 139.47306
公式サイト

http://www.fuchu-cpf.or.jp/museum/

Avenue in Kyodo no Mori Museum.JPG
プロジェクト:GLAM

府中市郷土の森博物館(ふちゅうしきょうどのもりはくぶつかん)は、東京都府中市にある、多くの建築物を含む森全体が一体となった野外博物館である。多摩川の是政緑地府中市郷土の森公園)に隣接した自然の多い場所にあり、敷地面積は約14haである[1]

郷土資料の展示などをしている二階建ての本館を中核としてプラネタリウムを併設し[2]、府中市域の江戸中期から昭和初期の建築物を移築復元して保存している。府中市は武蔵国国府という中心地であったため遺跡が多く、それら市内遺跡からの出土品を展示している。昔の生活道具や農耕道具の展示と体験イベントを通じて当時の民俗を伝えている。

多摩川の砂利採掘跡を利用しており、はけ、小川、浅間山、梅園など、地形を再現し、それを生かした建物や田畑などと歴史と自然を楽しめるようになっている。

天文に関する知識を得られるようにイベントが行われており、平床式日本最大級のプラネタリウム(非常に近い位置にある五藤光学研究所製)でも知られる。常設展展示解説・復元建築物解説をはじめ、各種イベント等が行われる。梅園ではが収穫され、梅干・梅ジャム・梅羊羹・梅が製造販売されている。

施設[編集]

  • 博物館本館 - をデザインとした。
    • 常設展示室
      • くらやみ祭
      • ムラのはじまり
      • 古代国府の誕生
      • 国府から府中へ
      • 宿場のにぎわい
      • 変わりゆく府中
      • 都市と緑と
    • 歳時記展
    • 天文展示コーナー
      • 二十三夜塔(三球儀、太陽系運行儀、四季の星座)
      • 星座模型を
    • 企画展示室
    • プラネタリウム
  • ふるさと体験館
  • 村野四郎記念館 (旧校舎内に併設) - 府中ゆかりの詩人
  • 雑木林
  • 梅園 - 約60種、約1100本。(梅の花は市の花となっている。)
  • 水田
  • 小川
  • 水車
  • 芝生広場
  • 野外ステージ
  • 水遊びの池
  • 長屋門
  • 縄文住居跡
  • 売店・飲食店
    • 本館ミュージアムショップ
    • 博物館喫茶コーナー
    • 園内ハケ上売店
    • 旧田中家「そば処八轟」
    • やすらぎ亭内ラーメンコーナー「天下一」
    • 水遊びの池前「虹の店」
    • 府中市郷土の森物産館(府中市観光物産館)

主な復元建築物[編集]

旧府中町立府中尋常高等小学校校舎[編集]

府中尋常小学校として建設された校舎で、その後府中市立府中第一小学校の校舎として1979年(昭和54年)まで使用された2階建ての木造葺き校舎中央部分である玄関前後を移築復元している。この学校は北多摩郡最大級の規模であった。

  • 建築年代 - 1935年(昭和10年)
  • 旧所在地 - 東京都府中市寿町

旧府中町役場庁舎[編集]

大正時代の洋風建築が表された役場。玄関側はドーマーウィンドウをもつ洋風下見板張りの2階建て。裏手に和風平屋が接続されている。

旧田中家住宅[編集]

幕末から明治期の呉服店で、府中宿の代表的な大店。明治天皇の「御座所」としても使われた奥座敷を移築し、当時の資料を基に屋敷全体を復元されたものである。

  • 建築年代 - 明治初期
  • 旧所在地 - 東京都府中市宮町

旧島田家住宅[編集]

江戸時代から続いた商家。移築に際しては建築当時の伝統的な工法を再現し、3年をかけて復元されたものである。

  • 建築年代 - 1888年(明治21年)
  • 旧所在地 - 東京都府中市宮町

旧府中郵便取扱所(旧矢島家住宅)[編集]

1872年(明治5年)に府中宿で最初に設置された郵便取扱所を復元。郵便制度が開始した翌年から、府中番場宿の名主兼問屋である矢島家が郵便を取り扱っていた。

  • 建築年代 - 江戸後期
  • 旧所在地 - 東京都府中市宮西町

旧河内家住宅[編集]

ハケ(武蔵野台地の立川崖線をいう)上の養蚕農家。養蚕が盛んだった明治後期の姿を復元したものである。

  • 建築年代 - 江戸中期
  • 旧所在地 - 東京都府中市若松町
  • 府中市指定有形文化財

旧越智家住宅[編集]

典型的なハケ下の稲作農家。

  • 建築年代 - 江戸後期
  • 旧所在地 - 東京都府中市南町

旧三岡家長屋門[編集]

是政村名主三岡家分家の建築物であり、総塗り込め蔵造りの置屋根形式という珍しい形式の長屋門

まいまいず井戸[編集]

水汲み場までカタツムリのようにを巻く左回りに降りていく巨大な井戸で、平安時代のまいまいず井戸の遺構を復元したもの。武蔵野台地で複数発見されており、これは市内の寿町で発掘されたもの。水位の低い土地における井戸の工夫を見ることができる。

  • 建築年代 - 平安時代
  • 旧所在地 - 東京都府中市寿町1-6

ギャラリー[編集]

イベント[編集]

梅園
  • まつり(概ね2月中。1年で最も賑わう時期である)
  • あじさいまつり[3]
  • 府中市農業まつり - 野菜の宝船
  • 自然観察会・星空観望会・太陽観望会
  • 天文講座

基本情報[編集]

交通[編集]

中央自動車道国立府中インターチェンジ府中スマートインターチェンジから自動車で約10分。

分倍河原駅から博物館正門前までちゅうバス

徒歩の場合最寄りは分倍河原駅府中本町駅是政駅各駅から徒歩約15分。

参考文献[編集]

近隣の施設[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 府中市
  2. ^ 東京都三多摩公立博物館協議会 「本館が中核」
  3. ^ 武居智子 (2018年6月23日). “歴史と自然 体感できる博物館”. 東京新聞 東京どんぶらこ 府中のアジサイ 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]